基礎知識

カードローンと学生の関係は就職時にも影響が出ないことを前提にしたい

裕福な家庭に生まれ育った一部の人を除いて、学生は常時金欠に悩んでいても不思議ではありません。

ある程度バイトを行なうことで、一定額を稼ぐことは可能ですが、理系の学生ほど授業時間が多く大学生や大学院生にとってカードローンを利用する機会が増える可能性があります。

 

しかし、カードローンの利用方法は、選択次第で就職時に影響が出ることも知っておく必要があります。

多くのカードローンは満20歳以上が前提です

カードローンを利用したくても、多くの銀行や消費者金融では、借入可能年齢を満20歳以上に制限しています。

なぜなら、未成年者が親権者の同意無しに行なった契約は、後から取り消すことが出来る民法の規定を警戒して、多くの貸金業者は学生に対して未成年の間は融資を行わない傾向にあります。

例外的に中小消費者金融の中には、学戦向けカードローンを専用に設けており、特定の条件を満たすことで融資を行っていますが、全体のカードローン商品から見ると僅かな例しか無い現状です。

 

カードローンを利用する学生は、満20歳以上の大学生または大学院生が中心となります。

就職後には安定した収入が得られると想定され、将来に渡って優良顧客となる可能性が高いので、貸金業者にとっては初めてのカードローン契約は、自社でしてもらいたいと考えているでしょう。

 

学生向けに金利を一定期間引き下げた契約プランを提案するなど、積極的な広告展開を行っている貸金業者が多いことも事実です。

学生が利用するカードローンは総量規制の影響を受けやすい

学生が利用可能なカードローンには、銀行と消費者金融の2種類が多いです。

常勤アルバイトを行なっていて安定した収入源があることが前提となりますが、直近3ヶ月分の給与明細があれば審査に応じてもらえる貸金業者は多いです。

 

学生でも利用しやすいカードローンは、柔軟な審査を行なう消費者金融が多いので、貸金業者に基いた貸付を行なう限り、借入総額が年収の1/3以内迄と決められている総量規制の影響は免れません。

学生が行なうアルバイトでは、月収が10万円を超える人は真面目に通学している大学生では少ないはずです。

 

借入総額を30万円以内に抑えれば、消費者金融でも借りられるケースが増えるでしょう。

アルバイトだけでなく、学生でも申し込み可能と謳っている消費者金融のカードローンを選ぶと良いです。

 

一方、銀行カードローンの中にもアルバイトでも申し込み可能とするケースがあります。

銀行カードローンは、消費者金融よりも審査基準が厳しい傾向にあるので、両親への電話確認を必須とするなどの条件を付けて審査基準を緩和している銀行もあります。

銀行カードローンならば、総量規制対象外ですから、多額の融資を受けられる可能性があるものの、学生のアルバイト収入には限界があるので、借りすぎに注意が必要です。

 

借りやすく、借入総額が多くなりすぎない消費者金融のカードローンを選ぶ傾向にあるのは、学生にとって銀行カードローンのハードルが高いからでしょう。

銀行カードローンを積極的に利用する理由は就職時にある

学生が利用するカードローンの中でも、消費者金融のカードローンを積極的に利用する際には、就職前迄に完済しておくことが望ましいでしょう。

なぜなら、就職時にクレジットカード一体型の銀行キャッシュカードを作成する必要がある会社が少なくないからです。

 

商社や海外勤務が想定される会社への就職時には、高確率でクレジットカード作成が求められます。

消費者金融のカードローンを学生時代に利用していて、リボ払い残高が多く残っていると、クレジットカードを発行する信販会社も貸金業法に基づく貸付を行なっているので、クレジットカード審査に影響を及ぼすことになりかねません。

長期延滞をしていなくても、リボ払いや分割払い設定が含まれるクレジットカード作成を就職先で求められた時に対応が出来なくなり、辛い思いをする可能性があるからです。

 

銀行カードローンならば、総量規制対象外となるので、長期延滞を起こしていなければクレジットカード審査に影響を与えることは無いでしょう。

携帯電話の割賦払いに注意が必要です

学生にとってスマートフォンの利用は必須となっている現状があります。

スマートフォン本体は人気の機種ほど10万円近くする製品が多く登場しており、携帯電話会社が行なう通信料金からの割引プランと共に実質的に安く販売されている状況です。

 

しかし、割賦払いを行っていると毎月の返済が発生しているので、携帯電話料金に分割払い金が含まれている場合には、3ヶ月の延滞を行なうと個人信用情報機関へ異動情報として延滞した事実が記録されます。

クレジットカード作成に影響を及ぼすだけでなく、学生の間に利用したいと考えているカードローン審査にも影響が出てしまいます。

個人信用情報機関へ登録されさた延滞情報は、登録から最大5年間掲載されるので、要注意です

 

学生であっても、カードローンや分割払いを利用する機会は増えているので、心配ならば一度個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なってから、利用するカードローンへの申し込みを行なうと良いでしょう。


関連記事

  1. 初めての利用

    無利息キャッシングサービスを提供している業者と利用する時の注意点

    銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りると、金利…

  2. 基礎知識

    カードローン審査を徹底解説!これを読めば審査の悩みは吹き飛ぶ!

    これからカードローンでお金を借りようという人が最も気になっているのは審…

  3. 基礎知識

    闇金と消費者金融の見分け方-人生を破たんさせないための基礎知識

    金貸しを表現する、さまざまな言葉お金を貸すことを生業としているいる…

  4. 基礎知識

    カードローンには仮審査と本審査を設けている金融業者が多いが、その違いとは?

    カードローンの申込み先を比較検討していると、簡易審査または仮審査と呼ば…

  5. 基礎知識

    カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前に知っておきたいこと

    約定返済額(毎月返済額)とは毎月返済額とは、多くの場合手数…

  6. 基礎知識

    複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…

    カードローンを短期間に続けて申込みしてしまうと、本人の属性情報が良くて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 返済

    無理のない返済計画
  2. 初めての利用

    カードローン審査で収入証明書が求められる基準・生活費目的で借りたい人のテクニック…
  3. その他

    アベノミクスが消費者金融に及ぼす影響
  4. 初めての利用

    即日振込融資をしてくれるキャッシングサービス
  5. 返済

    「約定返済額」に惑わされない!利息を意識して返済しよう
PAGE TOP