今すぐ借り入れ!お金が必要なんです!というあなたはココ!

今すぐ借り入れ

今すぐ借り入れできる3つのポイント

「急に引っ越しをすることになったけど…」「給料日前なのにデートが…」「あ、家賃払うの忘れてたけど、金ないわ…」
などなど、お金は急に必要になるもの。
親も兄弟も恋人にも頼れなくても、借金の目的がどんなに些細なことであっても、あなたが20歳以上で、安定した収入があれば大丈夫。
今すぐ借り入れできる3つのポイントをご紹介します。

今すぐ借り入れする方法

①即日融資OKのキャッシング会社を探す

今すぐ貸してくれるかどうかは、どのキャッシング会社から借り入れするかが重要なポイントです。

お金の借入ができるところは、大きく分けえて、銀行消費者金融信販の3つがあげられます。
多くのキャッシング会社が「スピード対応」をうたっていますが、すべてが即日融資をしてくれるわけではありません。
3つのうちで一番スピード対応なのは、消費者金融です。
大手の消費者金融であれば、ほとんどが即日融資に対応しています。

そんな即日融資に対応するキャッシング会社の中でも、特におすすめしたいのが下の会社です。

キャッシング業界の中で唯一、最短1時間融資を公表している会社ですので、出来るだけ早く借りたい!という方は最初に確認してみると良いでしょう。

来店不要で即日回答!3項目の入力で3秒診断!

いずれにしても、まずは広告やホームページに何と書いてあるか確認しましょう。その際に、紛らわしい言葉にまどわされないように気を付けてみてください。

「スピード融資」
具体的に、いつ審査でいつ融資なのか確かめる必要があります。
もしすぐに借り入れができる場合は、「即日融資」や「即日対応」などとはっきりと打ち出すことが通常なので、具体的な記載がなくただ「スピード融資」としか書いてない場合は、ちょっと疑り深く調べた方がいいですね。

「即日対応」
これもあいまいな表現です。
なにを即日対応してくれるのか、審査なのか契約なのか融資なのか…どうとでも取れますので、確認する必要があります。

「審査時間最短○○分」「即日審査OK」
これだけでは、すぐに借り入れできるとは限りません。
審査は今日中に終わるけれど、あくまで当日は審査だけ。融資は翌営業日以降ということもよくあります。融資がいつになるかきちんと確認しましょう。

「即日融資OK」「当日のお借入れ可」
このように、融資や借り入れができることがはっきりと書いてあれば、今すぐ借り入れができる可能性があります。
ただし、申込時間のリミットもありますし、何らかの条件があることもありますので、いつでも誰でも今すぐ借り入れができるわけではありません。当日融資してもらうためには、何を何時までに行えばよいのか、必要なものや条件などを確認しましょう。

②申込時間を確認する

当日の融資をしてくれることがわかったら、次に時間を確認します。

14時までに申込できる場合

銀行の振り込みは、15時までです。その日のうちに借入をしたいのであれば、14時までに動けるかどうかがポイントとなります。
即日融資をしている消費者金融は、審査時間を最短30分~60分としているところが多ので、14時までに申込をしてすぐに審査、なんの問題もなければ15時までに口座に振り込みが完了します。

申込み

審査

契約 (メールやFAXなどで行う)

15時までに振込

カード後送

14時以降になってしまったら…

「いや、今16時半だし…」「仕事あるから、日中は無理なんです…」
そんな場合は、直接店舗もしくは無人契約機に行って、契約をすれば大丈夫です。
店舗や無人契約機は、場所によって違うものの20時~22時ごろまでやってところが多いので、夜仕事が終わってから出向いても間に合います。
契約完了後、カードが発行されるので、ATMですぐにお金をおろすことができますよ。
その際に、先にPCやスマホから申し込みを済ませておくのがポイントです。
必要事項を先に記載するだけなら、会社にお勤めの人でも休憩時間に出来そうですよね。職場で申込をするならば、スマホがおすすめです。スマホなら、誰にも見られずに短時間で行うことができますよ。

店舗や自動契約機に行く時間ですが、混雑している場合もありますし、不備があって時間を要することもありますので、営業時間ぎりぎりではなく余裕を持っていくようにしてください。
営業時間内だからまだ間に合うと思っていても、「明日の融資とさせていただく」と言われてしまうケースもあります。
確実に当日融資を希望するのであれば、申込時に「本日の借入れが希望」であることを伝え、リミット時間や必要事項についても確認しておきましょう。

ネットで申込

店舗もしくは自動契約機(~21時ごろまでに)

審査

契約

その場でカード発行

ATMでお金を引き出す

④必要書類の準備

スームズに手続きができるように、事前に必要書類を準備しておきましょう。

本人確認証

本人確認証は、どこで申込をするにしても必ず提出しなければいけません。免許証健康保険証パスポート住基カードなどいつも本人確認証として使っているものでOKです。

収入証明証

もし、50万円以上の借入れを希望している場合は、収入証明証を提出する必要があります。
収入証明証として使えるものは、源泉徴収票や過去数月分の給料明細などです。

⑤気を付ける項目

在籍確認

審査時には、在籍確認が行われます。
在籍確認とは、勤務している会社に電話をかけて、会社に在籍をしているかどうかを確認することです。個人事業の方やアルバイト、パートの方も在籍確認は行われます。本人がいなかったとしても「ただいま席を外しております。折り返しお電話いたしますか?」「本日お休みをいただいております。」というように、会社に勤務していることがわかれば完了です。

一方、電話口で応対したものが「先月退職しております。」や「●●というものは、在籍しておりません。」というように、在籍が確認できない場合は、確認できるまで審査が保留となってしまいます。
ちゃんと在籍しているのであれば、問題はありませんが注意をしておいた方がよい点がいくつかあります。

1つ目は、土日など会社が休みの日で誰も電話に出る人がいない場合です。
当然在籍確認ができません。
その場合は、あらかじめ「土日は会社に誰もいない」ということと「それでも、今すぐに借り入れをしたい。」という点を伝えて相談してみてください。たいていの消費者金融では、代替案を提案してくれます。例えば、直近数か月分の給料明細を出すことで在籍確認としてくれるなどです。
会社が休みの日に申し込みをする場合は、気を付けましょう。

2つ目は、在籍確認をする電話番号です。
一般的には代表の電話番号を記載します。しかし、会社が大きく各営業所のことまで本社が把握していない場合、またパートやアルバイトの場合は、自分が所属している営業所や支店、店舗の電話番号を書いておきましょう。
可能であれば、代表の電話番号も書き、自分が常にいる場所はこちらになりますと一文入れておくのがよいです。

申込書は、正確に記載すること

即日融資は、時間との勝負。すべての手続きがスムーズに行くことで、今すぐ希望額を借り入れをすることができます。
もし、申込書に不備があったり嘘があったりすれば、そこで時間を取られてしまいます。

よくあるケースは、他社で借入があるのに、「借り入れ無し」としてしまうことです。
審査に有利になるようにと思ってのことでしょうが、これは簡単に嘘だとばれてしまいます。
他社からの借り入れ状況は、自己申告させているものの、審査時に必ず個人情報を照会するためどこでいくら借りているかわかるのです。

他には、アルバイトなのに正社員と申告をしたり勤続年数を長めにいつわったり嘘をついた場合もややこしいことになります。
例えその場でばれなかったとしても、後日発覚した場合は、最悪の場合契約解除となり一括返済をしなければいけなくなったり法的手段に出られたりすることもあります。
個人の信用を担保にお金を貸してもらうわけですから、信用を失うようなことはやめましょう。

申込み時の記載事項は、正直に不備のないように書くのが、早めに融資してもらうためのポイントです。

少額融資を希望する

はじめての借入れのときは、希望額が50万円以上になると、審査が慎重になり長引くことがあります。
上に書いたように、収入証明書の提出も必要になってきます。

消費者金融をはじめ無担保で借り入れができる業者は、個人の信用を担保にしてお金を貸しています。はじめてに人は限度額が低くしており、ちゃんと返済をして実績を重ねていくことで信用があがり、限度額もあがっていく仕組みになっています。ですから、今すぐ借り入れをしたいという急な出費時に対応してもらうためには、少額融資にとどめておくのがポイントです。

以上が、今すぐ借り入れをしたい時にやるべきことになりますが、他にも知っておくと便利なことがあるのでご紹介します。

特定の口座を持っているとお得!

消費者金融が提携している銀行口座や指定の口座を持っている場合は、即日の借入れに有利な場合があります。
例えば、大手消費者金融のプロミスでは22時まで審査を行っていますが、通常ならその時間に審査が通っても翌日の振り込みになりますよね。しかし、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合は、審査通過後夜中でも振込をしてくれます。

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

同じくアコムでは、22時まで審査の審査、楽天銀行に口座を持っていれば24時間振込可能です。また、郵貯の口座を持っていれば、18時までの契約で19時までに振込み完了というサービスもあります。

このように、指定の口座を持っていることによって遅い時間でも対応してもらえるなど通常よりも優遇されます。

はじめてでも、店舗や自動契約機に出向くことなく、遅い時間でも借り入れができるのが嬉しいですね。

プロミス:三井住友銀行・ジャパンネット銀行 24時間365日振込可
アコム :楽天銀行(24時間365日振込可)
郵貯(18時までの契約で19時までに振込)

急な出費、今すぐ借り入れをしたいときには、時間が勝負です。
貸金業者が指定する口座を持っている場合は、優先的に考えてみることをおすすめします。

また、お得なのは、初回だけではありません。2回目以降の借り入れの時は、ネットから申し込めば24時間いつでも振込をしてもらえるのでとっても便利です。

借入れできない人

審査に通りにくい人の特徴です。

多重債務

他から借り入れが多数ある場合は、審査が慎重になります。
貸金業法で、年収の3分の1以上の貸付けをしてはいけないという総量規制が定められているからです。(ただし、銀行カードローンは総量規制の対象外です。)
例えば、年収300万円の人の場合は、100ま円までしか借り入れすることができません。
他の消費者金融で90万借りている場合は、残り枠がとても少ないので、審査に慎重になるでしょう。

同時に複数社に申込み

今すぐ借り入れできるチャンスを増やそうと、同時にたくさんの会社に申し込みをしようと考える人もいるかもしれません。

どこか1つでも審査に通ればいいわけですから…

しかし、審査時にはどの貸金業も個人情報の照会をするため、他社の申し込み状況がわかってしまいます。
手当たり次第に借りようとしていると思われて、いい印象は持たれません。
申込は、ここだと思う一社だけにしましょう。

借金を滞納している人や返済が遅れがちな人

借金を滞納している人は、ちょっと厳しいと言わざるを得ません。
返してもらえる確率が低いからです。

同じように、返済をしていたとしても毎月遅れがちである人は、余裕がないと思われてしまいます。
個人の信用を担保にする以上、小さな額でもちゃんと返済をしていくことが大切です。

土日にお金が必要になったらどうする?

土日にお金が必要になった場合でも、当日に借入れできるところはちゃんとあります。
大手消費者金融なら、ほぼ土日も営業しています。
消費者金融が指定する銀行の口座を持っていれば、土日でも夜中でも振込が可能ですし、口座がない場合でも、店舗や自動契約機で契約をしてその場でカードを発行してもらえば、ATMでお金を引き出せます。
土日も営業している消費者金融が多数あるのは、安心ですね。
このようなサービス面の充実とスピード対応が、消費者金融の魅力であり強みなのです。

以上、今すぐ借り入れをするには、まずはキャッシング会社を選ぶことからはじまりますので、よく検討してみてくださいね。

最近の記事

  1. パート主婦でも借りられるおすすめのカードローンは?
  2. カードローン審査を徹底解説!これを読めば審査の悩みは吹き飛ぶ…
  3. 中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって…
  4. 複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…
  5. 在籍確認の電話なしで利用できるキャッシングってあるの?それは…
  1. 基礎知識

    カードローン選びは返済方法に着目する方法もおすすめ
  2. 基礎知識

    銀行カードローンってどうなるの?問題点と今後の展望について。
  3. 基礎知識

    カードローンと学生の関係は就職時にも影響が出ないことを前提にしたい
  4. タイプ別

    土日祝日にカードローンやキャッシングで融資をしてもらう際の注意点
  5. タイプ別

    カードローンの随時返済は繰上返済に相当します
PAGE TOP