タイプ別

個人事業主のローン選び。事業用資金や生活費借り入れはどうする?

常連さん

こんにちは。カードローン歴10年以上のベテラン金借りです。
実は、私…小さな店を経営する個人事業主です。
店を持ったばかりの時は、働いても働いてもお金がなかった。
稼いだお金は、ほとんどお店の備品や広告への投資、人付き合いのために使っていたので、無駄遣いではなかったのですが、確実に生活は苦しくなりました。

個人事業主の場合は、生活のためのお金なのか事業のためのお金なのか、不明瞭になりがちなので、事業用資金として借りるべきなのか、個人の生活費用として使用用途自由なローンに申し込むか、悩みましたね。
というのも、事業歴も短くまだ軌道にのっていなかった時期なので、自分がビジネスローンや公的機関から借りられるのかも不安でしたし、もっと気軽に借りられるローンはないのか探し始めました。

ここでは、私と同じような自営業者・個人事業主が、お金を借りるための方法やカードローンで借りる場合の注意点についてお話しします。
少しでもお役に立てれば幸いです。

個人事業主・自営業者がお金を借りる方法

個人事業主には、「会社を大きくするのにまとまった資金が必要である。」「支払い日に間に合わない!」「客先からの入金が遅れて予定が狂ってしまった…」という経営者ならではの悩みだけではなく、「生活費が足りない。」「急な出費に対応できない。」など一般の方と同じようなお金の悩みがあります。

個人事業主がお金を借りることのできる機関は、複数あります。

・国や自治体
・銀行や信用金庫
・消費者金融

銀行や信用金庫、消費者金融では、ビジネスローン・フリーローン・カードローンと呼ばれるローンを展開しています。

この中で、個人事業主が使いやすいものはフリーローンやカードローンです。なぜなら、公的融資やビジネスローンは高額融資も可能ですが、その分審査に時間がかかったり厳しかったりするからです。
以下で詳しく説明していきますね。条件さえ合えば国や自治体からの融資を利用した方が良いので、可能性のある人はぜひチャレンジしてほしいです。

低金利!事業者に一番おすすめなのは国や自治体からの融資

個人事業主であっても、日本政策金融公庫や中小企業制度融資などの機関から、所定の手続きを踏み審査に通過すれば、事業資金として融資を受けることができます。
銀行よりも低金利で融資を受けられるため、審査に通過することができれば、個人事業主にとっては心強い存在です。
しかし、手続きに時間がかかることや事業資金のみの融資となることから、急な支払いに対応したい人や生活費目当ての人には向いていません。

・まとまった事業資金を低金利で借りたい人
・長期的な借り入れとなることを想定している人
・計画的に資金を借りようと思っている人
・融資のための準備期間や待ち時間を持てる人
・事業歴が長く、業績の良い方
・自己資金を用意できる方

このような方は、まず国や自治体からの融資を検討してみましょう。
一度、政府系の金融機関と取引ができれば、長い目で見て商売をするうえで、得なことが多いからです。
ただし、用意すべき書類もたくさんありますし、時間もかかるので、時間に余裕をもって計画的に行動しましょう。

まず、事業計画書の作成をしなければいけません。
事業計画書のテンプレートはWEB上でもダウンロードできるものがありますが、特に決まった形式があるわけではないので、形にとらわれずに書いていても大丈夫です。

記載すべき内容は、事業主のプロフィールや経営理念、事業の目的や将来のビジョン、事業サービスの内容やアピールポイントなどを具体的に記載していきます。
現状を把握し、将来の目標をかかげ、そのためにどのようにして売っていくかを細かく分析していきます。
ターゲットは誰か、いつまでにいくら売り上げをあげる予想をしているか、どのような戦略をとっていくか、資金はどうやって集めるか、支援者や協力者はいるかなど、わかりやすくまとめていきます。
特に商品については、誰が見てもわかるように写真を入れて強みのアピールをして行った方がよいです。数字に関してはグラフや図表を駆使して、読み手への説得力とインパクトも考えて作成してみましょう。

これがけっこうめんどうな作業ですが、融資を受ける受けない関係なく、事業を行うのであれば一度は作成しておいて損はないものです。

常連さん

私は、人を雇ってお店を大きくしたいと考えた時に、事業計画書を作成しました。
まだお店大きくなっていませんが…
事業計画書って何?という方は、商工会議所や中小企業振興公社などで相談に乗ってもらうこともできますし、定期的にセミナーも開催されていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

また、これらの公的融資の使用用途は事業のためのと限定されております。資金計画書も作成し提出するため、細かく資金の使い方を記載する必要がありますし、資金内訳を証明できる見積書や納品書などの提出もしなければいけません。「いくらくらい欲しい」とか「借り入れ可能な金額の中からやりくりをする」といったあいまいな状況では、融資をしてもらえませんのでご注意ください。

公的融資は時間がかかるため、今日明日の運転資金確保には向いていません。
すべての準備が整って申し込みをしてから、審査結果が出るまでには1~2カ月ほどかかります。
準備期間もいれたら、融資まで3ヵ月は見た方がよいでしょう。
また、もう1つ難しい点があり、希望融資額の一部(3分の1程度)は自己資金で出さなければいけません。

つまり、国や自治体による融資は、資金繰りに苦しい状況で申し込んでも審査に通過するのは難しいので、現実的ではない人も多いでしょう。しかし、ここまでの条件がなんとかなりそうだというのであれば、チャレンジしてみる価値は存分にありますよ。

高額融資も可能なビジネスローン

銀行や信用金庫、消費者金融などの貸金業では、中小企業や個人事業主向けのビジネスローンと呼ばれる無担保で利用できるローンを提供しています。

銀行系のビジネスローンの審査は、やや厳しめですが、限度額が大きく運転資金として利用できるだけの十分な資金を確保することができます。
限度額には差がありますが、小規模なものだと300万円、大規模なものは5000万円まで可能です。もちろん、総量規制の対象外です。
消費者金融系のビジネスローンは、手軽さが人気です。限度額は低めのところが多いものの、300万~500万としているところが多く、大規模な設備投資等は無理でも、急な出費や新事業の立ち上げ資金としては十分な費用の融資を受けることができます。消費者金融系のビジネスローンは、返済期間も長めに設定されているので、金利は高いものの、月々の返済額や返済期間を考えながら、無理のない返済計画を立てることが可能です。

提出書類はそれぞれ違いますが、本人確認書類の他に、決算書や確定申告書(1~2期分)、事業計画書、収支計画書、納税証明書、税務申告書、印鑑証明書等を準備しておきましょう。事業計画書や収支計画書の提出は必要のないビジネスローンも多くありますので、書類の準備をする時間がない方は、提出書類の少ないビジネスローンを探すと良いですね。特に消費者金融系は、提出書類も少なく手軽です。

ビジネスローンの融資までの時間は、通常は数日から1週間ほどですが、中には最短1日で審査が終わるローンもあり、一般的な事業融資と比べると融資のスピードが速いため、急な出費時に便りになるサービスです。

しかし、金利はそこまで低いとは言えません。
実質年率は、通常のカードローンと変わらないかそれ以上のところも多いので、短期的な利用にとどめておくことが理想です。

手軽に必要な事業資金を借りられるフリーローン

フリーローンとは、銀行や信用金庫、消費者金融等の貸金業が提供する個人向け無担保ローンのことです。
カードローンのように、限度額まで何度も利用できるものではなく、希望額を融資してもらい返済をしていきます。
事業資金として借りるのであれば、あらかじめいくら必要か計算しておかないといけません。

また、フリーローンは、融資した資金の使用用途が問われない点で、目的別ローンとは異なります。
資金の使い道は自由なので、幅広く使うことができ、使用用途を説明するような書類を提出する必要もありません。
しかし、一般的には使用用途自由といっても、事業資金として使うことは認められていないものが多く、一部のフリーローンが提供する事業者用やビジネス使用可のフリーローンのみが事業用資金として使うことができます。
事業用NGとするフリーローンが多いのは個人事業主にとって大きなデメリットですが、大手消費者金融ではほとんどが事業用として使用することができますし、選択肢がそこまでせばまるわけではありません。
また、フリーローンはビジネス向け事業者向けであっても、難しい書類もいらず、手軽に簡単に申し込むことができるので、急いでいるときに借りやすいというメリットがあります。

事業者がフリーローンを使う場合は、事業者用のフリーローンに申し込めば、運転資金や設備費用、開業資金などビジネスに使うすべてのものに使用することができます。
もしくは、個人事業主であれば、生活費の補填としてフリーローンを利用し、事業用のお金は自分のお金を使うという方法もあります。
生活費の補填として融資を受ける場合は、少額融資になるものの、審査には通りやすくなります。

フリーローンの金利は、一般的にはカードローンよりも低めに設定されています。
カードローンと比べて、1度しか利用できないというデメリットはありますが、借りた後は返済に集中することができますし、事業用として借りることができれば高額融資も期待できる分、少しでも金利が低い方がよいです。

最短即日、使用用途自由なカードローン

個人向けの無担保融資で手軽に借りられるものといえば、銀行や消費者金融、信販会社などが展開しているカードローンです。
フリーローンとは違い、カードローンは一度契約をすれば、限度額までは何度でも利用できるところに特徴があります。つまり、10万円の限度額のカードを利用し、1万円元金を返済すれば、また1万円借りられるのです。2回目以降は、もう1つお財布があるかと思ってしまうほど、簡単にお金を引き出すことができます。

使用用途は自由ですが、フリーローンと同じく事業資金としては禁じているところが多いため、個人事業主が運転資金のために使うことはできません。
しかし、一部の地方銀行と信用金庫、消費者金融では、事業資金としても使えるフリーローンを用意しています。
これは、生活費と事業用の資金が不明瞭になりがちな個人事業主にはありがたいサービスですね。
また、個人事業主が生活費の補填として利用する分には制限はありません。

しかし、ビジネスローンに比べると、限度額は低めで金利は高めなことがデメリットです。
限度額は、個人の職歴や年収、家族構成などを総合的に判断して設定されますが、消費者金融や信販会社で借りる場合は、総量規制の対象となるため、年収の3分の1(他の貸金業者からの借り入れも含む)を超える限度額が設定されることはありません。
銀行カードローンに関しては、総量規制の対象外となるものの、実際は年収の3分の1を大きく超えるような融資をされることはありません。

最大限度額は、消費者金融より銀行カードローンの方が大きく設定されていますが、初回の融資から最大限度額が適用されることはありませんので、カードローンを利用するときは、小さく初めて取引を重ねて限度額を増やしていくことを考えた方がよいです。
限度額の面では、何千万単位の融資が可能なビジネスローンと比較をすると、カードローンは数十万から数百万と一桁以上違ってくるので、大きな設備投資や人件費の確保などは難しいです。
あくまで、つなぎ資金としてまたは生活費の補填としての利用と考えるべきです。
公的機関やビジネスローンに申し込むほど大きなお金は必要ではないが、急場をしのぎたいという時にはピッタリのローンなのです。

カードローンは、融資までのスピードも速く最短即日をうりとしているところが多くあります。特に消費者金融ならば、夕方以降に申し込みをしても当日中に融資を受けることも可能です。スピードだけでなく、提出書類も本人確認証と収入証明書(少額融資の場合は不要)と、手続き面も簡単なため、気軽に利用しやすいでしょう。
ただし、金利は高め(特に消費者金融の場合)なので、短期的な利用をおすすめいたします。

個人事業主の場合は、審査に通りにくいのではないか?という不安の声をよく聞きます。
私自身も個人事業主なので、サラリーマンと比べてどうか…ということは言えませんが、返済能力があれば審査には通過できます。
返済能力とは、安定した収入があることや過去に金融事故を起こしていないこと、クレジットカードや携帯代金などの延滞をしていないこと、未納の税金がないこと、事業歴、資産状況などから総合的に判断されます。
サラリーマンの場合は、勤続年数が長いほど安定していると評価されますが、個人事業主の場合はなおさらです。サラリーマンは、2年以上あればと言われていますが、個人事業主の場合はそれより多く3年以上あったほうがいいです。
もちろんそれ以下であっても、他の点で評価の高いポイントがあれば可能性は十分にあります。

少額を今すぐに借りたいという時には、カードローンは便利ですね。

個人事業主にぴったりのローン選び

個人事業主がお金を借りる方法は、いくら借りるのか、事業用資金として借りるか、生活費の補填として借りるか、融資までの時間はどのくらいあるかを考えることによって最適な方法が決まってきます。
金利は低い方が良いので、条件に合うものの中からなるべく金利が低いところを選びましょう。その際、返済期間もチェックすることを忘れないでくださいね。

常連さん

私は結局カードローンを、お金が足りない時は生活費を補填するために繰り返し借りてきました。
というのも、なるべく借りずに済む方法を考えている間に時間ばかりが過ぎてしまい、ちょうど世間が長期休暇に入る前だったので金融機関も閉まってしまったら乗り越えられないかもしれないと思い、即日融資可能なカードローンを選びました。
そこまで大きな額が必要なかったというのも、カードローンにした理由です。

しかし、それとは別に、事業拡大するために公的融資を検討していた時期もあり、商工会のセミナーや個人相談も受け、事業計画書も書いたのですが…そちらは融資にはいたりませんでした。もう少ししたら、真剣に向き合い再チャレンジしたいと思っています。
いずれにしても、事業計画書を書いたのはいい勉強でした。

関連記事

  1. タイプ別

    土日祝日にカードローンやキャッシングで融資をしてもらう際の注意点

    どうも、こんにちは。僕はカードローン歴10年以上の、ベテラン金借り…

  2. タイプ別

    スマホで借りられるカードローン。スマホキャッシングを便利に使おう

    こんにちは。消費者金融の常連…というと、聞こえは悪いかもしれません…

  3. タイプ別

    そんなあなたにおすすめ!カードローン~即日・金利・女性など~

    カードローンの新規契約者はほとんど即日融資を希望しています。クレジット…

  4. タイプ別

    状況別カードローンランキング!あなたにピッタリのカードローンが見つかる!

    カードローンを選ぶポイントは、人やその時の状況によって違います…

  5. タイプ別

    事業資金の借り入れ、成功のポイントは?

    事業資金に困ったら会社をやめて起業、経営者にお金の悩みはつきもので…

  6. タイプ別

    専業主婦OKのカードローン。即日審査で即日融資も可能!

    専業主婦の方がカードローンを利用する際、収入がないため消費者金融の利用…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パート主婦でも借りられるおすすめのカードローンは?
  2. カードローン審査を徹底解説!これを読めば審査の悩みは吹き飛ぶ…
  3. 中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって…
  4. 複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…
  5. 在籍確認の電話なしで利用できるキャッシングってあるの?それは…
  1. 基礎知識

    カードローンは転職前に契約しておくと良い
  2. 基礎知識

    カードローンの借り換えの3つのメリットと借り換えをした方がいい人の3つの条件
  3. 手続き

    大手の消費者金融で収入証明書不要の即日キャッシングをする事について
  4. 基礎知識

    上手に利用したいモビットのメリットと注意したいデメリット
  5. 基礎知識

    カードローンの返済方法を知って完済を早めましょう
PAGE TOP