職業・性別

専業主婦でも借り入れできるカードローン。どんな条件がある?

カードローンやキャッシングの条件

カードローンやキャッシングの申込み条件には、年齢制限や安定した収入のある方という条件が付いてくるケースがほとんどです。
安定した収入があれば、正社員であることに限らず、派遣社員あるいはパートやアルバイトでも申し込むことができますよということですが、自身に収入のない専業主婦の場合はどうなのか?パートやアルバイトの場合は、どの程度の収入があればよいのか?多くの女性は気になりますね。
この問題については、業者によって対応が異なりますので、ケース別にご紹介します。

消費者金融で、専業主婦は借り入れできるか?

消費者金融の場合は、基本的には専業主婦からの申し込みは受付けていません。
貸金業者である消費者金融業者の場合は、総量規制の適用を受けますので、原則として収入のない人には貸出することができなくなっています。(総量規制とは年収の3分の1以上の貸付ができない制度のこと)

例外として配偶者貸付制度あり

ただし、総量規制対象外の配偶者特別貸付制度を利用すれば融資可能としている消費者金融もあります。この制度を利用するための条件に、夫婦であることの公的証明書の提出など面倒な事務手続きが多くあるほか、配偶者の同意書などが提出となるため配偶者に内緒で借りることはできません。
そのため、実際に利用する人も少なく、消費者金融としても受付していないケースがほとんどです。
特に、大手消費者金融はこの制度を利用しておらず、中小の消費者金融の一部業者がこの制度を利用して申し込みを受け付けています。利用者のほうとしても、配偶者の同意書まで取ってまで申し込む人はまれという状況です。
配偶者貸付制度を利用すると
(夫の収入+妻の収入)×3分の1=貸付可能金額
となるため、妻の収入が0でも借り入れができるわけですが、夫1人でカードローンを組んだ方が手続きが楽なため、夫の同意を得られる人であっても夫名義のカードを作る方が多数です。

パートやアルバイトで少しでも収入がある場合

同じ主婦でも、パートやアルバイトなどで一定の収入があるケースでは、消費者金融で借り入れすることが可能です。年収が少ない場合は、限度額は少な目になるものの、パートであることを理由にサービスが変わることはありません。
年収いくらであればカードローンを組めるか…は、人それぞれです。
年収100万で、単発や長期休暇中のアルバイトのため月収がまばらである人の場合と、年収60万だけれど、毎月安定して5万円の収入がある人の場合でしたら、後者の方がポイントは高くなります。
年収もさることながら、月々安定していることや勤続年数も合わせて判断材料となってきます。

おすすめ!レディースローン

最近では、大手消費者金融などでは女性専用のレディースローンを提供しているところもありますので、これらを利用する主婦層が増えています。
レディースローンとは、専用のフリーダイヤルなどがあり、対応はすべて女性社員という女性に配慮したサービスとなっています。営業とは言え、貸金業の男性と話すのは少し怖い…そんな女性の声に応えた人気のサービスです。
パートやアルバイトの主婦の場合、収入や家族バレに不安があるので、相談できる相手がいると心強いですね。
また、業者によっては、振込キャッシングの際に、振込人名を指定できたり、選択できたりするサービスも提供しており、家族にバレることがないように配慮したサービスが増えてきています。

銀行カードローンで、専業主婦は借り入れできるか?

銀行カードローンは、大手銀行をはじめとし、専業主婦にも貸付可としているところが多数あります。
銀行は、貸金業者には当たらないため総量規制の適用を受けることがありません。つまり、収入のない専業主婦の場合でも、借り入れができるのです。
借入の条件としては、配偶者に安定した収入があることですが、審査の際に配偶者の収入証明書や同意書などの書類を提出する必要はありません。専業主婦でいられるほど配偶者に安定した収入があるということが信用力ありとみなされるのです。前述した消費者金融の配偶者特別貸付制度に比べると、簡単かつ気軽に申し込むことができますね。

専業主婦は限度額が低い

専業主婦の場合は、自身の収入がないため利用限度額が低く30万円~50万円としているところが多いです。
また、将来的に増額することもできないところがほとんどなので、少ない中でのやりくりをしていかなければいけません。逆に考えれば、借りすぎる心配がないというメリットでもあります。

専業主婦OKの銀行数は少ないものの、サービスは充実

専業主婦でも借入可能な銀行カードローンの数は、まだまだ多くはありませんが、大手銀行が対応しているのでほとんどの人にとって不便はないほどです。
メガバンク系カードローンは特に、サービス面も充実しています。
低金利の銀行が多く収入のない専業主婦にはありがたいですし、一般的にスピードが遅いといういわれている銀行カードローンですが、即日融資に対応しているところもあります。
また、女性は特にお金を借りるために店舗に入ることに抵抗を持ちやすいものですが、自動契約機を設置したり、誰にも会わずに家で申込から融資まで完了できるWEB完結型のサービスを設けたりと、消費者金融にも劣らないサービスを展開しています。
中には、銀行カードローンでも金利が消費者金融とさほど変わらないところもありますので、検討する際には、金利や融資スピードなどを比較してみましょう。

専業主婦は一人で抱え込みやすいもの…カードローンを利用するのも一つの方法

専業主婦は家計を預かる大切な役割があります。

・今月はお祝い事で出費が続いた…
・子供の部活でお金が大きな出費があった…
・急な引っ越しで、予定外の出費があった…
・旦那の飲み会が続いている…
・家族が急病で入院した…

などなど、自分のことだけでなくすべてが主婦の肩にかかってきます。
助けてくれる人がいるときはよいですが、誰にも相談できず一人で抱え込んでしまった時はカードローンを上手に利用してみるのも1つの方法です。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「フリーローン」とは?まとまったお金が必要なときにおすすめ!…
  2. カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前…
  3. 奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング…
  4. SNSで話題の「サブカルローン」とは?
  5. 債務整理は早急に!利息だけ(最低返済額)支払い続けることのデ…
  1. 基礎知識

    上手に利用したいSMBCモビットのメリットと注意したいデメリット
  2. 基礎知識

    カードローン会社から「一括請求」がきても慌てない!契約と金融会社の権利について
  3. お金に関する怖い話

    審査のゆるいカードローンに注意!保証会社とは何か?
  4. お金に関する怖い話

    家族が消費者金融から借金したら?やるべき事・出来る事のまとめ
  5. 職業・性別

    低金利のカードローンを持つと、どれほどのメリットがあるか?
PAGE TOP