タイプ別

事業資金の借り入れ、成功のポイントは?

事業資金に困ったら

会社をやめて起業、経営者にお金の悩みはつきものです。
・次の入金までのつなぎ資金として
・運転資金が足りない時
・前金で大きな額が必要な時など
事業資金に困った時は、銀行等から融資を受けることができます。

事業資金の借り入れができるところ

事業資金の借り入れは、銀行の他、消費者金融などの貸金業者、クレジットカード会社ですることができます。
ビジネスローンや事業者向けローンと呼ばれています。
ビジネスローンは、個人向けの無担保ローンとは違った「目的ローン」となるため、事業に使うという目的がはっきりしていることを証明する必要があります。ただし、一部、事業用資金だけではなく、生活資金としても融資可能な場合もあるので、様々なローンを検討してみましょう。

審査のポイント

事業資金を借り入れするためにはいろいろな基準をクリアしないといけませんが、どのような審査ポイントがあるのでしょうか。
審査においては、事業者の返済能力があるかどうかが慎重に判断されます。そのためには、まず会社の現状を把握しなければいけません。
会社にどんな財産があるか、換金できるものがあるか、在庫を抱えて苦しんでいないか、申込書には水増しなどの虚偽が書かれていないかなど、気を付ける点がたくさんあります。

会社の業績

返済能力の判断基準として、一番わかりやすいのは会社の業績です。
審査の際には、会社の決算報告書を一式提出しますが、決算書からは様々なことがわかります。
特に損益計算書は念入りにチェックされ、黒字か赤字か、黒字であったとしても前期からの伸び幅はどうかを見て、融資の可否を決めるのです。
また、税金をちゃんと支払っているかどうかも、現在の業績を知る判断材料となります。税金を滞納している状態は経営悪化と見られますし、業績が悪くないにも関わらず延滞しているのであれば、経理にだらしないと思われてしまう可能性もあります。
支払い状況は特に、申込前にきちんと確認しておきましょう。

過去の業績

現在の業績だけではなく、過去の業績からわかることもあります。
安定している企業なのか、今伸びている最中なのか、それとも近年ずっと落ち込んでいるのか…
会社の業績の流れを知ることで、返済するお金がどこから用意できるのかを予測することができます。

個人事業主の場合は、直近の過去に赤字があると審査は厳しくなります。
個人事業主の場合は、会社の赤字と生活が直結してくるため、返済の余力がないと判断されるからです。
事業の他に、副業やアルバイトなどの収入があれば申告をするようにしましょう。本業以外の収入も、良い方に判断されます。

会社の将来性

会社が将来的に伸びていくかどうかは、会社の頑張りだけではなく業種や世の中の流れもあります。
現在業績が厳しくても、この先好転する可能性はあるか。好転材料があれば評価されますので、事業計画書と資金計画を丁寧に書くようにしてください。
融資してもらったお金の使用用途、どうやって利益を出していくか、いつまでにいくら売り上げを達成するか、ターゲットはどんな層か、主な販売先や取引先、具体的であるほどよいです。
もちろん夢や願望ではなく、しっかりとした根拠を示すようにしてください。

会社の業歴

なんといっても、会社の業歴は大切です。息の長い会社は、経営が安定している証拠だとプラスに判断されます。
会社の5年存続率は10%以下と言われるように、短命の会社が多くあります。そのため、銀行では業歴を2年以上あることを融資の条件としています。個人事業主の場合は、最低3年以上あったほうがよいでしょう。

経営者としての手腕や素質

会社の業績が良くなるかどうかは、社長の腕にかかっています。
適切な時に適切な判断ができるかどうか、経営者としての素質が問われる部分です。ビジネスローンを展開する金融会社はたくさんの経営者を見てきていますので、経験上うまくいく経営者はどんなタイプか見る目がありますし勘もさえている方が多いです。

経営者の人柄

経営者としての手腕も大切ですが、どんなにやり手であっても不誠実な人であればポイントは下がります。例えば、決算書の水増しをしていたり、在庫を隠していたり、嘘をつくような人であれば信用するに値しない人と判断されてしまいます。
経営者は会社の顔です。その人物がどんな人であるかどんな経営方針でいるかで、会社の未来も決まってくるものでしょう。面談を受ける時には、くれぐれも誠実に対応しましょう。

返済能力がある事を証明するために、会社と経営者は良い印象を与えるようにする事が大事です。それに加えて、会社としての魅力、将来性、過去の実績もアピールしていきましょう。
細かいことですが、提出書類は丁寧に、不備やミスのないように揃えることで、心証もよくなります。書類を雑に扱っていたり急いで適当に作成したりすると、真剣さも感じないですし人柄も疑われてしまいます。
安心して融資をしてもいい相手だと思ってもらえるように、細かい気配りも必要です。

審査が厳しくない金融課機関を狙う

金融機関や希望するローンによって、審査の難易度は変わってきます。どのローンが通りやすいか、どの審査が甘いか…というのは、事業者の条件や環境によって変わってきます。

①銀行

審査の難易度で言えば、銀行から融資を受けるのが一番難しいです。
事業資金は、大口の取引が多くなるため、銀行では貸し倒れのないように保証人や担保を必要とします。
もちろん自分で保証人や担保を準備できるのが一番ですが、もしできない場合は、信用保証協会に依頼することができます。
費用はかかりますが、大口の融資が受けられる可能性が高まるので、銀行融資を希望する場合はぜひとも利用したいものです。

大手銀行は、融資限度額も大きくサービスのバランスがよくおすすめです。また最近増えてきているネットバンクは、店舗や人件費が少ないことから、低金利型のサービスを展開しているところもあります。

②公的融資

公的融資とは、政府や自治体などの公的機関による融資のことです。
銀行に比べると、審査が甘く通りやすい傾向があります。例えば、過去に事業者が金融事故や事業に失敗しているようなブラックな状況でも審査に合格する事があります。公的機関によっては、信用情報や、自己破産暦を細かくチェックしないケースがあるのです。もちろんすべてのケースでそうではありませんが、自己破産歴や昔に債務整理をした経験があったとしても、事業融資を受ける事も出来る可能性を捨てきれません。
自己破産は普通はマイナスに働く事が多いですが、自己破産歴があっても諦めず、審査においては自己破産の後に築いた資産をアピールしましょう。基本的には自己破産はやはりマイナスの評価ですが、その後に目に見える資産を築けていたらマイナスからプラスに評価してくれる可能性もあります。
事業資金を融資してもらいたいなら、できるだけの事をしてみましょう。

公的機関のデメリットは、手続きや審査に時間がかかり、融資がおりるまで1ヵ月程度かかってしまうこと。
計画的に資金調達をしている人であれば、便利に使うことができますが、急いでいるときには向いていません。

③ノンバンク

審査が一番手軽なのは、消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンク系が行っているビジネスローンです。ノンバンクは、銀行で借りられなかった企業や、中小企業の強い味方といえるでしょう。銀行の貸し渋りが問題になったときは、ノンバンクは中小企業にとっての救いでした。
ノンバンク系のメリットは、なんといってもスピード。審査結果が即日に出て、融資までも数日といったこともノンバンク系のビジネスローンなら可能です。
デメリットは、金利。最近では、少しずつ金利の見直しもされているものの、金利は銀行に比べると高めです。また、融資額が銀行に比べると少な目なので、大きな取引は期待できません。

審査落ちしやすいケース

もし、業歴や業績に大きな問題がないのにも関わらず審査に落ちてしまったとしたら…次のケースに当てはまらないか確認をしておきましょう。

・書類が正確に書かれていない
・事業に、計画性がない
・資金の使い道(目的)がはっきりしていない
・経営者が不誠実である

審査では、提出書類と経営者の印象から融資を判断することになりますので、丁寧に計画性を持って事業資金の調達に取り組みましょう。

ピックアップ記事

  1. 借り入れ時の審査、ここが見られる5つのポイント!
  2. キャッシングの在籍確認で確認される内容とスムーズに行かなかった場合の対処方法
  3. カードローンの借り入れ時に必要な書類と詳細。いつどうやって出すの?

関連記事

  1. タイプ別

    パート主婦でも借りられるおすすめのカードローンは?

    こんにちは。私が、カードローンを利用し始めたのは、10年以上前のこ…

  2. タイプ別

    状況別カードローンランキング!あなたにピッタリのカードローンが見つかる!

    カードローンを選ぶポイントは、人やその時の状況によって違います…

  3. タイプ別

    カードローンの金利を徹底解説!消費者金融と銀行カードローン借りるならどっち?

    低金利のカードローンでお金を借りたいと誰もが考えていることでしょう。そ…

  4. タイプ別

    カードローンの随時返済は繰上返済に相当します

    カードローンの契約を行なう際には、金利を気にする人が多いものの、返済方…

  5. タイプ別

    土日祝日にカードローンやキャッシングで融資をしてもらう際の注意点

    どうも、こんにちは。僕はカードローン歴10年以上の、ベテラン金借り…

  6. タイプ別

    そんなあなたにおすすめ!カードローン~即日・金利・女性など~

    カードローンの新規契約者はほとんど即日融資を希望しています。クレジット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パート主婦でも借りられるおすすめのカードローンは?
  2. 中小消費者金融のキャッシングは安全なの?ブラックでも借りられ…
  3. カードローンには申し込みブラックと呼ばれる状況があります
  4. 在籍確認の電話なしで利用できるキャッシングってあるの?それは…
  5. カードローンは転職前に契約しておくと良い
  1. 手続き

    カードローンの他社からの借入、いくらまでなら大丈夫?
  2. 基礎知識

    上手にカードローンを利用するための返済計画の立て方
  3. 基礎知識

    カードローンの借り換えの3つのメリットと借り換えをした方がいい人の3つの条件
  4. タイプ別

    事業資金の借り入れ、成功のポイントは?
  5. 基礎知識

    カードローンの延滞は金融事故扱いに注意
PAGE TOP