基礎知識

消費者金融と銀行カードローンの比較

カードローンの種類

個人向け融資商品カードローンを展開しているのは、消費者金融や銀行、信販会社、信用金庫などです。
中でも、消費者金融業者のような貸金業者のカードローンと銀行が提供する銀行カードローンがよく比較検討され、人気を二分しています。
消費者金融キャッシングと銀行カードローンを比較すると、それぞれに特徴があることがわかりますが、どのような違いがあるのでしょうか。違いを知って、自分に合ったカードローンを見つけましょう。

消費者金融のカードローン

イメージ

今でこそ、消費者金融と呼ばれて健全なイメージに近づいてきましたが、以前はサラ金と呼ばれ恐れられたものです。今でもその名残で、消費者金融と聞いただけで怖い取り立てや高金利を想像する人も少なくないでしょう。現在は、貸金業法による取り締まりがしっかりとされており、金利も上限金利を遵守し、厳しい取り立て行為もありませんが、一般人に持たれているイメージは銀行に比べるとよくありません。

安全安心なイメージを持ってもらうために、消費者金融は大手銀行傘下であることを前面に打ち出したり、著名人を採用したCMをたくさんうったりしているものの、一旦ついてしまった悪いイメージはなかなか取れないもの…
銀行という安心感には対抗しようもなく、個人向け融資というマーケットは拡大したものの「安心」というイメージはまだまだ遠いと言わざるをえません。

金利

消費者金融の金利は、銀行に比べると高めです。
某大手消費者金融の実質年率は、3.0%~18.0%。一方、某大手銀行カードローンの実質年率は、1.8%~14.6%。
最大金利において、4%前後の差があるのでかなり大きいと言えるでしょう。
現在の法では、

10万円未満 年20%
10万円~100万円未満は、年18%
100万円~は、年15%

を超える利息は無効とされていますが、この範囲内であれば自由に設定できることになっています。
消費者金融は、法が定める上限金利ギリギリの利息を設定しているところが多いため、利息は割高です。

審査

消費者金融の審査は、銀行に比べると甘いといえます。これは、審査通過率からも明らかです。
審査のスピードも早く、審査時間最短30分からとしている消費者金融が多く、融資までの時間も早いです。大手消費者金融では、即日融資は当たり前。
そのため、審査に不安のある人や急いでいる人は、消費者金融を選ぶパターンが多いです。

総量規制

消費者金融は、総量規制の対象となります。総量規制とは、消費者金融や信販会社などの貸金業者に適用されるもので、年収の3分の1以上は融資できない帰省のことです。
これに違反した場合には、営業停止などの厳しい行政処分の対象となりますし、他社からの借り入れがある場合はその金額により限度額が変わってくるため、審査時にはどこでいくら借りているかきびしく確認されます。

サービスの特徴

消費者金融のサービスは、銀行に比べて充実しています。即日融資、審査時間最短30分、審査の簡素化、自動契約機の設置、無利息サービスなどの高い利便性を武器に、銀行カードローンに対抗しています。
申込方法や返済方法も豊富に用意しているため、利用者が自分にあったサービスを自由に選択できるようになっています。今後のますます便利なサービスが展開されていくでしょう。

ノウハウ

消費者金融の歴史は古く、以前は個人向けの無担保ローンについてはニッチな市場ではあるものの、消費者金融の独占状態でした。
バブルの崩壊とともに、高金利や厳しい取り立てが社会問題とされ、多くの消費者金融が淘汰されてしまいましたが、一部の消費者金融は銀行の傘下に入って生き残りをかけています。銀行が消費者金融をグループ会社にする理由は、そのノウハウが欲しいからです。個人向けの無担保ローンに関するノウハウは、長年の経験から銀行もかなうところがありません。

銀行カードローン

イメージ

銀行は、担保ありの大口融資を得意としていますが、最近では消費者金融と同じ個人向けの無担保商品にも力をいれてきています。
一般人にとって銀行のイメージはきわめて健全で、「銀行からお金を借りた」と言って不審に思う人はいませんね。住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの大口の融資が得意なことから、個人向けのイメージが低いためもあるでしょう。また、金利も消費者金融と比べて低く設定してあるところが多いことから、安心であると思ってもらいやすいです。
かつて、高金利や厳しい取り立てで問題となった消費者金融と比べると、銀行ならそんな悪質な問題を起こすわけがないと感じられており、イメージにおいては銀行が格段によいと言えます。

金利

銀行の金利は、2%~14.%が平均的です。消費者金融と比べて、高い方の金利は4%ほど低いので、返済期間が長くなるほど大きな差を感じるようになります。
金利が低いのは、資金力があることや優良顧客が獲得しやすいことが理由です。消費者金融では貸金業に特化しているのに対し、銀行は貸金業のほかにも預貯金など業務のはばがありますし、資金を集めやすい状況にあるのです。
しかし、銀行であっても消費者金融と同じくらい金利が高いところもありますので、「銀行だから安い」と決めつけてしまわないようにしましょう。

審査

銀行の審査は、消費者金融と比べてかなり厳しいといえます。
銀行は、誰にでも貸すという気軽な体制をとっておらず、貸し倒れのないように慎重に審査をしています。そのため、無担保ローンとはいっても、銀行の用意した保証会社の審査に通ることを融資の条件としており、その結果を受けて銀行が独自に判断をして、融資の可否を決定します。そのため、審査が厳しく時間がかかってしまうのです。
特に、地方銀行のカードローンは、時間がかかるうえ口座を持っていることを条件とするなど、間口が狭くなっています。
最近、大手銀行では、個人向け融資に力をいれており、審査も消費者金融なみに早く簡易化してきているものの、通過率に限って言えば、やはり銀行は低めです。

総量規制

銀行は総量規制の対象外です。銀行は貸金業者ではなく銀行法の下で業務を行いますので、貸金業者のように総量規制の適用を受けることもありませんので、年収の3分の1以上の貸付も可能となります。
もちろん、年収の3分の1以上でも貸出することができます。
このように、有利な条件の下で大きくシェアを伸ばしている銀行ですが、ノウハウという点においてはまだまだ劣っているというのが実情です。
信用に値するもの、例えば年収が多い・不動産等の資産を持っているなどがある場合は、年収の3分の1を超えての融資をする可能性はありますが、現実では、年収の3分の1を大きく超えるような融資は銀行はしたがりません。
総量規制の対象外=いくらでも借りられるというわけではないので、肝に銘じておきましょう。
総量規制の対象外であるので、専業主婦(主夫)のように無収入の場合でも、配偶者に安定した収入があれば借り入れができるというのは銀行カードローンの強みです。

特徴

銀行カードローンの大きな特徴は、上記に述べたような低金利で総量規制の対象外である、専業主婦も借り入れが可能という点です。安心感もあり、利用者にとって優しく利用しやすいものを提供しているといえます。
しかし、間口は狭く、誰でも気軽に借りられるイメージは持たれていません。実際、審査が厳しく時間がかかる銀行が多いので、急いでいる人や無計画な人は遠ざけている印象もある上、営業時間・プランの豊富さ・使いやすさなどのサービス面においては消費者金融の方が一歩リードしてる状況です。
しかし、メガバンクのカードローンには、即日融資、審査時間最短30分、審査の簡素化、銀行本支店のATMコーナーに自動契約機を設置するなどして、消費者金融に負けず劣らずのサービスを展開する銀行も出てきました。
個人向け融資市場の拡大とともに、サービスは今後どんどん使いやすくなっていくでしょう。

ノウハウ

銀行カードローンは、個人向け融資の歴史が浅くノウハウもあまりありません。そのため、個人向け融資の拡大をするには消費者金融の力を頼らざるをえませんでした。
貸金業法改正により、多くのサラ金(消費者金融)が淘汰され、生き残りをかけた消費者金融はメガバンクの傘下に入りノウハウを提供しています。例えば、銀行カードローンは保証会社の審査を通過することが、融資の条件となっていますが、保証会社には消費者金融がなっていることが多いのです。
実質的には、審査は保証会社(消費者金融)に任せて、貸し倒れのリスクを減らし審査をスピーディーに終わらせることができるのです。

銀行と消費者金融は、サービスはどんどん似てきているものの、向いている人と向いていない人がいますので、自分に合った方を選びましょう。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングとは…
  2. カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前…
  3. 奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング…
  4. SNSで話題の「サブカルローン」とは?
  5. 債務整理は早急に!利息だけ(最低返済額)支払い続けることのデ…
  1. 手続き

    キャッシングの在籍確認で確認される内容とスムーズに行かなかった場合の対処方法
  2. 基礎知識

    消費者金融と銀行カードローンの比較
  3. 基礎知識

    カードローンには仮審査と本審査を設けている金融業者が多いが、その違いとは?
  4. お金に関する怖い話

    家族が消費者金融から借金したら?やるべき事・出来る事のまとめ
  5. 職業・性別

    個人事業主のローン選び。事業用資金や生活費借り入れはどうする?
PAGE TOP