基礎知識

即日融資のカードローンはメリット満載。あなたに最適なカードローンは?

消費者金融の即日融資という言葉を聞いたことありませんか。申込をしたその日に融資を受ける事です。そんなこと本当にできるのかと疑問に思うかもしれません。でも、本当にできます。しかも最初の1か月は無利息になるメリットまで付くことがあるんです。知らないともったいないですよ。

即日融資って何?

即日融資は、申込当日に融資をするものです。現在、ほぼすべての消費者金融は即日融資に対応しています。そのため、お金に困ったらすぐに消費者金融を頼ればいいのです。

大手消費者金融のように無人機店舗があれば、審査終了とともにローンカードが発行されます。そのまま併設されていることが多い消費者金融のATMでキャッシングすれば、即日融資が可能です。カードローンの強みと言えます。

また、中小規模の消費者金融であっても、振込の方法で融資できます。通常は午後2時半が事実上のタイムリミットですが、最近はネットバンクを利用することで24時間の振込も可能です。

本当にその日に融資ができる理由

それでも本当にできるのかと疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。でも、即日融資のしくみはさほど難しくありません。融資をする以上、審査が必要でが、審査に必要な時間は非常に短いのです。

例を一つ上げてみましょう。大手消費者金融の一角を占めるSMBCモビットでは「10秒簡易審査」という事前審査をしています。他の消費者金融では「1秒」なので長いじゃないかと思われるでしょうが、中身が違います。「1秒」の場合、かなりあっさりした結果しか教えてくれません。

これに対し、SMBCモビットの「10秒簡易審査」は実際の申込とほぼ同じ内容の入力をします。つまり、そのまま審査をしてしまうのです。実際にSMBCモビットの10秒簡易審査の結果と、実際の審査結果に大きな差は生じません。言い方を変えれば、コンピューター審査自体は10秒でできます。

これはSMBCモビットだけではなく、他の消費者金融も同じです。審査が終われば融資可能です。実際に審査が10秒で終わるわけではありませんが、さほど時間がかかりません。そのため、即日融資が実現するのです。

現実に大手消費者金融の無人機店舗で即日融資を申し込むと、1時間ほどで審査が終わり、カードローンが利用できます

初心者ほど審査は有利

即日融資を申し込む人の多くは消費者金融の申込を始めてする人です。そのような人は、審査に対して不安感を持っているでしょう。しかし、審査は初心者ほど有利なのです。

消費者金融には貸金業法という法律で融資限度額が決められています。限度額は年収の3分の1と決まっています。始めて申し込む人は限度額いっぱい借りることができます

でも、2回目以降の申込者は既に借入をしているため、限度額が少なくなっています。場合によっては限度オーバーで審査に落とされるのです。そのため、初心者ほど消費者金融の審査は有利だと言えます。

初めてカードローンを利用しようとしている方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。

即日融資のメリット

このように即日融資は難しいものではなく、現実にはほとんどの方が実現できます。時間をかけずに融資を受けることができるため、ギリギリのタイミングで申込をすることが可能です。

それだけではなく、思いがけないメリットがあります。

突然の資金不足に対応できます

即日融資のメリットとして一番大きい点は時間がかからない点です。朝、通勤途中で申込をすれば、その日のうちに融資を受けられます。

大きな買い物であればクレジットカード払いができると言われるかもしれません。でも、現金支払しかできない場合もあるのです。突然の資金不足は時とタイミングを選びません。友人の結婚式に出席する日に祝儀が出せないこともあるでしょう。給料日直前に飲み会などに誘われることもあるかもしれません。いずれの場合も現金支払しかできません。そんな時に即日融資が力を発揮します。

大手消費者金融の無人機店舗は全国どこにでもあります。カードローンなので近くのATMで融資可能です。

無人機店舗はありませんが、中小規模の消費者金融でも可能です。店舗での手続なら確実に即日融資ができます。

突然の資金不足にも不安なく対応できます。

コッソリ契約できます

即日融資のメリットとして他人に内緒で契約できることが挙げられます。

大手消費者金融の無人機店舗で契約すると、その場ですべての手続が終わります。そのため、契約に伴う書類をすべてその場で受け取ることができます。簡単に言えば、郵送物が発生しないのです。家族などに内緒で消費者金融の契約をしたい人も多いでしょう。そんな人に最適です。

また、消費者金融の審査では、申込書記載の会社に勤めていることを確認する「在籍確認」が欠かせません。この方法として職場への電話確認が主流です。しかし、職場への電話確認は何かと問題が生じます。

この対策として無人機店舗に健康保険証などを持っていくことで、書面による在籍確認ができます。即日融資は職場に対してもコッソリ契約できるのです。

どこでも契約できます

即日融資の手段は大手消費者金融のような無人機店舗だけではありません。ネット申し込みができますから、先ほど述べた通り朝の通勤電車の中でも申込ができます。

ただ、中小消費者金融を利用して即日融資をしてもらうためには申込時間が大切です。融資方法が振込になりますから、午後2時半までに審査が終わる必要があります。審査までには申込確認の電話や本人確認書類のチェックなどが必要です。

更に職場への在籍確認の電話が必要であれば、その時間も考える必要があります。お昼の休憩時間に申込をしたら、即日融資が実現しないかもしれません。朝の通勤時間帯の申込をお勧めします。

即日融資はこう使う

このような点に気を付ければ即日融資は難しくありません。お金が足りないからと慌てて申し込む場合には、文字通り「地獄に仏」のはずです。

しかし、あらかじめ自分が希望する日を狙って申込をすることもできます。

引落日の残高不足

クレジットカードに限らず、公共料金や家賃の引落が遅れるといろいろと面倒なことになります。家賃の引落ができないと、敷金支払がないアパートの場合は玄関をロックアウトされることがあるのです。ちなみに入金してロックアウトを解除しても「出張手数料」が1万円ほどかかります。

即時融資の実現で、このような事態を回避可能です。

また、クレジットカードの引落日に引落ができないと信用情報機関に登録されます。案外知られていませんが、信販会社は毎月の支払状況を登録しているのです。自分の信用情報を開示してもらった経験がある人は、各ベーシの下部に24回分の支払状況が載っていることを知っているでしょう。

毎回期日通りの支払がされている人と、遅れがちの人では、どちらが審査で有利かは言うまでないはずです。即日融資を利用することで自分の信用を維持できます。

現金専門店での買い物

家電製品の購入の際に家電量販店で買い物をする人も多いでしょう。

しかし、その前に価格比較サイトを見ることをお勧めします。家電量販店より1割近く安い店舗が1円単位の激戦を繰り広げているのです。どうしてこんなことが起きるのでしょうか。

この手の店舗は現金支払しかできません。信販会社に手数料を支払わないので経費がかからず、価格を下げているのです。そのため、安いことがわかっていても利用する人は多くありません。

しかし、即日融資を利用すれば話が変わります。年利18%の利息を支払っても半年で返済すれば利息の方が安いです。自分の口座に振り込んでもらえば、そのまま口座から振込できます。

即日融資にはこんな活用方法があるのです。

給料日寸前の合コン

若い会社員の方は給料日までの資金繰りがうまくいかないことが多いようです。給料日前にカップラーメンだけで過ごしたという経験を持つ人もいらっしゃるでしょう。

しかし、即日融資ができれば、そんな情けないことをする必要はありません。

若い会社員の方は飲み会が多いでしょう。特に問題なければパスしてもいいのでしょうが、合コンは別です。先輩方が苦労して集めてくれた参加者にどんな魅力的な人がいるかわかりません。

ただ、合コンの会費は現金払いです。給料日直前にはきつい話でしょう。しかも、2次会などのことを考えれば1万円程度では心もとないはずです。

そんな時に即日融資のカードローンが役に立ちます。

口座に融資資金を振り込んでもらえば、途中のコンビニで引き出せばOKです。周囲の人に即時融資を受けたとは気づかれません。

節約もできる即日融資

このように即日融資は、ただ単にお金が足りない時だけに利用するだけではなく、もっと利用範囲が広いです。

でも、即日融資をうまく利用することで節約もできます。ちょっと信じられないでしょうが、やり方ひとつでこんなことも可能です。

無利息期間の有効活用

大手消費者金融は契約日翌日から30日は利息がかかりません。これをフル活用するためには即日融資が必要です。

即日融資は契約日当日に融資をしてくれますから、30日間は無利息になります。これを利用することでクレジットカードの1回払いの支払を無利息で引き延ばすことができます。クレジットカードの支払は締め日単位で決まります。つまり、締め日翌日に買い物をすれば支払日は2か月程度先です。

ここまでは節約サイトなどで知られている話でしょう。

次にクレジットカードの支払日に即日融資を受けるのです。すると更に1か月間無利息で支払を繰り延べることができます3か月間無利息で買い物代金の支払いを引き延ばせるわけです。

ボーナス払いを利用すればいいじゃないかと言われるでしょうが、利用できる店舗は限定されています。この方法なら利用する店舗は選びません。

利息を最低限にできます

無利息期間を利用することで利息を節約できることは確かです。

しかし、即日融資のいい点は自分が狙った日に融資を受けることができる点です。銀行などのフリーローンは審査が長いので、ある程度余裕をもって借入の申込をする必要があります。そのため、多少金利が低くても借入期間が長くなって金利支払額は多くなりかねません。

また、消費者金融はカードローン形式なので資金に余裕があれば随時返済ができます。結果として、金利支払が少なくなって節約ができます。

リボ払いよりお得です

消費者金融の利率は18%に対し、クレジットカードのリボ払い手数料率は15%です。単純に考えればリボ払いの方がお得に見えます。しかし、実際に支払をしてみると、リボ払いは総支払額が大きくなることが多いです。

どうしてこんなことになるのでしょうか。

先ほど述べた通り即日融資は、クレジットカードの請求日ギリギリにお金を借りることができます。しかも初回借入なら無利息期間があるので利息支払額はさらに低くなります。また、資金的な余裕がある時に繰上返済をすれば、更に低利息です。

最近はJCBカードのようにコンビニでリボ払いの残額を追加支払できることもあります。しかし、多くの場合追加支払をすることが難しいです。消費者金融の即日融資を利用することでリボ払いの加速返済を可能にします。

お勧めできる即日融資の消費者金融

では、即日融資を実際にする際、どの消費者金融を利用すればいいのでしょうか。

まず、チェックポイントとして審査スピードが挙げられます。審査スピードは差がないように見えますが、やり方ひとつでスピードアップ可能です。

次に申込のしやすさです。これは大手消費者金融に軍配が上がります

無人機店舗があるので、確実にローンカードが発行されるのです。もちろん、振込融資も可能ですから、ATMから出金して自分の口座に再入金する手間を省くこともできます。

プロミス

無人機店舗が多いため、申込がしやすい点が魅力的です。

また、WEB完結を利用すれば店舗へ行く必要はありません。しかもWEB完結はカードレス取引なので、家族にバレないように即日融資したい人にも最適です。

もちろん30日間の無利息期間も利用できます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。なお、プロミスの無利息期間は他社が契約日翌日からスタートするのに対し、最初の借入日からスタートする点も魅力的です。

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

SMBCモビット

即日融資の「キモ」である審査スピードが爆速です。申込をネット経由でして、審査終了とともに近くの「ローン契約機」に行けば5分でローンカードが出来上がります。すぐにカードローンでお金を借りることが可能です(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)。

また、SMBCモビットは、WEB完結なら電話連絡を省略することが出来る消費者金融です。省略することで、審査スピードアップにつなげています。

無利息期間がないのが欠点ですが、確実に即日融資を実現したければSMBCモビットもかなりお勧めです。

アイフル

一度民事再生法の適用を受けたためか、昨年までは30日間の無利息期間がありませんでした。しかし、債務をすべて完済し、銀行監視下から解放されて積極的な営業を開始しています。現在では他社同様に30日間の無利息期間を利用可能です。

アイフルも無人機店舗があり、即日融資に適している消費者金融です。

また、他社と違うサービスもアイフルの魅力であり、その一例として京都の四条大宮店が挙げられます。町屋風の無人機店舗は銀行系の他社ではできないアイデアです。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングとは…
  2. カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前…
  3. 奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング…
  4. SNSで話題の「サブカルローン」とは?
  5. 債務整理は早急に!利息だけ(最低返済額)支払い続けることのデ…
  1. 基礎知識

    消費者金融と銀行カードローンの比較
  2. 職業・性別

    個人事業主のローン選び。事業用資金や生活費借り入れはどうする?
  3. 手続き

    借り入れ時の審査、ここが見られる5つのポイント!
  4. 基礎知識

    中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって本当?
  5. 基礎知識

    初心者必見!カードローンの申込み~借り入れまでの流れを解説!カードローン選びのポ…
PAGE TOP