基礎知識

カードローン会社から「一括請求」がきても慌てない!契約と金融会社の権利について

「期限の利益」を知っておこう

期限の利益とは、お金を借りた人の権利です。

たとえば、今日10万円を借りたとしましょう。

今日中に全額返してほしいと言われては、キャッシングをするメリットがありません。

 

そこで、「ある決まった期限までは全額を返さなくてもいい」という法律上の権利が発生します。

しかしこれでは、カードローン会社側としては「本当に返してくれるのだろうか」という不安が残ります。

 

そこで、

  • 完済する日はいつでもいい(実際には、最長6年で完済が目安とされる)
  • なので、毎月決まった額(約定返済額)を信頼の証として納めてほしい

と定めるのが、お金を借りる上での「期限の利益」の本質です。

 

ここでポイントになるのは、後者に挙げた”信頼”という項目になります。

信頼関係がなくなる=期限の利益を喪失し、一括で返済する義務が発生するということになります。

期限の利益についてはキャッシング契約書に必ず記載されているので、確認しておきましょう。

一括請求が実際にくるのはどんな時?

前項で挙げた「期限の利益喪失」、つまり一括返済すべきタイミングですが、契約書に明記されているのは下記のような内容です。

  • 返済が著しく遅延したとき
  • 借主が反社会勢力に属しているとわかったとき
  • 借りたお金の使い道が、金融会社の定めから外れる時
    ※消費者金融で借りたお金を事業運営に使ったり、ショッピング枠の現金化をしている場合
  • その他、金融会社と借主の間でコミュニケーションがとれないと判断した時

 

信頼関係が失われたと判断されるパターンで最も多いのは、返済の長期遅延・加えて最後に挙げた項目…言い換えれば、”借主と連絡がとれない”場合です。

ただし、一括請求に移る具体的な時期については、各社明示をしていません。

目安として、信用情報機関に”長期延滞”の情報が記録される2ヶ月以上の返済遅延・音信不通は、危険域と考えるのがよいでしょう。

一括請求は怖くない・預金口座の管理に注意

一括請求の郵便物がきても、その時点で所有物を取り上げられたりすることはありません。

差押えが始まるのは、その後金融会社が裁判所に訴えを起こし、権利を認められてからです。

 

一括請求〜差押えの権利発生まで、最短でも2ヶ月はかかります。

この間に債務整理を依頼し、法律家に「受任通知」を送ってもらえば、取り立ては一切行われなくなります。

預金口座凍結について

今ある個人向けカードローンには、銀行資本がバックとしてついています。

大手で挙げるなら、アコムなら三菱UFJ銀行・プロミスなら三井住友銀行です。

 

金融会社に資本注入している銀行に口座がある場合、一括請求後に前触れなく口座が使えなくなることがあります。

一括請求の通知が手元に届いた場合、一刻も早く預金口座は空にしておきましょう。

付記すると、この行為がなんらかの罪に問われることはありません。


関連記事

  1. 基礎知識

    スマホアプリでスムーズ&秘密でキャッシング!おすすめカードローン2種の紹介

    じぶん銀行カードローンじぶん銀行とは、携帯電話キャリアのa…

  2. 基礎知識

    キャッシングは女性のピンチに使える?…「ピンチ」時の対応方法

    「女性向けカードローン」はピンチの時に使えるか?女性向…

  3. 返済

    消費者金融の返済日に返済できなかったら

    消費者金融でお金を借りると、毎月定められた…

  4. 基礎知識

    銀行カードローンってどうなるの?問題点と今後の展望について。

    平成29年4月29日の日経新聞などに、銀行がカードローンの融資…

  5. 基礎知識

    カードローンは無職の状態では原則としては借りられないが…

    お金が無いからこそカードローンを利用して一時的に乗り切ることになります…

  6. 基礎知識

    借金の取り立てが怖い人へ…概要説明と対策

    「取り立て」は厳しくない消費者金融・銀行系カードローン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  5. プロミスのカードローンは審査手続きの利便性も高い
  1. 初めての利用

    家族に知られず借金をしたい!カードローンの郵送物を止める方法について
  2. ニュース

    その他

    「貸付残高、4分の1に激減=改正貸金業法成立10年-消費者金融」2016年12月…
  3. 基礎知識

    カードローンには仮審査と本審査を設けている金融業者が多いが、その違いとは?
  4. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント
  5. 基礎知識

    利子・利息の計算方法と、金利の基礎知識
PAGE TOP