基礎知識

カードローンは無職の状態では原則としては借りられないが…

お金が無いからこそカードローンを利用して一時的に乗り切ることになりますが、金融業者の立場からすれば無職の人に貸し付けを行えば回収不能に陥るリスクが高まります。

返済能力があると審査により認められた人に対してのみ貸し付けが行われるわけです。

 

しかし、専業主婦のように配偶者に安定した収入があれば、一部の金融業者は貸し付けを行っているので、金融業者の種類と配偶者の属性次第では借入が出来ないわけではありません。

カードローンは安定した収入に基いて貸し付けが行われます

カードローン商品を扱っている金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融も同様に無担保貸し付け業務を行なっています。

共通した特徴として、本人に安定した収入があることを前提として、返済能力を十分に考慮した上で無理のない返済が出来る範囲内で利用限度額を設定しているわけです。

 

年収がいくら高くても、不安定な収入状況ならばカードローンの審査に通らないことは珍しくありません。

あくまでも安定した収入があり、返済能力を推定した上で返済不能に陥らない範囲で貸し付けを行ない、金融業者は利息を得て収益を出しています。

 

本人が無職の状態であれば、返済の見込みが無いわけですから、必然的に審査に通らないでしょう。

専業主婦ならば銀行系カードローンを狙う

無職の人ならば全てカードローンの申込み審査に通らないかといえば、実際には無職であってもカードローン審査に通ることがあります。

具体的には、専業主婦は本人の収入はゼロですが、配偶者が公務員や会社員といった安定した収入を得ているならば、実質的に家計を預かっている専業主婦に対して貸し付けを行なっても十分に返済出来ると考えられるわけです。

 

しかし、消費者金融と信販会社については、改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、総量規制が厳格に適用されているので本人に収入が無い専業主婦が消費者金融や信販会社から借入を行なうためには、配偶者の同意書が必要となります。

配偶者の年収を基にした審査を行なうためには、配偶者の収入情報を利用することに対して配偶者の同意書を提出しない限りは、世帯収入で審査をかけることが出来なくなりました。

 

一方、銀行カードローンならば、総量規制対象外ですから専業主婦本人が無職であっても年収の1/3という制限に縛られることがありません。

本人からの申し出があれば、配偶者の同意を必要とせずに世帯年収による審査も可能です。

 

無職という理由が専業主婦であって、配偶者に安定した収入があれば、銀行カードローンに申込むと良いでしょう。

アルバイトであっても収入があればカードローンの申込みが出来る

専業主婦でもなく本人が単純に無職という場合には、カードローンの申込みを行なっても審査に通ることはありません。

なぜなら、返済できるという根拠が見当たらないからです。

 

そこで、アルバイトに応募してシフトに安定して入ることが出来れば、月収に見合った利用限度額とはなるもののカードローンの申込みが出来ます。

カードローンの審査では、毎月一定額の収入が継続的に入ることが重要であって、収入金額の大小は利用限度額設定で調整すれば良いわけです。

 

求職中という理由で無職の状態にあるならば、就職活動を続けながらアルバイトを行なうことにより、完全に無職という状態から少ないながらも安定した収入があるという状況に持って行くことで、カードローンの審査に通過できる可能性があります。

本人にアルバイトとはいえ一定の収入があることを示した上で、両親と同居しているといった状況が揃えば、銀行カードローンについては50万円以内の利用限度額ならば審査に通る可能性が出てくるでしょう。

自営業者の審査は厳しい

無職の人であっても、一瞬にして職業がある状態とすることが可能な方法は、個人事業主として自営業を始めることです。

個人事業主として開業するためには、会社を作成する場合とは異なり難しい手続きは必要ありません。

 

住所地または起業する場所を管轄する税務署へ出向いて、開業届を1枚提出するだけで個人事業主として開業したことになります。

職業欄には自営業と記載出来るわけです。

しかし、自営業者に対するカードローン審査は厳しい傾向にあるので、自営業者になったからといって実際に事業を営む状況に無ければカードローン審査に通ることは難しいでしょう。

 

会社員だった時にカードローン審査に申込む時と比較すれば、遥かに審査に通過することは難しくなります。

だからこそ、会社員として在籍している間にカードローン契約を行なっておけば、後から無職になり自営業者という体裁を取ったとしても返済に滞りが無ければ継続してカードローン契約を維持出来るでしょう。

金融業者にとっては、安定した収入があり返済遅れを起こさないという信頼が得られれば、貸し付けを行なってもらえるわけです。

 

安定した収入が得られている時にカードローン契約を行なっておくことが、無職になった時の生活を一時的にでも支えてくれる存在となることでしょう。


関連記事

  1. 基礎知識

    上手に利用したいSMBCモビットのメリットと注意したいデメリット

    SMBCモビットはSMBCグループ傘下に入っている大手の消費者金融なの…

  2. 基礎知識

    SNSで話題の「サブカルローン」とは?

    スルガ銀行のカードローンの特徴サブカルローンの説明に入…

  3. 基礎知識

    カードローンと学生の関係は就職時にも影響が出ないことを前提にしたい

    裕福な家庭に生まれ育った一部の人を除いて、学生は常時金欠に悩んでいても…

  4. 基礎知識

    カードローンは転職前に契約しておくと良い

    転職時に一時的に借入が必要となったとしても、退職日と次の勤務先で働き始…

  5. 基礎知識

    派遣社員でもキャッシングできる!審査を有利に通すコツ・裏技

    “派遣”でもお金は借りられる派遣・契約社員でも、カード…

  6. 基礎知識

    カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前に知っておきたいこと

    約定返済額(毎月返済額)とは毎月返済額とは、多くの場合手数…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介

    職業・性別

    個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 基礎知識

    フリーローンの特徴とカードローンとの比較で違いを検証
  3. 初めての利用

    キャッシングに必要となる書類について
  4. 初めての利用

    ローンカードを即日発行してもらうためには?お金を早く借りるコツ
  5. 家族や勤め先にバレずにキャッシングを行う方法

    初めての利用

    家族や勤め先にバレずにキャッシングを行う方法
PAGE TOP