基礎知識

学生がカードローンでお金を借りられる条件・方法の徹底解説

学生がキャッシングするための大前提

カードローン会社と契約出来る条件を、最初にまとめてみましょう。

  • 20歳以上であること
  • 職場へ在籍確認できること
  • 申込時点で、学生本人に収入があること

これだけは満たしておく必要があります。

 

収入について特筆すると、勤務形態はアルバイト・パート・準社員のいずれかに限られます。

仮想通貨取引やアフィリエイトなどが隆盛しており、学生でも”会社に属さずに”お金をを得られる時代ではありますが、それは収入としては申告できません。

1日単位の派遣会社でも構わないので、勤務実績を作り・在籍確認に対応できるようにしておく必要があります。

学生でも申し込めるカードローンとは

学生が現金を借りる場合、アコム・アイフル・プロミス・レイクなどの消費者金融系に限られます。

三菱東京UFJ銀行傘下の「バンクイック」など、”銀行系カードローン”と呼ばれている商品には、申込できません。

 

消費者金融系の金利は法定上限ギリギリとなっており、年率17.9%〜18%で契約成立となります。

例えば「10万円を借りて1年で返す」場合、17,900円〜18,000円を利息として余分に支払うことになります。

 

近年は、20代前半での破産者が急増の傾向にあります。

返済計画には十分注意しましょう。

借りられる金額・審査について

学生が借りられる金額は、収入に関わらず一律で「10万円まで」です。

増枠審査は、卒業・就職後に出来ます。

 

次に、審査に必要な書類・情報は、以下の通りとなります。

  • 収入証明(給与明細等)
  • 勤務先の住所/電話番号
  • (必要に応じて)扶養者の収入証明

 

学生証を提示する必要はなく、お金を借りた事実を学校に知られる恐れはありません。

扶養者の収入証明提示ですが、これを求められた場合、両親のいずれかに保証人となってもらう必要があります。

 

ただし、保証人という立場に注意をしましょう。

保証人には、借金の肩代わり義務がありません。

 

万一返済不能となり・保証人(両親)へと返済請求が行われた場合としましょう。

このとき保証人は、学生本人に資力があると訴えて、本人の財産の差し押さえを金融会社に求めることができます。

 

また、勝手に保証人欄を埋めるのも厳禁です。

左記の場合は、私文書偽造の刑事罰を受けることもあります。

借金は“親バレ”するか?

前述しましたが、借金の事実が親にバレてしまうケースの大半は、「保証人欄を勝手に埋めて、返済不能に陥った場合」です。

 

それ以外で発覚してしまうケースとして、

  • キャッシング用のカードが見つかった
  • 所有している口座が家族名義で、ネットバンキングを通じて返済履歴を見られた
  • 実家住まいで、契約書が届いた時に中を見られてしまった

これらが挙げられます。

 

お金を借りる前に学生本人名義の預金口座を開設しておくこと・無人契約機で契約書とカードを受け取り、厳重に管理することを徹底すれば、原則として家族に知られることはありません。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前…
  2. 奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング…
  3. SNSで話題の「サブカルローン」とは?
  4. 債務整理は早急に!利息だけ(最低返済額)支払い続けることのデ…
  5. キャッシングは女性のピンチに使える?…「ピンチ」時の対応方法…
  1. 職業・性別

    カードローンの随時返済は繰上返済に相当します
  2. 基礎知識

    カードローン選びは返済方法に着目する方法もおすすめ
  3. 基礎知識

    中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって本当?
  4. 基礎知識

    総量規制の対象となっている消費者金融でお金を借りるメリット
  5. 基礎知識

    上手に利用したいモビットのメリットと注意したいデメリット
PAGE TOP