基礎知識

保証人をつければカードローンで借りられる?「保証」の徹底解説

カードローンに保証人は必要なのか?

大手都市銀行銀行・地方銀行・消費者金融のキャッシングともに、保証人は原則として不要です。

“保証人が必要となる場合あり”と明記されていても、実際に求められる例はほぼありません。

プロミスのアプリローン

「信用貸し」について

住宅/車ローンについては必ず・家電ローンの場合は原則として、”所有権留保”という契約がついています。

所有権留保とは、「購入した商品は、その支払いが終わるまではローン会社の所有物である。

万一支払いできなくなった場合、商品を回収・売却して残債に補填する」という契約です。

 

つまり、購入した商品が担保にとられています。

合わせて、住宅/車ローンに限っては、保証人契約も交わすことがあります。

 

これまで述べてきたような契約に対して、担保も保証人もいらないローン契約のことを、金融業界では「信用貸し」と言います。

個人向けのキャッシング商品・カードローン契約のほぼ全てが、この「信用貸し」にあたります。

保証人が必要なケース・そもそも借りられない人

ごく稀に、保証人が求められるケースがあります。

それは、本人収入が100万円を下回る場合(学生や実家暮らしの非正規社員など)・夫に十分な収入がある専業主婦の申込です。

付け加えると、左記のケースで保証人をつけて契約できたとしても、金融会社ごとの融資最低額(5〜10万円)しか借りられません。

 

また、下記に当てはまる人は、保証人の有無に関わらず契約出来ません。

  • 信用情報機関に任意整理の情報が残っている
  • “ブラックリスト”までは行かないものの、支払い遅延の記録が1〜数度ある
  • キャッシング利用目的が怪しい(反社会勢力の疑い・事業資金に使う可能性など)

以上のケースでは、単に「審査否決」となります。

”連帯保証人”と”保証人”の違いに注意

結論から述べると、「連帯保証人は責任が重く・保証人は軽い」ということに注意が必要です。

 

”連帯保証人”には、借主本人と同じ義務が課せられます。

平たくいうと、借主が返済不能に陥った場合、連帯保証人が代わりに返済しなければなりません。

連帯保証人も返済できなかった場合、借主本人・連帯保証人ともに、財産を差押えられてしまいます。

 

一方で”保証人“には、借金を肩代わりする義務はありません。

「返済してくれないので、代わりに返してくれませんか」と金融会社側からお願いされた場合、拒否した上で借主本人への差押えを請求する権利すらあります。

”保証人”に対する差押えは、認められていません。

 

家族・お知り合いへの負担や影響を懸念されているかたは、キャッシング申込書(契約書)に書かれている「保証人の義務」を熟読しておきましょう。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 専業主婦に対するキャッシングの審査と在籍確認
  2. 平日以外の土日などにキャッシングを行うためにはどうすればいい…
  3. 即日融資を受けるにあたって最低限知っておきたいこと
  4. 即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点
  5. キャッシングをする時に収入証明書の提出が不要になる条件は?
  1. 基礎知識

    複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…
  2. 職業・性別

    個人事業主のローン選び。事業用資金や生活費借り入れはどうする?
  3. 職業・性別

    専業主婦OKのカードローン。即日審査で即日融資も可能!
  4. 基礎知識

    キャッシング一括返済のメリット・多めに返す&完済するときの注意点
  5. 初めての利用

    即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点
PAGE TOP