カードローン 状況別

キャッシング審査と自動車ローン…双方の影響とは

キャッシングへの自動車ローンの影響

オートローン・ディーラーローンなど、自動車の支払いがまだ終わっていない人は、個人向けのカードローンを契約できるのでしょうか。

 

結論から言うと、車のローン残債それ自体は、キャッシング審査に影響しません。

そもそも住宅・自動車などの大型ローンについては、年収の1/3までしか借入できないという”総量規制”の対象外だからです。

 

ただし、支払い状況・毎月の支払額については、厳しくチェックされます。

自動車ローンのある人は「収支のバランス」を見られる

自動車ローンの残債は、個人向けキャッシング審査の対象ではありません。

問題となるのは、毎月支払額と月収のバランスです。

 

支払額については、申込者の自己申告ではなく、信用情報期間からの照会に基づいて行われます。

これと毎月の収入を付き合わせ、「これ以上返済額が増えると生活が行き詰まる」と判断されてしまった場合、カードローン審査は否決となります。

キャッシング審査に落ちる収支バランスとは

結論から述べると、車+住宅ローンの支払いが収入の40%以上を占めているようであれば、キャッシング審査に通らなくなる可能性があります。

次に注目されるのが、過去2〜3年以内の支払い状況です。

数日〜10日単位の遅延事故が一回でもあれば、審査の上で大きなマイナスポイントとなります。

キャッシング審査が甘いのは?

消費者金融系・銀行系問わず、大型ローンのある申込者については、収支のバランスや支払い状況を厳しくチェックします。

それでも「少しでもいいから借りたい」という方は、街金融・新生銀行レイク/同銀行の完全子会社が経営するノーローンなどをおすすめします。

 

それぞれ1万円刻みで利用限度額審査を行うのですが、言い換えれば「収支のバランスが取れるギリギリのラインで貸付をしてくれる」ということになります。

それでも、30万円以上の貸付は、他金融機関と同じく厳しく審査されると考えるべきです。

自動車ローン新規契約に影響を及ぼす審査

反対に、自動車ローンの新規契約に影響するものを考えていきます。

結論から述べると、

  • 個人向けカードローン
  • 奨学金
  • クレジットカード(ショッピング/キャッシング枠両方)
  • 携帯電話の割賦代金
  • 所有権留保契約なしのショッピングローン(契約書に明示あり)

 

これらの残債と支払い状況(過去2〜3年分)が、自動車ローンの審査に影響します。

これから購入しようとする車の代金+上記で挙げた残債合計が収入の40%を超えると、銀行系のオートローン・フリーローン契約は困難になります。

同居家族も審査されることがある

2017年現在ではほとんどありませんが、車を2台以上所有している・頻繁に買い換えているといった場合、同居家族についても調査されることがあります。

付記すると、このケースでは「信用情報開示に家族の同意がほしい」と告げられます。

家族について照会をかけるのは、年収・債務整理歴の確認の2点のみと考えて問題ありません。

 

家族年収については、金融会社側が「この人には信用があるので、本人の収支バランスに問題があっても、社内基準で審査に通したい」という努力の一環と考えるべきです。

自分からは「家族でこのくらいの収入になるから通してほしい」という申告は出来ないので、注意してください。

 

家族の債務整理歴については、任意整理であれば大きなマイナスポイントとはならないものの、自己破産・個人再生については重く見られてしまいます。

収入のあるご家族それぞれの経済状況についても、自動車ローン契約前には念のため確認する必要があります。

ディーラーローンなら審査は甘い

この点、ディーラーローンの場合は「車の代金+他残債が50%」でも審査可決となるケースが多くあります。

理由としては、所有権留保契約にあります。

所有権留保とは

端的に述べると、「支払いが終わるまで車はディーラーのものである」という契約です。

支払いが遅延したり、契約者が誠実な対応をしなかった場合、ローンの残債に引き当てるために車を引き上げます。

つまり、買った車がそのまま担保にとられているということです。

 

そのため、ローン契約者個人の信用情報を厳しくチェックする必要はありません。

審査が甘い理由はここにあります。

1ヶ月遅延でも車が引き上げられてしまう

ディーラーローンは、支払い遅延に対する制裁が厳しくなります。

ほとんど督促なしに、1ヶ月の遅延で車の引き上げ予告送付・2ヶ月以内には実際に引き上げ業者が来るということも、珍しくありません。

 

ディーラーローンで車の購入を決めた場合、自主的に収支バランスを保つ必要があります。


関連記事

  1. カードローン 状況別

    カードローンとおまとめローンは使い分けが肝心です

    複数のカードローンを利用していると、返済日が複数ある状況から、管理が難…

  2. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント

    土日祝日に、急にお金が必要になったら?カードローンが便利なわけ土日…

  3. カードローン 状況別

    完済後or利用予定のないカードローンは解約すべきか?

    カードローンは解約できるのかキャッシングの完済が見えてくると、…

  4. カードローン 状況別

    カードローンの複数申し込みは個人信用情報機関ごとに考えます

    カードローンの申し込みを行なうと、加盟している個人信用情報機関へ申し込…

  5. カードローン 状況別

    カードローンの即日審査は事前準備をしておきましょう

    カードローンの申込み先には、消費者金融だけでなく銀行や信用金庫といった…

  6. 社内ブラックとは?

    カードローン 状況別

    社内ブラックとは何か?債務整理経験や返済遅延のある人は要注目。

    社内ブラックの実態信用情報とは別に、一度でもキャッシングした会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. お金に関する怖い話

    債務整理は早急に!利息だけ(最低返済額)支払い続けることのデメリット
  2. 初めての利用

    ローンカードを即日発行してもらうためには?お金を早く借りるコツ
  3. その他

    ソーシャルゲーム課金と債務整理・上手にゲームと付き合おう
  4. 基礎知識

    銀行カードローンってどうなるの?問題点と今後の展望について。
  5. 基礎知識

    カードローンの借り換えの3つのメリットと借り換えをした方がいい人の3つの条件
PAGE TOP