基礎知識

キャッシング一括返済のメリット・多めに返す&完済するときの注意点

金融会社の本音は「まとめて返してほしい」

キャッシング商品とは、「近日中にまとまったお金が入る見込みの人」を対象にしていました。

普通のサラリーマンが多額の臨時収入をもらえることの多かった”バブル期”まで、金融会社はそういった審査基準で儲けを出していたのです。

臨時収入でまとめて返済してくれる=良顧客

審査可否報告の統計サイトなどによると、夏・冬のボーナスシーズンには、審査可決報告数が増えます。

カードローン各社は公表しないものの、審査基準の緩和期があるとみて間違いありません。

 

金融会社としては、限度額ぎりぎりまで借りて長期間返済し続ける顧客よりも、適度に借りて・一括返済してもらえるほうが、はるかに信用できるのです。

そのスタンスはバブル期から変わりないもので、今後も変化することはないと考えて間違いありません。

信用があるというのはどういうことか

それでは、「信用される」ことのメリットとはなんでしょうか。

キャッシングを継続的にする人・個人事業主のかたにとって最も喜ばしいのは、利用限度額引き上げ審査に有利となることでしょう。

 

銀行系カードローンでは、信頼のある顧客に対して、金融会社側から引き上げの勧誘をすることもあります。

その他には、住宅ローンが組みやすくなる・信用取引(銀行から借りたお金で投資をすること)がしやすくなるなど、メリットは数え切れないほどあります。

お金が貯まった時に一括完済or随時繰り上げ返済のどちらがお得か

多くの個人向けキャッシングサービスでは、「残高スライドリボルビング方式」という利息の計算法を用いています。

これは、”元金(元々借りた金額)の残りをもとに、1日単位で利息を加算する“という方法です。

「契約書記載の約定返済額」=「元金への充当分+利息」となり、返済するたびに元金は減っていくので、これに合わせて利息は減っていきます。

 

ここから言えることは、

お財布に余裕ができ次第、随時返済に充てるべき

ということでしょう。

 

それでは最後に、一括完済・繰り上げ返済時の注意点を述べます。

利息+ATM手数料を必ず確認すること

完済・繰り上げ関わらず、カードローン会員サイト内にて「元金と利息の合計」を確認しておきましょう。

返済にATMを利用する場合は、その利用手数料も考慮しなければいけません。

 

ポイントは、返済する当日・直前に確認しておくことです。

消費者金融の店舗ATMならば、店頭でも「支払うべき総額」を簡単に確認できるので、まとめて返したい人にはおすすめできます。

関連記事

  1. キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す

    返済

    キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す

    キャッシングの申込先を検討する際には、返済方法について詳しく確認してか…

  2. 基礎知識

    カードローンの借り換えの3つのメリットと借り換えをした方がいい人の3つの条件

    カードローンは業者によって借り入れの条件が異なってくるのでお金を借りた…

  3. 返済

    無理のない返済計画

    消費者金融のCMでは必ず「無理のない返済を…

  4. 基礎知識

    おまとめローンを利用して複数のカードローンからの借り入れを一本化するメリットと注意点

    消費者金融のカードローンのサービスは自動契約機の他にWEB完結申込を利…

  5. 返済

    キャッシングは返済方法次第で返済総額が変わる

    キャッシング契約を申込む際には、金利が低いことだけを気にする人が多いで…

  6. 基礎知識

    上手にカードローンを利用するための返済計画の立て方

    こんにちは。私は、消費者金融カードローン歴10年以上のベテラン金借りで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 無職なのに嘘をついてお金を借りる

    初めての利用

    無職だけど、嘘をついてお金を借りようとしたらどうなる?
  2. 基礎知識

    カードローンと学生の関係は就職時にも影響が出ないことを前提にしたい
  3. 消費者金融 体験談

    その他

    【体験談】無人契約機を利用してお金を借りようとしたケンタさんの悲劇
  4. 初めての利用

    無利息キャッシングサービスを提供している業者と利用する時の注意点
  5. 職業・性別

    カードローンはアルバイトであっても申込可能な会社がある
PAGE TOP