基礎知識

キャッシング一括返済のメリット・多めに返す&完済するときの注意点

金融会社の本音は「まとめて返してほしい」

キャッシング商品とは、「近日中にまとまったお金が入る見込みの人」を対象にしていました。

普通のサラリーマンが多額の臨時収入をもらえることの多かった”バブル期”まで、金融会社はそういった審査基準で儲けを出していたのです。

臨時収入でまとめて返済してくれる=良顧客

審査可否報告の統計サイトなどによると、夏・冬のボーナスシーズンには、審査可決報告数が増えます。

カードローン各社は公表しないものの、審査基準の緩和期があるとみて間違いありません。

 

金融会社としては、限度額ぎりぎりまで借りて長期間返済し続ける顧客よりも、適度に借りて・一括返済してもらえるほうが、はるかに信用できるのです。

そのスタンスはバブル期から変わりないもので、今後も変化することはないと考えて間違いありません。

信用があるというのはどういうことか

それでは、「信用される」ことのメリットとはなんでしょうか。

キャッシングを継続的にする人・個人事業主のかたにとって最も喜ばしいのは、利用限度額引き上げ審査に有利となることでしょう。

 

銀行系カードローンでは、信頼のある顧客に対して、金融会社側から引き上げの勧誘をすることもあります。

その他には、住宅ローンが組みやすくなる・信用取引(銀行から借りたお金で投資をすること)がしやすくなるなど、メリットは数え切れないほどあります。

お金が貯まった時に一括完済or随時繰り上げ返済のどちらがお得か

多くの個人向けキャッシングサービスでは、「残高スライドリボルビング方式」という利息の計算法を用いています。

これは、”元金(元々借りた金額)の残りをもとに、1日単位で利息を加算する“という方法です。

「契約書記載の約定返済額」=「元金への充当分+利息」となり、返済するたびに元金は減っていくので、これに合わせて利息は減っていきます。

 

ここから言えることは、

お財布に余裕ができ次第、随時返済に充てるべき

ということでしょう。

 

それでは最後に、一括完済・繰り上げ返済時の注意点を述べます。

利息+ATM手数料を必ず確認すること

完済・繰り上げ関わらず、カードローン会員サイト内にて「元金と利息の合計」を確認しておきましょう。

返済にATMを利用する場合は、その利用手数料も考慮しなければいけません。

 

ポイントは、返済する当日・直前に確認しておくことです。

消費者金融の店舗ATMならば、店頭でも「支払うべき総額」を簡単に確認できるので、まとめて返したい人にはおすすめできます。

関連記事

  1. 基礎知識

    上手に利用したいSMBCモビットのメリットと注意したいデメリット

    SMBCモビットはSMBCグループ傘下に入っている大手の消費者金融なの…

  2. 基礎知識

    カードローンで借入をするために必要な専用ローンカードの受け取りに注意したい

    カードローンの申込み先を検討する際には、金利や返済方法に意識が向きがち…

  3. 基礎知識

    キャッシングの無利息サービスは適用条件と意図に注意しよう

    キャッシングを申し込む際に、金利条件が同じであれば、無利息サービスが付…

  4. 初めての利用

    無利息キャッシングサービスを提供している業者と利用する時の注意点

    銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りると、金利…

  5. 基礎知識

    即日融資のカードローンはメリット満載。あなたに最適なカードローンは?

    消費者金融の即日融資という言葉を聞いたことありませんか。申込をしたその…

  6. 基礎知識

    学生がカードローンでお金を借りられる条件・方法の徹底解説

    学生がキャッシングするための大前提カードローン会社と契約出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. その他

    ソーシャルゲーム課金と債務整理・上手にゲームと付き合おう
  2. 初めての利用

    家族に知られず借金をしたい!カードローンの郵送物を止める方法について
  3. 返済

    消費者金融の返済日に返済できなかったら
  4. カードローン 状況別

    完済後or利用予定のないカードローンは解約すべきか?
  5. 銀行

    銀行カードローンを利用する際にはメリットだけでなく問題点も把握しておきたい
PAGE TOP