カードローンとフリーローン比較

その他

カードローンとフリーローンを様々な側面から比較してみた

銀行では、様々な種類の融資商品を扱っています。

カードローンなどもその1つですが、それはたまにフリーローンと比較されているのです。

両者は、確かに似ている一面はあります。

利用目的などの共通点はありますが、様々な違いがあるのも事実です。

プロミスのアプリローン

 

銀行が提供する目的限定型の商品

 

ところで銀行としては、利用目的をある程度限定している融資商品を取り扱っています。

例えば、住宅ローンなどは利用目的は自由ではありません。

あくまでも住宅購入の資金に関するお金を、銀行が貸し出ししている事になります。

したがって住宅ローンで借りたお金は、別の利用目的で使う事はできません。

それと教育ローンや自動車ローンなども、同じく目的限定型の融資商品に該当する訳です。

 

特に利用目的が限定されない

 

それで冒頭でも触れた2つのローン商品は、どちらも利用目的が限定されていません。

基本的には、使い道は自由になる訳です。

例えば生活資金などの為に使う事は可能ですし、もっとプライベートな目的で利用する事もできます。

フリーローンとカードローンは、その利用目的は共通している訳です。

 

事業資金などは話は別

 

ただしフリーローンもカードローンも、事業資金などに使うことはできません

個人の方々は、たまに事業を営んでいる事はあるでしょう。

その際に資金が必要だとは言っても、上記2つの融資商品で借りるのは難しいのです。

それと投資目的の資金も同じです。

投資を行うためには、やはり予算を確保する必要はありますが、それにも使うことはできないローン商品になります。

 

借りる回数に関する制限の違い

 

ですからカードローンとフリーローンには、そのような共通点はあります。

しかしその2つの融資商品は、利用回数に関する違いはあるのです。

というのもカードローンの場合は、何回でも利用できる商品になるのです。

例えばある時に、ある銀行から30万を借りたとします。

それで返済がある程度進んで、残額が5万円近くになりました。

そういう状況でも、カードローンでは追加融資は可能なのです。

それが、この商品の特長の1つと言えます。

ところがフリーローンの場合は、それは原則困難なのです。

というのもフリーローンは、残額がゼロになった段階で新たに借りる事ができる商品だからです。

したがって、借りる回数は原則1回になります。

ですから残額にかかわらず柔軟に融資を受けられるのは、カードローンの特長と言えるでしょう。

 

金利はフリーローンの方が低め

 

逆にカードローンにも、1つデメリットはあります。

全体的には、カードローンの方が金利は高めに設定されている点です。

現に最大金利に着目してみると、それを実感できる場合があります。

カードローンの最大金利は18%前後と設定されている事も多いですが、フリーローンは17%台というパターンも目立ちます。

ですから全体的には、若干フリーローンの方が低めとは言えるでしょう。

 

銀行によって例外はある

 

しかし、それも銀行次第ではあります。

全てのカードローンの商品が、フリーローンより金利が高い訳でもありません。

一部の銀行は、カードローンの方が実質的には金利が低い事もあります。

 

カードが発行されるかどうか

 

また両者には、カードの有無に関する違いもあるのです。

そもそもカードローンというのは、その名称通りカードは発行される事になります。

銀行によっては、即日でカードを発行してくれる事もあります。

ところがフリーローンの場合は、特にカードが発行される訳でもありません

基本的には申込書などを交わした上で、融資や返済などの手続きを行っていく事になります。

それが理由で、カードローンの方が便利だと高く評価される事もあります。

カード媒体がある方が、色々と便利だからです。

 

自動融資の機能の有無

 

そしてこの点が一番大きいのですが、カードローンには自動融資の機能が完備されています。

いわゆる残高不足を回避できる便利な機能なのです。

例えば現在の銀行の口座残高が、3万円だとします。

ところがある時に自動引き落としが発生し、5万円という請求額だとします。

もちろんそれでは、残高が2万円ほど不足する事になるのです。

それでは、少々面倒な事になりかねません。

ところがカードローンの場合は、自動融資がありますから、自動的に2万円が口座に融資される事になるのです。

それで残高不足に関するリスクを、とりあえず回避する事ができます。

逆にフリーローンという商品には、そういう機能は完備されていません。

残高不足の回避が可能という理由から、カードローンの方が便利だと高く評価される事もあります。

 

カードローンの方が便利な理由

 

ですからカードローンとフリーローンは、色々と違う点もある訳です。

利用目的などの共通要素はあっても、細かな点を比較してみれば、両者は全く異なる融資商品と言えるでしょう。

それで総合的な要素を考慮すると、カードローンの方が使いやすいとの声も多いです。

様々な理由で、とても柔軟に利用する事が可能だからです。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローンとフリーローンを様々な側面から比較してみた
  2. 土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント
  3. 「フリーローン」とは?まとまったお金が必要なときにおすすめ!…
  4. カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前…
  5. 奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング…
  1. その他

    お問合せはこちらからどうぞ。
  2. 基礎知識

    上手にカードローンを利用するための返済計画の立て方
  3. 手続き

    大手の消費者金融で収入証明書不要の即日キャッシングをする事について
  4. 手続き

    カードローンの借り入れ時に必要な書類と詳細。いつどうやって出すの?
  5. 基礎知識

    カードローンの借り換えの3つのメリットと借り換えをした方がいい人の3つの条件
PAGE TOP