銀行

銀行カードローンを利用する際にはメリットだけでなく問題点も把握しておきたい

銀行カードローンを利用すれば、総量規制対象外という利点を生かして、消費者金融からは借り入れ出来ない利用限度額設定を行なってもらえる可能性があります。

複数の貸金業者から借り入れを行う必要が無いので、1社からの融資で全てを賄えるでしょう。

 

しかし、銀行カードローンが万能というわけではなく、問題点を把握した上で適切に利用してこそ完済に向けて着実な返済が可能となります。

銀行の融資条件として口座開設が必要な銀行がある

消費者金融や信販会社とは異なり、銀行カードローンは自らの銀行口座開設を条件としている銀行が少なくありません。

口座開設数を増やせるだけでなく、給与振込口座として指定してもらえるキッカケとなるので、銀行カードローン開設が実質的にはメインバンクの乗り換えキャンペーンとなっている可能性があります。

 

銀行カードローンを利用する際に、専用ローンカード発行を必須とする銀行ならば、口座開設が絶対条件とはされない傾向があります。

しかし、総合口座として普通預金口座を開設させてカードローンでも利用出来る共通キャッシュカードが発行される場合には、口座開設をしない限り銀行カードローンの審査に進むことすら出来ません。

 

返済方法として銀行口座からの自動引き落としが行われるだけでなく、随時返済であってもキャッシュカードを利用した返済が行われます。

総合口座を作成すれば、完済後であってもそのまま預金口座を残してもらえる可能性が高いので、長期的に様々な商品案内も可能となります。

銀行カードローンのみ利用したいと考えている場合には、専用ローンカードが必ず発行される銀行から選ぶと良いでしょう。

審査に多くの時間が必要となる

銀行カードローンの申込みは、即日審査に対応している銀行数はさほど多くないので、審査に数日かかるだけでなく専用ローンカードの郵送に更に1週間程度かかることは珍しくありません。

消費者金融とは異なり、多くの銀行では自動契約機コーナーの設置をしていないので、一部消費者金融から業態転換した銀行カードローンやテレビ窓口を開設している一部都市銀行以外では、専用ローンカードの発行を即日行うことは難しいでしょう。

 

既存のキャッシュカードをそのままカードローンにも利用できるメニュー追加で対応している銀行以外では、申込みから実際の借り入れまで1週間程度は余裕を持った状態で申込む必要があります。

銀行は無担保貸し付けに対する即日審査へのノウハウ蓄積が、消費者金融ほど多くは無いので、保証会社との連携が必要となるために消費者金融よりも審査時点で保証会社が間に入るなど、1クッション多くなります。

必ずしも低金利とは限らない

消費者金融のカードローンは金利が高くて、銀行カードローンならば低金利という考え方は、全てが間違いではなく一般的には合っています。

しかし、利息制限法に基づく法定金利引き下げが行われて以降、低金利化が進んでいるので、必ずしも銀行カードローンならば低金利とは限りません。

 

消費者金融の中には、一部の銀行よりも低金利で貸し付けを行う金融商品を出している会社も登場しているので、実際の金利を比較してから申し込み先を選ばないと高金利に悩まされる可能性があります。

また、銀行カードローンの中には、利用規約を確認した段階で設定される金利が変動型となっているケースに注意が必要です。

 

同じ利用限度額であっても、申込者の与信力により設定される金利が異なる銀行が少なくありません。

上限金利は決まっているものの、低金利で融資をする際には制限が無いので、金利設定が利用限度額ごとに固定されていない銀行カードローンを選ぶ際には、自らの与信力次第では高金利となる可能性を知った上で申込みを行う必要があります。

利用限度額が大きいので借りすぎに注意

銀行カードローンは、銀行法に基づく貸し付けですから、貸金業法で定められた総量規制対象外です。

年収の1/3を超える貸し付けであっても、審査に通過さえすれば銀行による独自の判断で貸し付けが可能となっています。

 

多重債務者を増やさないために改正貸金業法が完全施行されて、総量規制が定められましたが、銀行に適用されないことから銀行カードローンを利用している人の中に借りすぎている人が含まれるようになっています。

利用限度額として設定されている金額は、個人の預金ではなく借金可能な限度額に過ぎないことを強く意識しなければ、借金額が増えてしまうでしょう。

 

利用限度額設定が大きいからといって、あといくら借りられるといった考え方をしてしまうと、いつまでも完済に至らずに常に借金漬けの状態に陥りかねません。

銀行カードローンの多くは、消費者金融よりも低金利であって、利用限度額が大きく設定されている人ほど貸付金利も低いからといって借りすぎは問題です。

 

銀行カードローンであっても、年収の1/3を超える借り入れをせずに済むように、常に借金総額を把握しながら利用する必要があります。

関連記事

  1. 銀行カードローンvs消費者金融

    消費者金融

    消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?

    比較されやすい2つの無担保ローン急な出費や生活費の不足時など、個人…

  2. 銀行

    キャッシング先に銀行を選ぶ時には下調べが必要です

    キャッシング先を選ぶ際には、低金利融資が受けられる銀行を優先的に考える…

  3. 消費者金融

    キャッシングをする時に収入証明書の提出が不要になる条件は?

    大手銀行のカードローン、ネット銀行のカードローン、大手の消費者金融など…

  4. 消費者金融

    2種類の即日キャッシングはどちらがおすすめか

    即日キャッシングは、大きく分けると2種類あります。銀行もしくは…

  5. カードローンの金利は複数の要因で決まる

    消費者金融

    カードローンの金利は複数の要因で決まる

    カードローン商品を比べていると、金利が高い商品は年18%で貸付が行われ…

  6. 銀行

    15%以下の低金利で設定されているオススメの銀行カードローン3選

    カードローンのサービスは銀行や消費者金融が提供しています。今す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 返済

    カードローンの返済時に随時返済を組み合わせるとお得になる
  2. お金に関する怖い話

    審査のゆるいカードローンに注意!保証会社とは何か?
  3. 銀行

    15%以下の低金利で設定されているオススメの銀行カードローン3選
  4. 初めての利用

    土日に即日キャッシングする方法とカードローン会社一覧
  5. 基礎知識

    カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前に知っておきたいこと…
PAGE TOP