初めての利用

自宅への郵送物なしでキャッシングをするための方法

キャッシングでお金を借りるということは、できれば他人に知られたくないと思う人は多いのではないでしょうか。

やはり借金をするというのはイメージがあまりよくありませんし、家族なら余計な心配をかけたくないということもあります。

 

キャッシングでお金を借りていることがバレてしまう原因として多いのが自宅へ届くキャッシング会社からの郵送物です。

しかし、大手の消費者金融なら自宅への郵送物なしでお金を借りることもできます。

契約書類や明細書の郵送をなくす

郵送物なしでお金を借りるには、まずはキャッシングの契約書類や明細書が自宅に届かないように設定することが大切です。

契約書類とは、最初に申し込みをして審査に合格した後にキャッシング会社とやり取りをする書類のことです。

明細書とは、お金を借りたときや月々の返済を行った明細のことです。

 

契約書類や明細書の発行なしでキャッシングをすることはできませんので、これらの書類をインターネット上で見る設定にすることで自宅へ届かなくできます。

最初の申し込みのときに書類の受取方法を選ぶようになっていますので、WEB上で確認する設定にしておきましょう。

ATMを使うためのカードの郵送をなくす

消費者金融のキャッシングは決められた限度額の範囲内で自由にお金を借りられるようになっています。

お金を借りる方法はカードを使ってATMで現金を引き出したり、銀行振込で口座に振込をしてもらったりします。

 

ATMを使うためのカードは、特に指定しなければ後日自宅に郵送で送られてきてしまいます。

このカードの郵送をなくす方法としては、自動契約機でカード発行をするという方法があります。

ネットから申し込みをして審査に合格したあとに、カードの受け取り方法として自動契約機で発行する方法を選べば、自分からカードを受け取りに行くことになりますので自宅には郵送されないというわけです。

 

もうひとつの方法は、カードの発行自体をなくして、銀行振込み専用で利用するという方法です。

プロミスのカードレス取引やSMBCモビットのWEB完結などがこれに当てはまります。

 

毎月の支払いは遅れずにする

郵送物なしでキャッシングを利用するときに注意したいのは、毎月の支払いを必ず遅れずに確実に行うということです。

キャッシングの月々の返済期日に遅れてしまうと、キャッシング会社から支払の催促の連絡が入るようになります。

 

督促の方法は、電話での連絡やハガキなどの郵送があります。

自宅への郵送物なしの設定にしていても、督促のハガキは届きますので、郵送物を完全になくしたいなら、毎月の返済期日に遅れないように支払うことが大切です。

関連記事

  1. 基礎知識

    スマホアプリでスムーズ&秘密でキャッシング!おすすめカードローン2種の紹介

    じぶん銀行カードローンじぶん銀行とは、携帯電話キャリアのau・三…

  2. 銀行カードローンと消費者金融の違い

    初めての利用

    銀行カードローンと消費者金融の違いを理解して使い分けよう

    カードローン商品を提供している金融業者は、消費者金融だけでなく銀行カー…

  3. 初めての利用

    カードローンでお金を借りるときに必要な書類とは?勤務状況別の解説

    会社員の必要書類必ず求められるのは、周知のとおり”本人確認…

  4. 初めての利用

    スマホでカードローンを契約する手順を解説します

    最近カードローンは、申し込みからキャッシングまでスマホがあれば自宅から…

  5. 手続き

    カードローンの借り入れ時に必要な書類と詳細。いつどうやって出すの?

    カードローン・キャッシングの契約に必要な書類カードローンやキャッシ…

  6. その他

    信用情報機関は何を記録しているか…金融会社が照会できる全情報について

    申込者属性信用情報機関には、もちろん氏名・住所・年齢・職業…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 職業・性別

    カードローンの申込み先選びは自営業ならば慎重に
  2. 返済

    無理のない返済計画
  3. その他

    キャッシングしていた人向け・住宅ローン審査で落ちやすい要素まとめ
  4. 返済

    キャッシングは返済方法次第で返済総額が変わる
  5. その他

    “借金で苦しむ人”の傾向・上手なお金との付き合い方
PAGE TOP