基礎知識

消費者金融からいくら借りられるか不安な人へ…限度額審査についてのまとめ

”スーパーホワイト”とは何か・いくらから借りられるのか

スーパーホワイトと呼ばれる属性の人は、非常に限られてきます。

確実にこの属性となる人の特徴を上げてみましょう。

  • ご自身名義の預金口座を開いたことがない
  • 同じく、携帯電話を自身の名義にしたことがない
  • 奨学金貸与を受けたことがない

 

これらから簡単に予測できると思いますが、「独立したばかりの新社会人」が主な該当者となります。

クレジットカード(特に海外旅行保証が充実しているもの)を作るにあたっては不利な要素となりますが、カードローン契約をしたり、消費者金融から一時的にキャッシングする上では、意外にも「有利」となります。

スーパーホワイトは30〜50万円から借りられる

ポイントは、申込者の将来性にあります。

まだ若く・今後収入が増えて高額取引が期待できること、ご両親などの支援により可処分所得(収入から生活費を差し引いた額)が大きいことが、より良い顧客の属性と考えられるのです。

 

しかし、実際に貸付を行わないと、その人の金銭管理能力は分かりません。

ひとまず、年収に合わせて30〜50万円の枠から審査可決となるのが一般的です。

返済状況さえ良ければ、限度額引き上げの勧誘を受けることもしばしばあります。

 

ここまでのことをまとめると、お若いかたが「まだ独立したばかりだから、お金は借りられないかも」と心配する必要は全くありません。

支払い遅延・任意整理記録がある場合は

この場合、そもそも借りられる金融会社が限られてきます。

保証会社が2社付いている楽天銀行カードローン・オリックス銀行カードローン、そのほかネットバンク系でのキャッシングに絞る必要があるでしょう。

審査に通るとしても、”お情け枠”と呼ばれる10万円の範囲内で可決となる場合がほとんどです。

利用限度額引き上げの勧誘がきたらどうすべきか

結論から言えば、限度額引き上げ勧誘には、安易に乗るべきではありません。

追加でキャッシングをしなくても、カードの利用可能枠が増えた時点で、総量規制(年収の1/3までしかお金を借りられないという法律)の計算に入ります。

借りもしないのにカードローンの限度額を引き上げると、「新しくクレジットカードが必要になった」「ショッピングローンを組みたい」といったシーンで、審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

 

また、利用額引き上げ勧誘に乗り続けた結果、債務が増えて首が回らなくなったという人も少なくありません。

最初に審査可決した額のなかで、計画的に利用するのがおすすめです。

関連記事

  1. 基礎知識

    カードローンと学生の関係は就職時にも影響が出ないことを前提にしたい

    裕福な家庭に生まれ育った一部の人を除いて、学生は常時金欠に悩んでいても…

  2. 消費者金融 電話

    利用中の方

    知っておけば怖くない。消費者金融から電話がくる4つのケース

    消費者金融からの電話消費者金融から電話がかかってくることがあると聞…

  3. 初めての利用

    消費者金融でキャッシングをする時に勤務先への電話なしで在籍確認してもらう方法は?

    消費者金融でキャッシングをする時は申込時に個人情報や勤務先情報を申告し…

  4. 初めての利用

    収入証明書不要となる基準を事前に確認して即日キャッシングを受けましょう

    キャッシングを行なう際には、多くの場合で収入証明書として給与明細書や源…

  5. 初めての利用

    無利息キャッシングサービスを提供している業者と利用する時の注意点

    銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りると、金利…

  6. 基礎知識

    総量規制の対象となっている消費者金融でお金を借りるメリット

    総量規制とは貸金業者から借りる事が出来る金額を制限する規制で消費者金融…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 基礎知識

    闇金と消費者金融の見分け方-人生を破たんさせないための基礎知識
  2. 返済

    「約定返済額」に惑わされない!利息を意識して返済しよう
  3. 初めての利用

    消費者金融にキャッシングの申し込みをスマホ完結で行う3つのメリット
  4. 初めての利用

    土日に即日キャッシングする方法とカードローン会社一覧
  5. キャッシング会社

    キャッシングを比較する上での様々な基準
PAGE TOP