その他

生活費に困るほどお金がない…収入がほとんどない人の緊急手段まとめ

ショッピング枠の現金化サービス

結論から述べると、「ショッピング枠の現金化」を謳う会社は、絶対に利用してはいけません。

一度だけであれば発覚する可能性は低いのですが、常習化すると「この人は違法にカードを使っているのではないか」とクレジットカード会社に疑われます。

 

これが理由でカード利用停止となる人も存在し、その場合は信用情報機関へと通達される可能性もあります。

この場合、キャッシング・新規カードローン契約の一切が出来ません。

まだ利用枠の残っているキャッシング用のカードも、融資を停止される可能性があります。

携帯電話のキャリア決済

どこからもキャッシングできない場合の非常手段として、携帯電話キャリアが発行しているプリペイドカードを利用するという方法があります。

現在発行されているプリペイドカードは、以下の通りです。

  • dカードプリペイド(ドコモ)
  • au Wallet
  • ソフトバンクカード

 

キャリアの利用歴・支払い実績に応じて、1~5万円ほどの決済限度額が定められています。

ここからプリペイドカードにチャージをして、クレジットカードと同様に使うという方法があります。

注意事項

自己破産や個人再生の申立てが決まっている場合は、この方法はとれません。

そもそもこれら法的債務整理とは、「申立てを決意した時点へ返済不能であり、それ以上借金をするのは相手をだます行為である」と解釈されるからです。

キャリア決済もキャッシングの一種であり、場合によっては携帯電話契約の解除もあり得ます。

生活保護受給者はカードローンを使えるのか

これらの事実を伝えた時点で、審査に落ちるだけでなく・信用情報機関にも登録されると考えましょう。

年収103万円以上の収入が見込める職に就いていなければ、受給の事実をごまかすことはできません。

この場合は、新たに借りるよりも行政の制度・法テラス相談をフルに活用しましょう。

生活保護受給者が受け取れるお金

滞納している税金がある場合、これを払うためにキャッシングする必要はありません。

マイナンバー制度の導入もあり、生活保護を受けているという事実が税務署その他各係でも把握されているからです。

万一督促状が来た場合は、受給中である事実を伝えると「免除」の処理をしてもらえます。

 

そのほかには、引っ越し資金・家電や家具の購入資金・アパートの修繕費など、行政で支援してもらえるケースは数多くあります。

受給の事実を隠してキャッシングする前に、かならずケースワーカーに相談しましょう。

収入・失業保険なしで借金が払えなくなってしまったら

この場合、無理にお金を調達する必要はありません。

すぐに法テラスへと連絡をして、弁護士に相談しましょう。

 

督促の停止~自己破産までの手続き・生活保護受給手続きを同時に進めてもらえます。

生活保護受給までの間に新たな債務を作ってしまった場合、それを理由に受給を断られることもあるので、迅速に対処しましょう。

関連記事

  1. その他

    多重債務者とは?

    消費者金融を利用している人が借金の返済が「自転車操業になって多…

  2. その他

    過払い金請求の条件とは?

    「過払い金請求」最近いろんなポスターでこの…

  3. その他

    おまとめローンのメリットとデメリットを知って賢く利用する

    現在は消費者金融、銀行の両方でキャッシングが行えるようになっており、お…

  4. その他

    ファクタリングとはどのようなサービスなのか

    多くの企業には、売掛金があります。それで企業がお金を調達する際…

  5. お金に関する怖い話

    闇金業者などの種類について。

    お金を借りたいという人がだまされやすい闇金などの悪徳業者にはどのような…

  6. その他

    個人がカードローンで借りた際の信用情報を開示する方法

    カードローンでお金を借りた時は、いくら借りた、または支払い状況はどうな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 審査の甘い消費者金融

    初めての利用

    キャッシング審査が甘いと感じるのは相対的な比較を行った場合に限られる
  2. 消費者金融 電話

    利用中の方

    知っておけば怖くない。消費者金融から電話がくる4つのケース
  3. 銀行

    キャッシング先に銀行を選ぶ時には下調べが必要です
  4. 消費者金融

    できるだけ低金利の消費者金融は?
  5. カードローンの金利は複数の要因で決まる

    消費者金融

    カードローンの金利は複数の要因で決まる
PAGE TOP