フリーターとキャッシング審査

初めての利用

フリーターでもキャッシングの審査に通るのか?

キャッシングはひと昔前までは「サラ金」とも呼ばれ、サラリーマンがお金を借りる場所というようなニュアンスで使われていました。

つまり社会的な信用のある正社員が利用することが一般的だったわけですが、働き方の多様化により正規社員だけでなく非正規で働く人が増えた現代では、より利用者の間口が広がり、その仕組みも変わってきているのです。

キャッシングの基準は安定した収入があるかどうか

収入が低めのフリーターの方はそもそもキャッシングを利用出来ないと考えている方もいますが、そのようなことはまったくありません。

現在の消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングにおいては、利用者を正社員など雇用形態でくくることはなく、安定した収入があるかどうかを申し込みの基準にしているところがほとんどです。

 

そのためフリーターや自営業者、主婦などであっても定期的に安定した収入さえあればキャッシングの申し込みが可能な金融機関は多くあります。

銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査が甘い?

よく銀行は審査が厳しく、消費者金融は審査が甘いというようなことを耳にしますが、果たして本当なのでしょうか?

確かに銀行カードローンと消費者金融を相対的に見た場合に審査の面において銀行の方が厳しいということは言えるかもしれません。

 

利息や限度額などを見ても、良い条件が用意されている銀行カードローンはそのぶん利用者の信用が重要になってきます。

良い待遇を維持するためには貸し倒れはもちろん返済の遅延などがなるべくないように、あらかじめ利用者を選ぶ必要があるためです。

だからといって消費者金融の審査が甘いというわけではありませんが、銀行カードローンの審査がより厳しいという見方はできます。

消費者金融でキャッシングを行なう場合には総量規制に注意!

銀行カードローンと比べると利息が高めの消費者金融は、短期的なキャッシングをすることが返済額を抑えるコツになります。

消費者金融を初めて利用するという方は「無利息期間」を利用できる会社も多くあるため、むしろ短期的なキャッシングを行なう場合には銀行カードローンよりも消費者金融の方がお得になることもあるのです。

ただし消費者金融を利用するうえで注意しなくてはいけないのが「総量規制」の問題です。

 

消費者金融からキャッシングを行なう場合には「借り入れ額は年収の1/3以内まで」という決まりがあります。

利用者の無理な借り入れを防ぎ、貸し倒れリスクを回避するための決まりですが、収入が低くなりがちなフリーターの方にとってはこの「総量規制」がキャッシングをするうえでのネックになります。

関連記事

  1. 初めての利用

    カードローンではカード受け取り方法に注意しよう

    カードローンの申込みを行なう際には、実際に専用ローンカードの受け取り方…

  2. 銀行カードローンvs消費者金融

    消費者金融

    消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?

    比較されやすい2つの無担保ローン急な出費や生活費の不足時など、個人…

  3. 審査の甘い消費者金融

    初めての利用

    キャッシング審査が甘いと感じるのは相対的な比較を行った場合に限られる

    多くの金融業者の中からキャッシング先を選ぶ際には、金融業者の分類別に比…

  4. 消費者金融 専業主婦の体験談

    その他

    消費者金融で目が覚めた!?専業主婦の決意!【体験談】

    専業主婦で、消費者金融からお金を借りた経験のある方から、体験談をいただ…

  5. 消費者金融

    貸金業者を規制する法律、貸金業法とは?

    お金を借りる時には、借り先がどんな会社か慎重になる必要があります。 …

  6. 初めての利用

    キャッシングに必要となる書類について

    本人確認書類の必要性についてキャッシングには審査が存在…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. その他

    キャッシングしていた人向け・住宅ローン審査で落ちやすい要素まとめ
  2. 職業・性別

    主婦がカードローンでお金を借りるには?すべて教えます。
  3. 消費者金融

    消費者金融の金利っていくら?
  4. 基礎知識

    カードローン選びは返済方法に着目する方法もおすすめ
  5. 外国人がお金を借りるための基礎知識

    基礎知識

    外国人がお金を借りるための基礎知識
PAGE TOP