職業・性別

安定した収入の意義〜パートで勤務中の人が借金するときの心得

“安定した収入”の意味

多くのローン会社で、「安定した収入」が求められます。

この漠然な表現ですが、実際には下記の意味を含みます。

  • (他社を含む)約定返済額により、生計を圧迫しない
  • 過去の実績(在籍年数)から見て、今後も長期継続して働ける

 

しかし、この審査基準も揺らぎつつあります。

2017年現在の事情を述べれば、総量規制(年収の1/3までしか借入をしてはいけないという法令)にも関わらず、自己破産者が増えているという事情があります。

 

これを受けて、

  • 銀行系カードローン:自主的に総量規制審査の導入
  • 消費者金融系:収入に関わらず、他社借入との合計が社内基準を超える場合、審査強化
  • 全ての金融会社:在籍年数よりも雇用形態を重視

などといった対策が講じられようとしています。

 

特に、短時間労働を前提とするパートタイマーの審査は、厳しくなる一方のようです。

パート勤務の審査事情・確実に審査を通したいなら

結論から言えば、「パートで審査を確実に通したいなら、初回契約時の希望限度額は30万円まで」です。

理由として、総量規制が挙げられます。

 

パート勤務のかたのほとんどは扶養範囲内(年収103万円以内)で勤務しており、これを3で割ってキリのよい数字にすると、ちょうど30万円になります。

例外として、配偶者の収入証明書を提出することにより〜50万円まで契約できる可能性がありますが、「借主の配偶者には、返済の義務はない」ことも理解しておきましょう。

 

あくまでも申込者本人の資力に基づいて審査するのが、今後のカードローン・キャッシング会社の動きとなります。

在籍確認で”パート”は調べられる?

在籍確認で雇用形態を調査されることはありません。

左記の申告については、あくまでも申告者ベースです。

しかし、「正社員」などと意図的に誤った申告をした場合のペナルティは存在します。

雇用形態を偽った時のペナルティは

ペナルティが起きるのは、返済遅延・債務整理などの事故を起こした場合です。

特に、督促電話に出ない・無断で引っ越しをするといった不誠実な態度をした場合は、早期の訴訟にいたることもあります。

返済に困った場合は、借入時にウソの申告をしたことは一旦隅において、迅速に法律家を通しましょう。

 

弁護士・司法書士は、「雇用形態を偽ってでもキャッシングしなければいけなかった事情」をストーリー化するお手伝いも請け負ってくれます。

これを伝えることで金融会社側の心証がよくなるので、最悪の展開は免れることができます。

関連記事

  1. 職業・性別

    事業資金の借り入れ、成功のポイントは?

    事業資金に困ったら会社をやめて起業、経営者にお金の悩みはつきもので…

  2. 職業・性別

    主婦がカードローンでお金を借りるには?すべて教えます。

    主婦がカードローンでお金を借りるには?主婦だけどカードローンでお金…

  3. 職業・性別

    スマホ完結で借りられるカードローン。スマホキャッシングの方法は?

    こんにちは。消費者金融の常連…というと、聞こえは悪いかもしれません…

  4. 初めての利用

    パート主婦にもオススメ!キャッシングで借入もラクラク

    急にお金に困ることってありますよね。そんな時に役立つのがキャッ…

  5. 職業・性別

    個人事業主でもキャッシングできる!審査内容の徹底解説

    企業に所属していなくても借りられるのか個人事業主(屋号有り…

  6. 初めての利用

    カードローン在籍確認の実際の流れと水商売&風俗店勤務者の押さえるべきポイント

    在籍確認の概要キャッシング・カードローンの契約において、1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. カードローンとフリーローン比較

    その他

    カードローンとフリーローンを様々な側面から比較してみた
  2. 初めての利用

    キャッシング契約時に職場に対して電話なしで審査を行えるか
  3. 消費者金融

    消費者金融の金利っていくら?
  4. 基礎知識

    カードローン審査を徹底解説!これを読めば審査の悩みは吹き飛ぶ!
  5. キャッシング会社

    銀行系カードローン問題の解説・注目の「新生銀行レイク再編」について
PAGE TOP