手続き

キャッシング審査における「勤続年数」の重要性

「勤続年数」はウソを書いてもいいのか

新入社員・入社半年?1年以内のかたがキャッシング審査に申し込むとき、「勤続年数が短いことを理由に審査落ちしないか」懸念されるようです。

ここで仮にウソをついてしまった場合、どうなるのでしょうか。

 

まず、在籍確認で虚偽申告が発覚する例は皆無と言えます。

左記においては、申告の会社・部署に在籍しているか確認するのみで、それ以上の情報は調べられません。

 

注意すべきは、50万円以上の契約を希望する場合・他社と合わせて100万円以上の借入を予定する場合です。

この時かならず収入証明書が必要となるので、所得証明書・源泉徴収票などから虚偽が発覚してしまいます。

 

一旦虚偽申告が発覚すると、ローン会社はそれ以上審査を進めません。

3?6ヶ月間の間は審査落ちの情報が登録され、信用情報機関にも「キャッシングに申し込み、このような基準で審査に落ちた」という内容の登録がされます。

この期間内にうかつに他社にキャッシングの申し込みをすると、経済的に逼迫した状況をローン会社側に予測されてしまい、審査に入る前に契約を断られる可能性が高くなります。

 

このようなことを踏まえて、出来るだけ正しい申告を心がけたいものですが…そもそも「勤続年数」は、審査基準のなかでどの位のウェイトを占めているのでしょうか。

審査は「総合的に見て判断」される

キャッシング審査においては、機械的に数字で判断するような基準は設けられていません。

申告した全ての情報をもとに「完済まで支払いに無理のない状況が続きそうか」を人の目で確認しています。

 

例えば、「勤続年数が長く収入も高いから審査に通る」とは到底断言できません。

申込者の年齢・家族構成・住まいと家賃などから総合的に判断をして、生活に無理がある/将来にわたって収入が途絶えない状況でないかなど、申し込み時~完済までの収入と返済のバランスを予測して審査をします。

お若くて勤続年数が短く・収入も平均的であったとしても、実家にお住まいのかた・家賃に無理のないかた、他社の返済状況において一定の信頼のあるかたは、「総合的に見て信頼のおける人物」と判断される可能性が高くなります。

 

勤続年数が短くてもキャッシング審査に通りやすくする一つのコツとして、「申し込み時の希望借入額を少なく申告しておく」ことです。

10~30万円の範囲であれば、申込者の金銭感覚にある程度の信頼を置いてもらえます。

 

ここで確実に審査を通し、半年?1年に渡って滞りなく約定返済額を納めていけば、ローン会社の心証もよくなり、将来的にはキャッシング枠の引き上げが期待できます。

 

振込での即日キャッシングがイイ!という方は、以下の記事でじっくりと説明しました。参考にして下さい!

関連記事

  1. 手続き

    大手の消費者金融で収入証明書不要の即日キャッシングをする事について

    大手の消費者金融で即日キャッシングをする時は本人確認書類と収入証明書を…

  2. 初めての利用

    土日に即日キャッシングする方法とカードローン会社一覧

    土日に即日キャッシングする方法とは?土日や祝日など、休日にお金が必要…

  3. キャッシング会社

    キャッシング審査に落ちる代表的な原因まとめ

    審査落ちの原因1「債務整理情報」いわゆる”ブラックリスト”、信…

  4. 社内ブラックとは?

    カードローン 状況別

    社内ブラックとは何か?債務整理経験や返済遅延のある人は要注目。

    社内ブラックの実態信用情報とは別に、一度でもキャッシングした会…

  5. 基礎知識

    カードローン審査を徹底解説!これを読めば審査の悩みは吹き飛ぶ!

    これからカードローンでお金を借りようという人が最も気になっているのは審…

  6. モビットのWEB完結申込みなら審査完了までスムーズ

    手続き

    SMBCモビットのWEB完結申込みなら審査完了までスムーズ

    勤務先への在籍確認は多くの金融業者が行いますが、会社の方針により難しい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. その他

    個人がカードローンで借りた際の信用情報を開示する方法
  2. 初めての利用

    カードローン在籍確認の実際の流れと水商売&風俗店勤務者の押さえるべきポイント
  3. 銀行

    銀行カードローンを利用する際にはメリットだけでなく問題点も把握しておきたい
  4. 手続き

    カードローンの使用用途は審査の参考にされやすい
  5. 銀行

    銀行カードローンの保証会社とは?主な仕事内容について
PAGE TOP