基礎知識

キャッシングはATMから返済したい!手数料概要・よくあるお悩みについて

返済にATMを使うメリット

キャッシングの返済にATMを使う利点は、数多くあります。

最大のメリットは、「通帳に記帳されず、家族に借金の事実がバレにくい」ということでしょう。

 

毎月の収入の振れ幅が大きく・利息分しか返済できない月があるかたにも、ATM返済は向いています。

自動振替による返済を指定している人でも、余裕のある月はATMから余分に返済できます。

 

その一方でやはり気になるのは、利用手数料ではないでしょうか。

プロミスのアプリローン

手数料がかからないのは「店舗ATM」のみ

銀行系カードローンであれば、契約している銀行のATMを使えば手数料無料となります。

一方で消費者金融の場合は、金融会社店舗内ATMでないと、その月に支払う金額の中に手数料が含まれてしまいます。

 

例としてアコムをあげると、

  • アコム店舗内ATM…手数料無料
  • 提携ATM…1万円以下は108円、1万円超は218円
    ※提携ATM:ローソン/セブンイレブン/E-net/イオン銀行/三菱UFJ銀行

このように、「店舗ATM以外からの返済は、お得ではない」と確認できます。

利息を用意するだけでもギリギリのときは

なんとか最低返済額(利息分)だけを返したい場合、「カードローン会員サイトからのネット返済」が最もおすすめできます。

会員向けのウェブサイト内であれば、利息と手数料の合計を確認できる上、1円単位で返済することができます。

ところが、ATMの場合は金融会社店舗のものでしか最低返済額を確認できない上、千円単位での入金となるのがネック。

 

仮に、返済日までの利息が3,900円だとしましょう。

4,000円入金をしたいところですが、手数料を合わせると4,008円以上、つまり5,000円入金しなければいけません。

ネット返済のデメリット

あらかじめご自身の預金口座に、ネットバンキングの設定をしておかないと使えません。

加えて、通帳に金融会社名の記帳がされてしまいます。

ここから同居家族に、キャッシングの事実がバレてしまうリスクも。

 

こうしたことが懸念事項になる場合、やはり金融会社の店舗ATMまで足を運ぶのが得策でしょう。

消費者金融の店舗に入るのが恥ずかしい…そんなときは

やむなく店舗ATMに入る場合、他人と出会ってしまうのは避けたいものです。

そこで、ATMが混雑する日を提示していきます。

 

金融業界には「十・五日(とごび)」という用語があります。

5と10の単位の日のことを指し、カードローンの毎月返済日もこれに準じることが大半です。

 

一般企業の給料日とも重なるので、返済に来る人が集中しやすい日になります。

他には、1日/27日/末日なども、毎月返済日に指定されやすく・ATMの混雑が見込まれる日となります。

 

まとめると、

  • 毎月5と10の単位の日
  • 同上1日と末日、27日

これらの日を敢えて避ければ、他人と出会わずに店舗ATMで手続きできる可能性がグッと高まります。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前…
  2. 奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング…
  3. SNSで話題の「サブカルローン」とは?
  4. 債務整理は早急に!利息だけ(最低返済額)支払い続けることのデ…
  5. キャッシングは女性のピンチに使える?…「ピンチ」時の対応方法…
  1. 職業・性別

    個人事業主のローン選び。事業用資金や生活費借り入れはどうする?
  2. 職業・性別

    専業主婦OKのカードローン。即日審査で即日融資も可能!
  3. 基礎知識

    カードローンの利用限度額を左右するポイントを押さえておきたい
  4. 基礎知識

    SNSで話題の「サブカルローン」とは?
  5. 基礎知識

    キャッシングはATMから返済したい!手数料概要・よくあるお悩みについて
PAGE TOP