職業・性別

カードローンは無職に厳しいものの例外があります

カードローンの審査に通過するためには、本人に一定の収入がある必要があります。

無職の状態では、収入が無いためにカードローンの審査に通してしまうと、借入のみ行い返済不能に陥り債務整理に直結しかねません。

 

金融業者は、金利を設定して貸付利息を取って利益を出しているので、安定した収入があり返済能力があると認められる人に限定して融資を行なうわけです。

カードローンを借りられない理由を把握しておく

カードローンの審査に通過する条件は、金融業者により異なります。

銀行と消費者金融では、貸付根拠となる法律自体が異なるので審査内容や貸付額に関する規制もまるで違うわけです。

 

貸金業法を適用した貸付を行なう消費者金融では、総量規制により年収の1/3迄の貸付しか出来ません。

本人の収入が無い無職ならば、貸付可能額が自動的に0となるでしょう。

 

銀行カードローンであっても、収入に基いて返済能力を審査するので、無職でありながら安定した収入があると証明出来ない限りは審査に通すことはありません。

しかし、無職ならば全てのカードローン審査に通過できないかといえば、実際には返済能力があると認められれば審査基準を満たすことがあります。

 

カードローンの審査に通過するかどうかは、銀行カードローンでは、返済能力次第となるわけです。

カードローン審査に通る無職がある

無職の人であっても、一部の属性についてはカードローン審査に通る可能性があります。

専業主婦または専業主夫であったり、年金収入のみで生活している人で貸付可能年齢に達している人です。

 

無職であることに変わりは無いものの、配偶者に安定した収入があると認められる場合には、消費者金融ならば配偶者の同意書を条件として審査を行います。

銀行カードローンでは、配偶者の同意書は必要無く、実質的に家計管理を行っていることが分かれば十分です。

 

総量規制の適用がある消費者金融では、配偶者の同意書をもって世帯収入による審査を行なうことが可能となり、総量規制の適用対象外の銀行カードローンでは、申告のみで世帯収入による審査が可能です。

年金生活者については、定年退職または障害者年金といった制度により安定した収入があると認められれば、金融業者が別途定めた年齢制限の範囲内に限り無職であっても安定した収入が見込めるという理由でカードローン審査に通過する可能性があります。

 

無職であっても無収入ではなく安定した収入があると証明出来る場合には、審査基準に乗ることを知っておくと良いでしょう。

収入の有無と無職は別の話と知っておきたい

無職だからカードローンの審査に通らないわけではなく、安定した収入の有無によりカードローン審査は行われていると知ることが重要です。

アパート経営を行なって賃料収入を得ている人は、本人が会社勤めをしているわけではなく、実際の経営も管理会社に任せていて本人は何もしていないことが少なくありません。

 

収入額は多くても、特定の仕事に従事していないことから、無職という区分けに入ってしまいます。

資産家の中には、資産運用のみで生活をしている人もいるので、資産家ならばカードローンを利用する可能性はほとんとな無いものの、収入がある無職と言えるでしょう。

 

ポイントとなるのは、無職の状態で得ている収入が安定しているかどうかです。

例え収入が多くても不安定な投資家の場合には、安定した収入とは認められないので審査に通る可能性は少ないです。

資産家ならば、有担保ローンを利用すれば良いでしょう。

 

年金や賃料収入といった安定した収入源があれば、カードローンの審査対象となる点が重要です。

自営業者向けカードローンという選択肢もある

無職と似た評価をされてしまう職業には、自営業者があります。

自営業者は、法人化していなければ個人事業主という扱いとなるので、開業届を税務署に提出していれば、納税をしていなくても自営業者という扱いになります。

 

自営業者は、売上が収入と直接結びついているので、安定した収入とはみなされません。

カードローンの審査では、収入が毎月一定額ずつ安定して入ってくることを何よりも重視するので、例え年収が1000万円あったとしても、1月に1000万円入ってきて残りの11ヶ月は収入0という可能性すらあります。

月収10万円のアルバイトであっても通るカードローンに自営業者が通りにくいことは、毎月1回以上安定した収入が入ると見込めないからです。

 

カードローンには、個人向けと事業者向けの商品があるので、自営業者の場合には自営業者向けカードローンへ申込むことが望ましいです。

消費者金融のカードローンでは、総量規制を徹底して守る必要があるので、無職という段階で審査を通過することが難しくなります。

しかし、銀行カードローンならば、あくまでも銀行が求める審査基準に合致すればカードローンを無職であっても借りられる可能性があります。

 

申し込み前に、自身の状況を説明して収入と返済見込みはあることを説明して納得してもらえる銀行カードローンに申込むと良いでしょう。


関連記事

  1. 初めての利用

    カードローン在籍確認の実際の流れと水商売&風俗店勤務者の押さえるべきポイント

    在籍確認の概要キャッシング・カードローンの契約において、1…

  2. 職業・性別

    事業資金の借り入れ、成功のポイントは?

    事業資金に困ったら会社をやめて起業、経営者にお金の悩みはつきもので…

  3. 職業・性別

    専業主婦が利用できるカードローンは総量規制対象外

    専業主婦が利用するカードローンは、消費者金融や信販会社が一般的でした。…

  4. 職業・性別

    個人事業主でもキャッシングできる!審査内容の徹底解説

    企業に所属していなくても借りられるのか個人事業主(屋号有り…

  5. 基礎知識

    そんなあなたにおすすめ!カードローン~即日・金利・女性など~

    カードローンの新規契約者はほとんど即日融資を希望しています。クレジット…

  6. 職業・性別

    状況別カードローンランキング!あなたにピッタリのカードローンが見つかる!

    カードローンを選ぶポイントは、人やその時の状況によって違います…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  5. プロミスのカードローンは審査手続きの利便性も高い
  1. 初めての利用

    内緒で借りたい人必見!キャッシングで家族バレを防ぐ方法を徹底解説!
  2. 返済

    消費者金融の返済日に返済できなかったら
  3. お金に関する怖い話

    家族が消費者金融から借金したら?やるべき事・出来る事のまとめ
  4. 初めての利用

    大手の消費者金融4社の郵送なしでキャッシングをする方法
  5. 基礎知識

    カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前に知っておきたいこと…
PAGE TOP