職業・性別

カードローンはアルバイトであっても申込可能な会社がある

カードローンは、会社員や公務員でなければ申込み審査に通過出来ないと考えがちです。

しかし、実際にはアルバイト収入のみであっても条件次第ではカードローン審査に通過出来る可能性があると知った上で、自分に合ったカードローンを探すと良いでしょう。

なぜアルバイトであってもカードローン審査に通過出来るのか、理由を知っておくと不安な気持ちにならずに済みます。

カードローンの申込み条件にアルバイトでも可能とあれば問題ない

金融業者が募集しているカードローンは、商品ごとに募集対象が異なっていると知ることから始めると良いでしょう。

なぜなら、全てのカードローン審査にアルバイトで通過出来るわけではなく、アルバイトであっても申込可能と謳っているカードローンだからこそ通過できるわけです。

 

最初からアルバイトでも申込可能と謳っていれば、雇用形態に関して柔軟な審査を行なうと宣言をしていることになり、スコアリング審査の段階で雇用形態を理由として審査落ちさせることはありません。

しかし、誰もが必ずアルバイトでも審査に通過出来るわけではなく、返済能力の確認は必ず行われると覚悟しておきましょう。

アルバイト収入がどのように入っているのかという点を慎重に見た上で、信用情報調査と共に審査が行われます。

アルバイトならば希望利用限度額を少なめにして申込みしよう

カードローンの審査は、年収の多少よりも他社借入状況と安定した収入の有無による返済能力を判断されます。

アルバイト収入のみであっても、他社借り入れが無い状態であって、毎月一定の収入が安定して見込めるならば、収入から計算した返済可能金額に応じた利用限度額を設定することで融資可能です。

アルバイト収入のみならば、収入額に限度があるので、希望利用限度額を予め少なめにして申込みを行えば、審査に通過できる可能性が高まります。

自営業者や個人事業主は、年収が多くても毎月安定した収入があるとはみなされないので、アルバイト収入のみがある人よりも審査に通りにくいという状況が生まれるわけです。

 

カードローンの審査では、雇用形態よりも毎月いくらずつならば返済可能かという収入の安定性が重視されるので、いくら年収が多くても不安定な収入状況ならば、残念ながら審査に通りにくくなります。

アルバイトであっても、毎月決まった数だけのシフトに入れてもらえていて、最低いくらならば確実に入ってくるかという点を複数ヶ月の給与明細書で確認出来れば、審査に通過できる可能性が高まります。

 

関連記事

  1. 職業・性別

    個人事業主でもキャッシングできる!審査内容の徹底解説

    企業に所属していなくても借りられるのか個人事業主(屋号有り…

  2. 基礎知識

    カードローンの金利を徹底解説!消費者金融と銀行カードローン借りるならどっち?

    低金利のカードローンでお金を借りたいと誰もが考えていることでしょう。そ…

  3. 職業・性別

    個人事業主のローン選び。事業用資金や生活費借り入れはどうする?

    こんにちは。カードローン歴10年以上のベテラン金借りです。…

  4. 職業・性別

    専業主婦が利用できるカードローンは総量規制対象外

    専業主婦が利用するカードローンは、消費者金融や信販会社が一般的でした。…

  5. 手続き

    カードローンの申込みは転職前に行なうと有利です

    転職を控えた段階では、次の勤務先は内定状態となるので、まだ実際に就職し…

  6. 初めての利用

    専業主婦がキャッシングをする時に考えられる3つの方法

    キャッシングをする時は即日融資に対応している大手の消費者金融を利用する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 初めての利用

    無利息キャッシングサービスを提供している業者と利用する時の注意点
  2. 銀行

    銀行カードローンを利用する際にはメリットだけでなく問題点も把握しておきたい
  3. 基礎知識

    保証人をつければカードローンで借りられる?「保証」の徹底解説
  4. 初めての利用

    即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点
  5. 利用中の方

    カードローンの限度額の増額を行う際に最低限頭に入れておきたいこと
PAGE TOP