カードローン 状況別

カードローンの即日審査は事前準備をしておきましょう

カードローンの申込み先には、消費者金融だけでなく銀行や信用金庫といった金融機関もカードローン商品を積極的に展開しています。

最も審査が早いことに定評がある大手消費者金融ならば、申込みから最短30分~1時間程度で審査結果が出る会社もあります。

 

しかし、銀行カードローンの中には地方銀行のように従来と同じ審査方法を採用しているために、申込みから審査結果が出るまで3日~1週間程度かかる銀行も少なくありません。

即日審査に対応している金融業者を調べておく

すぐにカードローン契約を行いたい場合には、最初から即日審査に対応している金融業者を調べた上で申込みを行なうと良いでしょう。

インターネット経由での申込みであっても、審査可能時間帯ならば即日審査に対応している消費者金融や銀行は多いので、自動契約機コーナーへ走ることだけが即日審査を行なう手段とは限りません。

インターネット経由・自動契約機・窓口申込といった複数の即日審査可能な申込方法の中から、住んでいる地域に応じた即日審査への対応を謳っている金融業者を探すことが大切です。

 

即日審査に対応した金融業者が見つかったならば、必要書類を必ず確認した上で、収入証明書や本人確認書類など過不足が無いようにコールセンターで確認すると間違いありません。

即日審査が出来ても即日融資を受けられるとは限らない

即日審査に対応している金融業者であっても、即日融資を受けられることは別問題だと知っておく必要があります。

カードローンの申込み受付が完了した時点で審査が開始されますが、審査に通過したという連絡を受けてから、実際に即日融資を受けるためには、振込融資を受けるか専用ローンカードを即日発行してATM経由で借入を行なう必要があります。

 

振込融資の場合には、即日審査が完了する時間が平日の14時迄に限定されてしまうので、少なくとも午前中に申込み開始を行なうことが望ましいでしょう。

審査だけ先に通したいというケース以外では、即日審査と即日融資をセットで考えて行動する必要があります。

 

一方、専用ローンカードを発行する場合には、自動契約機コーナーまたは銀行テレビ窓口で借入に必要な専用ローンカードを受け取らなければなりません。

窓口申込ならば、その場で専用ローンカード発行や現金借入が可能ですが、近年は窓口業務を行っている金融業者が少ないので、現実的には自動契約機コーナーと銀行テレビ窓口を利用する方法が一般的です。

 

カードローンの申込みを行なう際には、即日審査だけ行えれば借入は後日でも良いのか、即日融資までを視野に入れた即日審査が必要なのか事前に決めておく必要があります。

関連記事

  1. カードローン 状況別

    これから生活保護を受ける人へ…カードローンはどう扱うべき?

    借金があっても受給できる生活保護受給申請の時点で借金があっても、そのま…

  2. キャッシング会社

    キャッシングを比較する上での様々な基準

    キャッシングは、色々な金融会社が提供しています。それぞれの会社…

  3. 即日キャッシング希望の方へ。

    キャッシング会社

    即日キャッシングで絶対に今日借りたい人に伝えたいこと!

    即日キャッシングをうたっている業者はたくさんありますが、誰でも必ず、そ…

  4. 社内ブラックとは?

    カードローン 状況別

    社内ブラックとは何か?債務整理経験や返済遅延のある人は要注目。

    社内ブラックの実態信用情報とは別に、一度でもキャッシングした会…

  5. 初めての利用

    即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点

    キャッシングという金融商品のメリットは、早く借りられる事です。…

  6. 初めての利用

    専業主婦に対するキャッシングの審査と在籍確認

    キャッシングの審査には、職業属性が関わってきます。このため申し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 基礎知識

    保証人をつければカードローンで借りられる?「保証」の徹底解説
  2. 初めての利用

    カードローン在籍確認の実際の流れと水商売&風俗店勤務者の押さえるべきポイント
  3. 基礎知識

    カードローンの延滞は金融事故扱いに注意
  4. 職業・性別

    個人事業主でもキャッシングできる!審査内容の徹底解説
  5. 手続き

    カードローンの使用用途は審査の参考にされやすい
PAGE TOP