基礎知識

「フリーローン」とは?まとまったお金が必要なときにおすすめ!

フリーローンとは

 

各地の銀行が提供している、目的を決めてキャッシングするタイプのローン商品です。

「多目的ローン」と紹介されることもあります。

 

フリーローンの利用目的として多いのは、以下のようなものです。

  • プライダル資金
  • 法事の開催費
  • 引っ越しに伴う家具購入費
  • 高額医療費
  • 海外渡航費(多額の資金が必要となる場合)

 

銀行の公式Webサイトでは、フリーローンと並んで住宅/車/教育ローンを紹介されています。

これらの利用目的に当てはまらないものの、個人が簡単に捻出することができない・多額で一時的な費用の貸付に応じるというのが、フリーローンの趣旨です。

フリーローンとカードローンの違い

消費者金融・銀行系カードローンとの最も大きな違いは、金利です。

前述のような個人向けキャッシング商品を利用すると、年率15〜18%となるのが普通です。

 

一方フリーローンであれば、借入金額にかかわらず年率6%以下の低金利で借りることができます(地方銀行などの例外あり)。

そのほかにも、違いは様々あります。

総量規制の対象外である

フリーローンは住宅や自動車ローンと同様に、総量規制の対象外です。

これまでは銀行系カードローンも規制対象外でしたが、2018年からは年収の1/3までしか借りられないという制限を受けてしまいます。

 

今後まとまったお金が必要になる場合、フリーローンがおすすめできます。

借りるたびに審査が必要

通常のカードローンの場合、最初に契約した金額のなかで自由に利用できます。

たとえば利用限度額50万円の場合、10万円借りてすぐに完済する・その後40万円借りてまた完済する…といった使い方を、個人の判断でATMから自由に行えます。

 

フリーローンは原則として、キャッシングするたびに審査が必要です。

例として、結婚式の費用として50万円借りたいとします。

無事に審査に通ると、まとめて50万円手にすることが出来ます。

 

そのあと旅行費としてさらに40万円のキャッシングをしたい場合、再び銀行に目的と金額を告げて、新規申込時と同じ審査を受けることになります。

このとき、前回借りた50万円(結婚式の費用)が返済中か・完済しているかは問いません。

10万円未満の少額キャッシングは原則不可

消費者金融や銀行系カードローンなら、千円単位でお金を借りることが出来ます。

一方でフリーローンは「まとまったお金が必要であること」が前提です。

最低でも10万円以上から借りることになります。

利用目的の可否

目的を裏付ける書類さえあれば「何に使ってもよい」とされますが、フリーローンの申し込みを受け付けてもらえない・禁止されている利用目的もあります。

まとめると、以下の通りです。

  • 事業資金※
  • 投資資金
  • 納税
  • 裁判所で決められた賠償金(離婚の慰謝料も含む)
  • 食費や光熱費などの継続的に発生する生活費

消費者金融や銀行系カードローンの禁止利用目的とほぼ同じですが、事業資金については少し柔軟です。

 

事業の条件は「継続的に収益が出る」ことですが、収益がきちんと出るかわからない・趣味の延長で収益を期待しているという場合は、あてはまりません。

フリーで始めるイラストや漫画制作、デザインなどが代表的です。

 

やりたい副業にパソコンや周辺機器・その他専用機材が必要になった場合は、まず気軽に銀行窓口で相談してみましょう。

都市銀行をお勧めする理由

フリーローン(多目的ローン)を利用するなら、都市銀行をおすすめします。

その理由を述べていきます。

金利が安い

前項で挙げたフリーローンの特徴である低金利は、都市銀行が中心となって実現しています。

一方で地方銀行や信用金庫の金利を見ると、12〜15%と設定されていることが大半です。

 

例えば三菱UFJ銀行の「多目的ローン」なら年率5.475%ですが、関係を深めている静岡銀行だと14.5%になります。

銀行系カードローンである「バンクイック」が年率最大14.6%なので、これとほぼ変わらないことがわかります。

 

フリーローン最大の特徴である低金利を活かすなら、都市銀行を選びましょう。

預金口座や他ローン利用に応じて優遇がある

預金口座をもっている場合、提携ATM全ての入出金手数料の優遇が受けられます。

また、住宅や車のローンをすでに組んでいる場合、その返済状況次第で審査条件の緩和・時間の短縮を受けることもできます。

 

特に預金口座に関する優遇は、地方銀行や信用金庫だとほとんど見られません。

都市銀行を利用するメリットは大きいと言えます。

審査

フリーローンの審査は、カードローンのそれとは異なります。

その内容として、利用目的に関する証明書が必要になること・申込者本人に一定額以上の安定した収入があること・融資率も審査対象となることが挙げられます。

安定した収入とは

専業主婦や学生、パートやアルバイト勤務のかたは申し込み不可です。

付記すると、消費者金融や銀行系カードローンだとそれほど重視されない「勤続年数」について、慎重に確認されます。

 

勤続2年以上・年収200万円以上が最低条件だと考えましょう。

無担保融資額とは

フリーローンでは、総量規制とは別の貸付金額制限を決めています。

「無担保融資額との合計が年収の50%以下であること」と言われていますが、ここで言う無担保融資額とはなんでしょうか。

 

その名の通り、担保をとっていない残債のことを指します。

無担保融資として代表的なのは、消費者金融や銀行系カードローンでのキャッシング残債です。

家具や家電のショッピングローンも「所有権留保」という契約がついていないものは、無担保融資にあてはまります。

 

年収300万円の人がフリーローンを利用したい…と仮定します。

キャッシング残債が合計20万円・ショッピングローン(所有権留保なし)の支払いがあと30万円残っているとしましょう。

年収の半分である150万円から、キャッシング残債とショッピングローンの残りを差し引くと、100万円になります。

 

これがフリーローンで審査可決となる上限額となります。

申し込みは銀行窓口で

フリーローンを利用するときは、銀行窓口で直接相談しましょう。

インターネットや郵送でも申し込み可能ですが、窓口よりも融資が2〜3日遅れる可能性があること・商品説明をきちんと受けられないことがデメリットです。

窓口で申し込み相談をする場合、利用目的やキャッシング残債に応じて、フリーローン以外に用意されている最適な貸付サービスを紹介してもらえることもあります。

 

テレビ窓口のある支店であれば、銀行営業時間外でも対応可能です。

気軽に足を運んでみましょう。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融にキャッシングの申し込みをスマホ完結で行う3つのメ…
  2. 専業主婦に対するキャッシングの審査と在籍確認
  3. 平日以外の土日などにキャッシングを行うためにはどうすればいい…
  4. 即日融資を受けるにあたって最低限知っておきたいこと
  5. 即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点
  1. 初めての利用

    即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点
  2. 基礎知識

    「フリーローン」とは?まとまったお金が必要なときにおすすめ!
  3. 職業・性別

    専業主婦でも借り入れできるカードローン。どんな条件がある?
  4. 基礎知識

    借金の取り立てが怖い人へ…概要説明と対策
  5. 職業・性別

    スマホ完結で借りられるカードローン。スマホキャッシングの方法は?
PAGE TOP