その他

金融業界にはなぜ金融事故情報なるものが必要か?

とにかく今当座のお金が欲しい。
そう思っても消費者金融に行ってもどこも貸してくれないときがあります。

どんな時にどこもお金を貸してくれなくなるのでしょうか?
それは消費者金融のいわゆる「金融事故情報」に記載されてしまったときです。

ではどんな時にあなたの名前は金融事故情報として載せられて、お金を貸してくれなくなるのでしょうか?

なぜ金融事故情報なるものが必要か?

分かりやすく言うと、3ヶ月以上返済を延滞してしまったときや、債務整理等を行った時です。
この人の返済能力は怪しいよという意味で金融機関のリストに挙げられてしまうのです。

なぜそのような金融事故情報は存在するのでしょうか?

消費者金融の会社はお金を貸して、利子付きで返してもらってその利子分が儲けになるというシステムです。

利子どころか貸したお金が返ってこなかったら、商売上がったりです。
彼らもボランティアで賃貸業務をしているわけではないので、当然自分たちの業界を守るために、返せない人の信用情報を金融機関の間で共有するのです。

関連記事

  1. その他

    うつ病と診断された場合のキャッシング情報をまとめてみました。

    借りるタイミングとおすすめのカードローンうつ病で仕事が出来なく…

  2. ニュース
  3. その他

    ソーシャルゲーム課金と債務整理・上手にゲームと付き合おう

    ソーシャルゲームの課金問題日弁連の報告によると、ソーシャルゲームへ…

  4. その他

    生活費に困るほどお金がない…収入がほとんどない人の緊急手段まとめ

    ショッピング枠の現金化サービス結論から述べると、「ショッピング…

  5. その他

    ファクタリングとはどのようなサービスなのか

    多くの企業には、売掛金があります。それで企業がお金を調達する際…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. その他

    アベノミクスが消費者金融に及ぼす影響
  2. 基礎知識

    カードローン会社から「一括請求」がきても慌てない!契約と金融会社の権利について
  3. 基礎知識

    督促時の郵送物とは?種類別の状況解説・対応方法について
  4. 消費者金融とは?

    消費者金融7か条

    消費者金融とは?最低限知っておきたい基礎知識
  5. 職業・性別

    フリーターがキャッシングの審査を受ける時に注意したい3つの信用情報の問題
PAGE TOP