その他

金融業界にはなぜ金融事故情報なるものが必要か?

とにかく今当座のお金が欲しい。
そう思っても消費者金融に行ってもどこも貸してくれないときがあります。

どんな時にどこもお金を貸してくれなくなるのでしょうか?
それは消費者金融のいわゆる「金融事故情報」に記載されてしまったときです。

ではどんな時にあなたの名前は金融事故情報として載せられて、お金を貸してくれなくなるのでしょうか?

なぜ金融事故情報なるものが必要か?

分かりやすく言うと、3ヶ月以上返済を延滞してしまったときや、債務整理等を行った時です。
この人の返済能力は怪しいよという意味で金融機関のリストに挙げられてしまうのです。

なぜそのような金融事故情報は存在するのでしょうか?

消費者金融の会社はお金を貸して、利子付きで返してもらってその利子分が儲けになるというシステムです。

利子どころか貸したお金が返ってこなかったら、商売上がったりです。
彼らもボランティアで賃貸業務をしているわけではないので、当然自分たちの業界を守るために、返せない人の信用情報を金融機関の間で共有するのです。


関連記事

  1. その他

    信用情報機関は何を記録しているか…金融会社が照会できる全情報について

    申込者属性信用情報機関には、もちろん氏名・住所・年齢・職業…

  2. カードローンとフリーローン比較

    その他

    カードローンとフリーローンを様々な側面から比較してみた

    銀行では、様々な種類の融資商品を扱っています。カードローンなど…

  3. お金に関する怖い話

    クレジットカードのショッピング枠の現金化は絶対にやめるべき!そのペナルティとは?

    現金化業者の正体とはどこからもキャッシングできない場合の最終手…

  4. その他

    生活費に困るほどお金がない…収入がほとんどない人の緊急手段まとめ

    ショッピング枠の現金化サービス結論から述べると、「ショッピング…

  5. その他

    カードローン借り換えの実態とデメリット・任意整理検討の勧め

    借り換えできる・検討すべき借金の額とはおまとめローン・借り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 家族や勤め先にバレずにキャッシングを行う方法

    初めての利用

    家族や勤め先にバレずにキャッシングを行う方法
  2. その他

    多重債務者とは?
  3. 職業・性別

    事業資金の借り入れ、成功のポイントは?
  4. 利用中の方

    金融事故情報が載ってもお金をやりくりする方法
  5. 銀行

    15%以下の低金利で設定されているオススメの銀行カードローン3選
PAGE TOP