社内ブラックとは?

カードローン 状況別

社内ブラックとは何か?債務整理経験や返済遅延のある人は要注目。

社内ブラックの実態

信用情報とは別に、一度でもキャッシングした会社には顧客情報が保管されています。

この情報は、返済状況からランク分けをしてリスト化されるのが通常の運用です。

ここで「重大なトラブルがあった人」リストに載ってしまう状態のことを、一般的に社内ブラックと呼びます。

社内ブラックの条件

実のところ、ちょっとした支払いの遅れ程度で社内ブラックとなることはほとんどありません。

貸したお金を回収できなかったという既成の事実が、社内ブラック入りする条件です。

任意整理や自己破産はもちろんのこと、長期間連絡なく返済しなかった人が対象となります。

顧客リストの管理方法

カードローンを運営している会社の大半が、以下の3つのリストに分けています。

  • 返済状況に全く問題のない人
  • 返済遅延が目立つ人
  • 重大なトラブルがあった人

 

1と2は同じ部署で管理されており、返済状況が改善されると2から1へ情報を移してもらうことも簡単です。

ところが、3(社内ブラック)については専門部署で管理され、ここから他のリストへと移管されることはありません。

社内ブラックは原則無期限

信用情報機関と違い、金融会社がそれぞれ管理している顧客情報には、保管期限の定めを設けないのが普通です。

特に社内ブラックと呼ばれている状態だと、それを消すことは考えにくいことです。

一度カードローン会社と申告なトラブルを起こしてしまったら、その会社と再び契約できる望みは薄いと考えましょう。

社内ブラックに入ってしまったら

銀行系・消費者金融のそれぞれで、対応方法は異なります。

銀行系カードローンは注意

最も厳しいのが銀行系カードローンです。

債務整理をした経験がある場合、同じ銀行で住宅や自動車ローンを組むのは限りなく不可能に近いと言えます。

同銀行が発行するクレジットカードを持つことも出来ないと考えましょう。

 

また、あまり知られていないのが大手消費者金融の存在です。

バンクイック(三菱UFJ銀行)ならアコムというように、銀行系カードローンは消費者金融を保証会社として立てています。

 

長期返済遅延や債務整理の際、消費者金融が借主に変わって借金の立て替えを行います。

このとき、消費者金融側でも社内ブラックとなります。

消費者金融は意外と甘い

消費者金融で社内ブラックとなっても、まだ契約を結べる可能性は残されています。

例えば、バンクイックで任意整理し、アコムの社内ブラックになったとしましょう。

この場合はアコムに対して利息カット後の残債を支払うことになりますが、これさえ完済できれば、社内ブラックでも審査は緩くなります。

 

ただし、この場合の利用限度額は多くても30万円・現実的には10万円程度と考えましょう。


関連記事

  1. 手続き

    カードローンの申込みは転職前に行なうと有利です

    転職を控えた段階では、次の勤務先は内定状態となるので、まだ実際に就職し…

  2. カードローン 状況別

    カードローンの即日審査は事前準備をしておきましょう

    カードローンの申込み先には、消費者金融だけでなく銀行や信用金庫といった…

  3. 初めての利用

    キャッシングをする時に勤務先に電話をかける在籍確認なしにするにはどうすればいい?

    キャッシングをする時に金利の設定などを気にする人が多いですが、最近では…

  4. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント

    土日祝日に、急にお金が必要になったら?カードローンが便利なわけ土日…

  5. プロミスのカードローンは審査手続きの利便性も高い

    手続き

    プロミスのカードローンは審査手続きの利便性も高い

    プロミスは消費者金融の大手ですので、審査手続きの利便性が大変優れていま…

  6. カードローン 状況別

    カードローン業者の選び方は金利の設定を重視して決められない時はサービス面を重視する

    カードローンのサービスを提供しているのは大手銀行、ネット銀行、大手消費…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 手続き

    キャッシングをスマホで完結!来店不要でお金を借りる方法を徹底解説
  2. 銀行

    銀行カードローンを利用する際にはメリットだけでなく問題点も把握しておきたい
  3. その他

    “借金で苦しむ人”の傾向・上手なお金との付き合い方
  4. 初めての利用

    キャッシングに必要となる書類について
  5. その他

    個人がカードローンで借りた際の信用情報を開示する方法
PAGE TOP