基礎知識

督促時の郵送物とは?種類別の状況解説・対応方法について

「督促状」の重み

督促状は、送達を確認するために「転送不要の簡易書留」で必ず送付されます。

この状況とは、一体どんなものでしょうか。

返済も連絡もしない借主への”最後通告・第1段階“

貸金業法で「借主の生活を脅かさないこと」を定められており、家族や同居人にキャッシングの事実が漏れる可能性のある”郵便物”での督促は、極力避けられます。

金融会社は、本人の携帯電話・勤務先への個人名での連絡で、4ヶ月〜1年程度(金融会社によって期間に差あり)は、粘り強くコンタクトを試みてきます。

退職して行方をくらましていたり、電話番号変更・着信拒否設定が明らかな場合、「返済を求めることは困難なので、訴訟を視野に入れよう」と金融会社は方針を変えます。

 

ここで最終督促部門へと取り立ての業務が移り、住民票の請求・督促状の送付が行われます。

つまり、督促状が届く=訴訟を起こされる寸前だと考えるべきです。

”法的措置のお知らせ”が届いたら

督促状のあと1〜2ヶ月程度で、法的措置の通達が届きます。

すでに訴訟の準備が一通り整っており、あとは裁判所に書類を送付するだけという段階です。

お知らせを見た時点から1週間程度で訴えが起こされる…と考えましょう。

 

それでは、何故わざわざ訴訟の予告してくるのでしょうか。

それは、金融会社側の事情にあります。

 

訴訟には、1件あたり5,000円〜2万円の申立費がかかります。

差押えの権利を得たとしても、借主の生活に必要なものは差押えてはならないと法律で定められているため、全額回収できる見込みはありません。

 

そのため、

  • なんとか訴訟だけは避けたい
  • 利息カットなどの大幅な譲渡をしてでも、貸したお金を穏便に回収したい

というのが、金融会社の本音です。

 

したがって、法的措置の通知を見て連絡しても、督促担当者が威圧的な態度をとることはありません。

まずは一刻も早く・誠実な態度で連絡をすることが大切です。

債務整理は、訴訟が始まっても間に合う!

法的措置のお知らせのあと、「訴状」が届いてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

すぐに裁判が始まるわけではなく、1〜2ヶ月の時間があります。

この間に弁護士・司法書士を通して「受任通知」を送ってもらえば、訴訟を取り下げてもらえます。

 

その後についても、借主への取り立ての一切が禁止されます。

どうしても督促担当者と話したくない・話せない事情がある人は、早急に法律事務所を訪ねましょう。


関連記事

  1. 消費者金融 必要書類

    手続き

    何を準備すればいい?消費者金融の申込の必要書類

    何を準備すればいい?消費者金融の申込時に慌てないためにも、必要書類…

  2. 昨夜のうちにカードローンの申込みが完了。午前中の早いうちに在籍確認の電話がかかってくるはず…。

    手続き

    消費者金融の在籍確認まとめ。職場への電話確認は必須事項!?電話をされたくない場合の対処法

    『在籍確認とはどういうものか?』を分かりやすくお伝えするとともに、在確…

  3. 基礎知識

    総量規制の対象となっている消費者金融でお金を借りるメリット

    総量規制とは貸金業者から借りる事が出来る金額を制限する規制で消費者金融…

  4. 基礎知識

    即日融資のカードローンはメリット満載。あなたに最適なカードローンは?

    消費者金融の即日融資という言葉を聞いたことありませんか。申込をしたその…

  5. 手続き

    キャッシング審査における「勤続年数」の重要性

    「勤続年数」はウソを書いてもいいのか新入社員・入社半年?1…

  6. 基礎知識

    借金の取り立てが怖い人へ…概要説明と対策

    「取り立て」は厳しくない消費者金融・銀行系カードローン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 曜日

    アコムは最短30分のスピード審査で土日も融資可能
  2. 消費者金融

    2種類の即日キャッシングはどちらがおすすめか
  3. その他

    キャッシングしていた人向け・住宅ローン審査で落ちやすい要素まとめ
  4. 返済

    消費者金融の返済日に返済できなかったら
  5. 基礎知識

    カードローンの金利を徹底解説!消費者金融と銀行カードローン借りるならどっち?
PAGE TOP