初めての利用

家族にキャッシングの借金バレするケース・絶対にバレないようにする方法

郵送物でバレるケース

借金の事実が家族にバレるきっかけとして多いのが、借入先からの郵送物です。

郵送されるものとして挙げられるのは、

  • 契約書
  • キャッシング用のカード
  • 督促状

この3点です。


 

いずれの郵送物にも共通するのが、「転送不要の配達記録郵便」で送られてくることです。

配達時間指定は出来ず、受取のサインが必要になります。

 

このとき配達員は、本人確認は行いません。

在宅している者であれば、誰でも受取をすることができます。

 

貸金業法で”借主の日常生活を脅かさないこと”を定められているのを受けて、提携先の銀行名や部署名・個人名で送られてくるのが普通ですが、郵便物を開けられてしまえば内容は一目瞭然。

つまり、家族に借金を知られたくない場合、郵送物の一切を止める必要があります。

 

契約書・キャッシング用のカードについては、お近くの無人契約機・またはテレビ窓口で契約して受け取るのがベストです。

この後になんらかの郵送をされることはありません。

しかし、返済遅延時の督促状については、そのときの対応が鍵になります。

 

返済に遅れそうな場合は早めに連絡すること・その後さらに遅れそうな場合は、こまめに状況報告をするのが鍵となります。

督促状には「勝手に引っ越しをしていないか」という確認の意味がこめられているため、キャッシング・カードローン会社に誠実に対応することを心がければ、発送されることはありません。

訪問でバレるケース

長期的に返済しない状況が続くと、金融会社から委託された訪問業者(実態は探偵)が訪れます。

彼らには督促の権利はないため、調査の内容は「借金をしている本人の消息がつかめるかどうか」に限られます。

 

しかしこのなかで、自宅の訪問・在宅確認がしたい旨の手紙を投函されることに加えて、近隣住民への聞き込みも行われます。

こうなると、家族にバレるどころか、ご近所にも勘ぐられてしまいます。

目安として、返済が3ヶ月以上遅れるようであれば、法律家に相談の上”受任通知”を送ってもらいましょう。

 

ここから債務整理に進むことになりますが、受任通知を受け取った金融会社は、借主への直接接触を法的に禁止されます。

この後もずっと家族に秘密にしたまま債務整理・返済計画を立てることができるので、早めの相談を心がけましょう。

貸金業法について

最後に、貸金業法について説明します。

総量規制が導入されたあとの貸金業法では、

  • 借主の生活を脅かさないこと
  • 借金の事実を(家族を含む)他人に知られないよう配慮すること

これらが義務付けられています。

 

金融会社が借金について電話をするとき、夜間を避ける/本人とその勤務先へしか電話をしない/万一家族や知人が電話を取った場合、取引の事実については絶対に話さない…これらが徹底されています。

言い換えれば、よほど不誠実な態度を取らない限り、借金が家族にバレることはありません。

 

これまで述べてきたことをまとめると、電話はとる・誠実に応対する・返済が苦しいと感じたなら法律家へ迅速に相談する。

これらを守れば、家族にバレることはありません。

関連記事

  1. 初めての利用

    カードローンではカード受け取り方法に注意しよう

    カードローンの申込みを行なう際には、実際に専用ローンカードの受け取り方…

  2. 初めての利用

    平日以外の土日などにキャッシングを行うためにはどうすればいい?

    お金が足りなくなる状況というのは、平日とは限らず、むしろ、土日や祝日の…

  3. 初めての利用

    ローンカードを即日発行してもらうためには?お金を早く借りるコツ

    カードを即日発行できないケースとは?キャッシングにおいて、…

  4. 初めての利用

    土日に即日融資を受けるために自動契約機でカードローンの申し込みをする時の注意点

    消費者金融は店頭窓口が平日しか営業していないので土日にカードローンの申…

  5. 家族や勤め先にバレずにキャッシングを行う方法

    初めての利用

    家族や勤め先にバレずにキャッシングを行う方法

    キャッシングを希望している方の中には、家族や勤め先にバレることを恐れて…

  6. 初めての利用

    即日キャッシング出来るカードローンはじっくり比較して選びたい

    カードローン申し込みをする際には、金利をしっかり比較して選ぶ人が多いで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 基礎知識

    保証人をつければカードローンで借りられる?「保証」の徹底解説
  2. 初めての利用

    消費者金融にキャッシングの申し込みをスマホ完結で行う3つのメリット
  3. 基礎知識

    銀行カードローンってどうなるの?問題点と今後の展望について。
  4. 消費者金融

    消費者金融の借金がチャラ!?時効とは?
  5. 基礎知識

    カードローンの利用限度額を左右するポイントを押さえておきたい
PAGE TOP