基礎知識

キャッシングは女性のピンチに使える?…「ピンチ」時の対応方法

「女性向けカードローン」はピンチの時に使えるか?

女性向けカードローンは、

  • 一時的に10〜30万円の少額を借りたい
  • 1〜3年の間で返済したい
  • キャッシングが初めてで、お金を借りることに不安を感じている

こういった方に向いていると言えます。

プロミスのアプリローン

 

また、女性向けカードローンには大きなデメリットがあります。

それは、万が一返せなくなった場合の現実的な制裁が厳しいことです。

 

取り立ての電話はほとんどない代わりに、突然預金口座が凍結されることがあります。

借りられる額も少なく・リスクが大きいことから、出来るだけカードローン契約以外の方法でお金を用意するべきと言えるでしょう。

 

キャッシング理由に多い、離婚・出産のそれぞれの場面で、打開策を考えていきたいと思います。

離婚費用が準備できない!そんな時は

離婚の平均費用は、120万円前後とされています。

うち半分は弁護士依頼料となり、これを借りるためにキャッシングをする女性が多数います。

 

そんな時に是非検討してほしいのが、法テラスの「民事法律扶助」制度です。

弁護士依頼料を貸し付けてくれる制度で、原則として無利子・月5000円から分割払いできるのが特徴。

 

借りるための条件ですが、

  • 女性(妻)単独の収入が、手取り182,000円以下/月
    …東京・大阪の場合は200,200円以下/月
  • 女性(妻)名義の預貯金が180万円以下

と非常に優しくなっています。

 

借りられる上限金額も180万円で、経済的に困っているほど借りやすくなります。

ただし借りられるのは、弁護士依頼料調停費用に限ります。

 

調停中の生活費は夫から請求できるのですが、問題となるのは転居費用でしょう。

多くの場合は夫と折半・または全額請求できるのですが、調停が終わってからの清算になります。

 

転居費用をキャッシングするタイミングは、弁護士に相談して「法テラス貸付要件を満たすだろう」と判断されたときがベストです。

離婚予定について、金融会社に話す必要はありません。

単に生活費目的として申込むのがベストです。

 

その後生活保護受給に入った場合も、10〜30万円の少額の借入であれば、法テラスの返済を猶予してもらえる上・保護費から借金返済をするのはやむを得ないと裁量されるケースがほとんどです。

出産費用はキャッシングしなくてもいい

出産平均費用は30〜45万円とされていますが、返済不要で全額援助してもらえます。

出産予定日の1ヶ月前までに「出産費一時金直接支払制度」について、各地方自治体に相談しておきましょう。

 

出産後の生活費に苦慮するようであれば、入院中に生活保護を受給することも可能です。

カードローン会社は出産費目的だと審査してくれないので、注意が必要です。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前…
  2. 奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング…
  3. SNSで話題の「サブカルローン」とは?
  4. 債務整理は早急に!利息だけ(最低返済額)支払い続けることのデ…
  5. キャッシングは女性のピンチに使える?…「ピンチ」時の対応方法…
  1. 基礎知識

    上手に利用したいSMBCモビットのメリットと注意したいデメリット
  2. 基礎知識

    銀行カードローンの保証会社は消費者金融が多い理由と審査をする時にポイントになる点…
  3. 職業・性別

    カードローンの随時返済は繰上返済に相当します
  4. 基礎知識

    カードローンは転職前に契約しておくと良い
  5. 手続き

    カードローンの借り入れ時に必要な書類と詳細。いつどうやって出すの?
PAGE TOP