在確不要のキャッシング

初めての利用

在籍確認なしのキャッシングと、それに関わる希望金額の関係

キャッシングの申し込みをしますと、たいてい金融会社による在籍確認があります。

しかし人によっては、それを少々心配している事もあるのです。

 

その場合は、消費者金融での申し込みを検討してみると良いでしょう。

電話確認が省略できる事もあるからです。

在籍確認をするので融資までに時間がかかる

そもそも在籍確認は、1つデメリットがあります。

キャッシングでの即日融資が難しい事もあるからです。

 

確かに多くの消費者金融では、申し込みをした当日中に借りられる傾向はあります。

しかし、それも在籍確認次第なのです。

 

というのも電話で確認をするにしても、お勤め先での対応が難しい場合があります。

お勤め先の担当者が電話に出てくれれば良いですが、時には不在中になっている事もあるでしょう。

 

もちろん担当者が電話に出られなければ、在籍確認は完了しません。

審査が完了しなければ、融資実行までに時間を要する訳です。

在籍確認なしの消費者金融もある

ですが、中には在籍確認が行われない消費者金融も存在します。

厳密に申し上げれば、在籍確認自体は実行するのです。

 

しかし、それを電話で行わない点に特徴があります。

というのも消費者金融によっては、書類で在籍を確認できるからです。

 

例えば給料明細を金融会社に提出する方法でも、問題はありません。

明細書には、必ずお勤め先の社名と自分の名前が書かれているでしょう。

 

もしくは源泉徴収票などでも構いません。

それを金融会社に見せれば、在籍確認は取れた事になるのです。

つまり、お勤め先に対して電話は行かないので、金融会社からスムーズに借りられる訳です。

 

ですからキャッシングで速やかに借りたい時には、そのような手段で確認を行ってくれる賃金業者が推奨されます。

金額によっては難しい事も

ただし、融資金額には要注意です。

というのも書類で確認が可能か否かも、希望金額などに左右されるからです。

 

そもそも金融会社で申し込みをする時には、必ず金額を伝達する事になります。

50万や100万など申し込み金額を伝達する訳ですが、あまり数字が大きい時には、書類での確認が難しい事もあります。

 

例えばある賃金業者では、50万以下での申し込みでしたら、書類で在籍確認を済ませる事は可能です。

しかし60万などの数字ですと、電話での在籍確認に限定される事になります。

すなわち在籍確認なしになるか否かも、融資金額次第なのです。

 

なお具体的に何円以下かは、金融会社によって色々異なります。

関連記事

  1. 消費者金融を賢く利用するには

    消費者金融

    【体験談】消費者金融を上手に利用する方法と15回払いで50万円借りたOLの体験談

    借金が苦しいのは、当たり前もし、今これをお読みの方が ・消…

  2. 郵送物なしにするには

    初めての利用

    利用明細やカードの郵送なしでキャッシングを利用する方法

    キャッシングでお金を借りる契約をすると、いくつか自宅あてに郵送物が届く…

  3. 初めての利用

    消費者金融の申し込み方法。人気NO.1は?

    消費者金融の融資申込方法ほとんどの消費者金融では、…

  4. その他

    信用情報機関は何を記録しているか…金融会社が照会できる全情報について

    申込者属性信用情報機関には、もちろん氏名・住所・年齢・職業…

  5. 初めての利用

    即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点

    キャッシングという金融商品のメリットは、早く借りられる事です。…

  6. 消費者金融

    消費者金融の借金がチャラ!?時効とは?

    借金にも時効がある―、というのをご存知でしょうか?時効が成立すると借…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 基礎知識

    在籍確認の電話なしで利用できるキャッシングってあるの?それはココ!
  2. 返済

    返済が遅れそう!カードローンの延滞状況別の対応法まとめ
  3. 手続き

    消費者金融の審査のポイントは?
  4. 消費者金融を賢く利用するには

    消費者金融

    【体験談】消費者金融を上手に利用する方法と15回払いで50万円借りたOLの体験談…
  5. 基礎知識

    銀行カードローンってどうなるの?問題点と今後の展望について。
PAGE TOP