キャッシング会社

安定の低金利・おすすめの銀行系カードローンピックアップ

金利で選ぶなら「銀行系カードローン」

金利の各社平均に焦点を当ててみると、大手消費者金融が軒並み年率17.5〜18%であるのに対し、銀行系カードローンであれば13.8〜14.6%で貸付してくれます。

「銀行系は審査がきつい」とのイメージがありますが、決してそのようなことはありません。

大手都市銀行・ネットバンクから1社ずつ、金利と審査ハードルのバランスがよいおすすめのカードローンをご紹介します。

三井住友銀行カードローン

金利最高14.5%、「すぐにお金を借りたい」人に定評を得ているカードローンです。

審査部門の効率が業界でも最良と言われており、原則として即日契約・即日キャッシングできます。

即日キャッシングを希望している方は、以下の記事に詳しくまとめてありますのでそちらもご覧ください。

“審査がキツイ”は本当か

結論から言うと、審査の基準は高くありません。

ただし、専業主婦は申し込み不可という制限があります。

 

2018年から銀行が自主的に行おうとしている「総量規制審査」も予定されておらず、雇用形態に関わらずご自身の収入があれば、審査に通る可能性があります。

可決しやすい申し込み限度額の目安としては、30万円以下と考えましょう。

 

30〜50万円の範囲でも他社借入額がないかたは審査可決の可能性が高くなりますが、50万円を超える貸付に関しては、雇用形態や他ローンの支払い状況などを、過去2〜3年に渡って厳しく審査されます。

楽天銀行カードローン

こちらの金利も三井住友銀行に準じますが、審査が非常にゆるいこと・楽天銀行口座所有者に対する優遇が多いことが特徴的です。

申込〜借入までの時間は、口座所有者なら最速即日・口座未所有なら1週間程度。

「多少時間はかかってでも、まとまったお金を確実に借りたい」という人におすすめできます。

審査について

専業主婦やアルバイト/パート勤務でも申込でき、審査可決報告が多数あがっています。

そのほかには、直近2〜3年以内に任意整理をしたことがある人からも、最高30万円の契約ができたとの情報もあります。

これらの情報から判断すると、大手消費者金融よりも“はるかに審査がゆるい”と考えて間違いありません。

楽天銀行口座への優遇について

毎月ATM手数料が一定回数無料になる「ハッピープログラム」というものがあります。

カードローン契約が成立・あわせて返済口座を楽天銀行に指定した場合、自動的にハッピープログラムのランクが上がります。

全国のコンビニ・大手都市銀行のATM手数料が最大で7回無料になるので、日常的な口座への入出金・繰り上げ返済がお得になります。

なお、その他のキャッシング会社も含めていろいろと比較・検討したい方は次の記事も参考にして頂くと良いかと思います。


関連記事

  1. キャッシング会社

    キャッシングを比較する上での様々な基準

    キャッシングは、色々な金融会社が提供しています。それぞれの会社…

  2. キャッシング会社

    キャッシング審査に落ちる代表的な原因まとめ

    審査落ちの原因1「債務整理情報」いわゆる”ブラックリスト”、信…

  3. ジェイスコア

    キャッシング会社

    J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングとは?AIスコア診断を体験!

    J.ScoreのAIスコア・レンディングってご存知ですか?2017年の…

  4. キャッシング会社

    アコムの金利は?流れは?審査が不安な人こそアコムがおすすめ!

    アコムの金利は?流れは?審査が不安な人こそアコムがおすすめ!「は・…

  5. キャッシング会社

    アイフルの審査は?金利は?流れは?即日で借りたい方は必読です!

    アイフルの特徴とメリット!知りたいことをギュッと凝縮して解説します…

  6. キャッシング会社

    キャッシング会社の選び方は?徹底比較でオススメの会社が分かる!

    キャッシング会社の選び方は?徹底比較でオススメの会社が分かる!キャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  5. プロミスのカードローンは審査手続きの利便性も高い
  1. 消費者金融

    貸金業者を規制する法律、貸金業法とは?
  2. 返済

    カードローンの返済時に随時返済を組み合わせるとお得になる
  3. 銀行

    銀行系カードローンは2018年から借りにくくなる…総量規制について知っておこう
  4. 初めての利用

    カードローンでお金を借りるときに必要な書類とは?勤務状況別の解説
  5. 初めての利用

    スマホでカードローンを契約する手順を解説します
PAGE TOP