その他

リボ払いとは計画的な利用が必要な返済方法です

クレジットカードを契約すると、リバ払いを選択出来るカードがあります。

全てのクレジットカードでリボ払いが利用出来るわけではなく、リボ払いに対応したクレジットカードで利用者が審査によりリボ払いを認められている場合に限ります。

支払額が一定に出来る代わりに返済期間が長くなる

リボ払いを分割払いと同じと考えてしまう人が少なくありません。

確かに毎月返済を続けて行くという点では分割払いと似ています。

しかし、分割払いならば返済回数を自分で選択して計画的な返済が行われますが、リボ払いでは利用残高が基準となるので、必ずしも返済回数を意識して行わないという違いがあります。

クレジットカードの返済方法としてリボ払いを選ぶと、毎月の返済額が一定の範囲内に収まるので、支払いが楽に感じるというメリットがあるわけです。

 

クレジットカードの利用頻度が低く、うっかり使いすぎた時に返済が苦しくないためといった目的で利用すると良いです。

リボ払いにも種類があると知っておきたい

リボ払いには、残高スライド方式定額方式の2種類があります。

残高スライド方式では、締め日時点での利用残高に応じて段階的に返済額が決まるので、締め日を迎えてみないと返済額が分かりません。

 

一方、定額方式ならば、毎月の返済額が一定となる代わりに利用残高が多いほどリボ払い手数料の支払割合が高くなるという問題点を抱えています。

リボ払いを選択可能なクレジットカードを契約する際には、リボ払いの種類についても確認しておく必要があります。

 

定額方式のリボ払いを選べないと、利用残高に応じて毎月の返済額が段階的に増えることから、気がついた時には支払いが厳しくなってしまっているケースが少なくありません。

リボ払いを利用したいと考えているならば、なるべく定額方式のリボ払いを採用しているクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

突然リボ払い指定出来なくなることもある

リボ払いを利用するためには、貸金業法と割賦販売法に基づく総量規制の範囲内に限られることを知っておかなければなりません。

クレジットカードの利用限度額の範囲内であっても、リボ払いと分割払いを適用させることが出来る範囲は総量規制の範囲内に限定されており、他社借入残高を含めて年収の1/3以内に制限されています。

このため、クレジットカード会社の中には加入から一定期間は、一括払い限定としている会社もあります。

 

利用限度額には、一括払い用の利用限度額だけでなく分割払いやリボ払いを行える金額の上限があると考えておくと良いでしょう。

関連記事

  1. 消費者金融 嘘

    お金に関する怖い話

    勤続年数や年収などの嘘はばれる?

    勤続年数や年収・雇用形態の嘘お金を借りるときに、審査に少しでも有利…

  2. 初めての利用

    消費者金融の商品、何を選べばいい?

    消費者金融の商品とは消費者金融を利用したいと考えて、ホームページを…

  3. 他社からの借入で嘘をついたら

    その他

    他社からの借入れに嘘をついて申告しても不利になるだけ。

    他社からの借入れがあるとこれからお金を借りようとしている人が、他で…

  4. お金に関する怖い話

    闇金業者などの種類について。

    お金を借りたいという人がだまされやすい闇金などの悪徳業者にはどのような…

  5. 基礎知識

    キャッシング一括返済のメリット・多めに返す&完済するときの注意点

    金融会社の本音は「まとめて返してほしい」キャッシング商…

  6. 在確不要のキャッシング

    初めての利用

    在籍確認なしのキャッシングと、それに関わる希望金額の関係

    キャッシングの申し込みをしますと、たいてい金融会社による在籍確認があり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. モビットのWEB完結申込みなら審査完了までスムーズ

    手続き

    SMBCモビットのWEB完結申込みなら審査完了までスムーズ
  2. キャッシング会社

    SMBCモビットのWeb完結は電話連絡なし!郵送物なし!でキャッシング可能!
  3. その他

    多重債務者とは?
  4. お金に関する怖い話

    「ソフト闇金」は全くソフトではない!実態と危険性
  5. カードローン 状況別

    これから生活保護を受ける人へ…カードローンはどう扱うべき?
PAGE TOP