初めての利用

SMBCモビットのweb完結申込みは条件に注意しよう

カードローン申込みを行なうと、本人確認と申込み意思確認のために電話連絡が入り、勤務先へ在籍確認電話が掛かることが一般的です。

しかし、勤務先への私用電話を全て取り次がないことにしている会社へ勤務していると、在籍確認が出来ずに審査落ちしかねません。

 

そこで、SMBCモビットのweb完結申込みが注目されるわけです。

一切の電話連絡無しに申込みから審査完了まで手続き出来る金融業者は少ないです。

web完結申込み条件を事前に確認する

SMBCモビットのweb完結申込みは、他社とは異なり審査結果通知まで一貫して電話連絡を必要とせずに進みます。

しかし、web完結申込みとするためには、申込者が条件を全て満たす必要があります。

 

具体的には、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の普通預金口座を持っている人のみが申込可能です。

加えて、社会保険に加入していて会社名入りの健康保険証を提示出来る条件が揃っていなければなりません。

 

web完結申込みでは、最初から全ての条件を満たした時のみ電話連絡一切無しで審査完了まで行えます。

カードレスタイプの契約となる点に注意しよう

web完結申込みでは、専用ローンカードが発行されることなく、カードレスタイプの契約となる点に同意する必要があります。

スマートフォンとPCが普及しているので、振込融資を会員サイト経由で手軽に行なえます。

 

SMBCモビットは原則24時間、最短3分で振込が可能です。

振込融資先銀行口座と返済時に自動引き落としを行なう銀行口座が同一となるため、新たに専用ローンカードを発行する必要が無く、カードレスタイプでも不便に感じることが少ないでしょう。

 

土日祝日に即日融資を受けたいという緊急事態以外ならば、カードレスタイプのカードローンでも不都合は無いでしょう。

web完結申込みならば、誰とも話さずに融資を受けられるので、女性が申込みをする際に電話連絡が苦手な人でも利用しやすいです。

返済時の利用規約を確認したい

カードレスタイプのカードローンを利用する際には、返済時の利用規約を確認して納得しておく必要があります。

なぜなら、随時返済を行いやすくなる専用ローンカードが発行されないので、約定返済に加えて随時返済を行いたい場合には、専用会員サイト経由で随時返済の申込みが必要だからです。

 

借入と返済を全て計画的に行える人ならば、特に問題なく利用できますが、臨時収入があったからといってリアルタイムで随時返済を行えない点に注意が必要です。


関連記事

  1. 初めての利用

    平日以外の土日などにキャッシングを行うためにはどうすればいい?

    お金が足りなくなる状況というのは、平日とは限らず、むしろ、土日や祝日の…

  2. 初めての利用

    カードローンでお金を借りるときに必要な書類とは?勤務状況別の解説

    会社員の必要書類必ず求められるのは、周知のとおり”本人確認…

  3. 消費者金融

    銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用する時に保証人なしでOKな理由は?

    お金を借りる時に保証人を探さなければいけないと考えてしまいますが、カー…

  4. 消費者金融 必要書類

    手続き

    何を準備すればいい?消費者金融の申込の必要書類

    何を準備すればいい?消費者金融の申込時に慌てないためにも、必要書類…

  5. 初めての利用

    消費者金融の商品、何を選べばいい?

    消費者金融の商品とは消費者金融を利用したいと考えて、ホームページを…

  6. 初めての利用

    自宅への郵送物なしでキャッシングをするための方法

    キャッシングでお金を借りるということは、できれば他人に知られたくないと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 在確不要のキャッシング

    初めての利用

    在籍確認なしのキャッシングと、それに関わる希望金額の関係
  2. 初めての利用

    専業主婦に対するキャッシングの審査と在籍確認
  3. 職業・性別

    カードローンはアルバイトであっても申込可能な会社がある
  4. 職業・性別

    事業資金の借り入れ、成功のポイントは?
  5. 職業・性別

    カードローンの申込み先選びは自営業ならば慎重に
PAGE TOP