キャッシング会社

SMBCモビットのWeb完結は電話連絡なし!郵送物なし!でキャッシング可能!

SMBCモビットってご存知ですか?ほとんどの方は知っているのではないでしょうか。テレビCMなWeb広告、電車内でも見ることが出来ますよね。

大手のキャッシング会社の一つですが、このSMBCモビットがやっているサービス、【Web完結】がスゴイと、ここ最近、利用者が急増し続けています。

何がスゴイのかというと、キャッシングの審査にはいくつかのハードルが存在するのですが、その中でも利用者に嫌がられる【電話連絡】【郵送物】をなし!にしてしまったキャッシング会社なのです。

SMBCモビットについて、少しだけ詳しく…

SMBCモビットは大手の消費者金融会社で、SMBCグループに属しています。すでに述べた通り、テレビコマーシャルや広告チラシ、街角の看板などでも多く見られるため知名度も高く、バックには大手金融機関が付いているなどの理由から、消費者金融と言っても利用し易い上に、安心感も与えてくれる会社です。

Web完結で借り入れするには?

ホームページを利用して申し込みを行えば来店不要、10秒簡易審査、即日借入などの魅力もあります。

因みに、即日借入と言うのは申し込みを行った当日に融資をしてくれる即日融資の事を意味しており、一定の条件を満たす事が大切です。

ホームページでの申し込みは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行に口座を持つ人と口座を持たない人では申し込み方法が異なります。

上記の口座を持っている場合には信用が作られているので、ネットを利用して申し込みを行えば、電話連絡や書類の郵送がなく、カードローンを利用する事が出来ると言うメリットがあります。

電話連絡がないということは…

電話連絡と言うのは勤務先への在籍確認の事を意味しており、消費者金融でお金を借りたいけれども、勤務先への在籍確認があるからと躊躇してしまう人も多いかと思われますが、在籍確認は申込書に記載されている会社に勤務しているのかを確認する審査であり、電話連絡をして来る時には社名を名乗る事はなく、個人名で電話をかけてくれるので安心です。

しかし、口座を所有している事で、電話連絡が行われないため、利用し易さと言うものがSMBCモビットにあるため、利用する人が多くなっているのです。

尚、申し込み後の審査結果はメールで行われるので、携帯電話やスマートフォンなどのメールアドレスを利用しておけば、出先にいる時でも結果を知る事が出来るので便利です。

郵送物なしなので、家族バレの心配もなし!

郵送物と言うのは、入会申込書などの書類の送付になりますが、ネット申し込みの場合はインターネットで契約を交わす事になるため、自宅にSMBCモビットからの郵便物が届く事はありませんし、利用明細書などについても契約を交わした後に、マイページにログインすれば明細を閲覧する事が出来るため、郵便物が送られて来る事はないのです。

家族に内緒で利用したいと言った場合、郵便物が自宅に届いた場合、家族にバレてしまうのではないかと不安になる事もないと言う事です。

口座を所有していれば、カード発行ももちろんなし!

更に、口座を所有している人の場合、SMBCモビットのカード発行はありませんので、既存のキャッシュカードを使ってカードローンを利用する事が出来ます。

カードは郵便物として送付されるものなので、口座を所有しているメリットは大きいと言えましょう。

口座を持っていない人にもSMBCモビットは優しい!

しかし、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行に口座がない場合、即日融資を受ける事が出来ないわけではありません。

口座を持っていない人の場合は、カード申し込みを行う事で即日融資を受ける事が出来るようになっています。

審査に通過した後は、最短3分で指定口座に振り込みが行われる事になるため即日借入が可能になってくるのです。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

SMBCモビットのWeb完結をもう一度おさらいしよう

SMBCモビットでの申し込みの中で、最も短時間にお金を借りる方法は、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行に口座を持つ事、そしてWEB完結申し込みを利用する事になります。

WEB完結で即日借入を可能にする条件と言うのは、インターネットでWEB完結申し込みを選択して必要事項を記載する、審査は申し込み後にスピーディーに行われ、申込書に記載を行ったメールアドレスに結果が届きます。

審査結果に応じて契約と言う流れになりますが、この時必要書類を予め揃えておく事が即日融資のポイントにもなります。

必要書類はバッチリ揃えておいた方が借り入れは早い!

SMBCモビットは大手と言っても消費者金融であり、総量規制の対象にあります。

総量規制には年収の3分の1以内の貸し付けと言う制限が設けられていると同時に、申し込み金額が50万円を超える場合と他社借入額の合計額と申し込み額の合計が100万円を超える場合には源泉徴収票や直近数か月分の給料明細書、確定申告書類、納税証明書などの年収を証明する事が出来る書類提出が必須になっているため、これらの書類を事前に揃えておく事が大切です。

最後に、お金を受け取る際の注意点

契約を交わした後は振り込みと言う事になります。三井住友銀行や三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行に銀行口座をもっている場合は、原則24時間最短3分で振込が可能です。

しかし、インターネットの環境がないと言う人もいるわけですが、こうした場合に便利なのがローン申し込み機です。

ローン申し込み機は三井住友銀行の店舗などにも設置されているので、ホームページを利用してローン申し込み機がある場所を事前に確認しておくと安心です。

ローン申し込み機は土日や祝日なども営業していますし、設置場所によっては午前8時から午後9時までの営業時間になっているので、仕事で忙しいと言う人でも即日借入を受ける事も出来ます。

ローン申し込み機の場合は三井住友銀行や三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行に口座を持っていない人でも、その場で専用カードを受け取れる、併設されているATMを使えば即日融資を受ける事も出来ます。


関連記事

  1. キャッシング会社

    アコムの金利は?流れは?審査が不安な人こそアコムがおすすめ!

    アコムの金利は?流れは?審査が不安な人こそアコムがおすすめ!「は・…

  2. キャッシング会社

    銀行系カードローン問題の解説・注目の「新生銀行レイク再編」について

    銀行系カードローンの問題点キャッシングに詳しい方にとっては周知…

  3. 手続き

    金融事故情報の削除方法は?

    どうすれば載ってしまった消費者金融の金融事故情報を自分の名前から消して…

  4. 手続き

    カードローンの使用用途は審査の参考にされやすい

    カードローンにより調達した資金は、原則として用途自由とされています。…

  5. 初めての利用

    スマホでカードローンを契約する手順を解説します

    最近カードローンは、申し込みからキャッシングまでスマホがあれば自宅から…

  6. 手続き

    カードローンの申込み時についた嘘はすぐにバレる上にペナルティーも有り得ます

    カードローンに申込みを行なう際には、既に借入額が多かったり、他社借入件…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 手続き

    カードローンの申込み時についた嘘はすぐにバレる上にペナルティーも有り得ます
  2. 初めての利用

    無利息キャッシングサービスを提供している業者と利用する時の注意点
  3. 基礎知識

    キャッシングの無利息サービスは適用条件と意図に注意しよう
  4. 職業・性別

    個人事業主のローン選び。事業用資金や生活費借り入れはどうする?
  5. 基礎知識

    カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前に知っておきたいこと…
PAGE TOP