初めての利用

カードローン審査でお金を借りる時にバレる嘘・バレない嘘とは

他社借入総額を偽るとどうなる?

カードローン申込者が「嘘」を記入してしまいがちな項目とは、一体なんでしょうか。

もっとも多いのが、他社借入総額です。

 

審査可否が不安な人は、誰でも「総量規制」が特に気になるもの。

すでに1〜数社借入をしている人なら、”少しくらいいいだろう”という気持ちで少なく書いてしまいがちです。

 

結論から言えば、この「嘘」はすぐにバレます。

なぜなら、10万円以上の希望限度額で申し込んだ場合、審査部門で必ず本当の他社借入額を調べるからです

借入総額の嘘によるデメリット

本当の他社借入総額をもとに”審査可決“が出れば何の問題もありませんが、否決となってしまった場合は、大きなハンデとなってしまいます。

なぜなら、「キャッシング希望額がいくらだったか/審査否決となった理由/申し込み情報に嘘があったこと」がセットで信用情報機関に登録されるためです。

いわゆる”申し込みブラック”という状態になり、他社キャッシング審査・クレジットカード審査に通ることがきわめて困難になります。

 

この状態はおよそ6ヶ月続き、この間に債務整理へと駆け込む人も少なくありません。

債務整理に至る人の傾向

自己破産者の傾向を調べる弁護士会の情報によると、「破産申立前の1年以内に、他社借入額を偽ってキャッシングしようとした人」が、実に6割以上にのぼるとのこと。

気軽な気持ちで嘘を書いているつもりでも、それ自体が債務過多レッドサインということは十分にありえます。

申し込み時にバレない嘘とは

少し危ない橋とはなりますが、申し込み時に審査部門で確認できないことを上げていきましょう。

雇用形態

収入証明書として、勤務先の記載のない「所得(課税)証明書」を提出してしまえば、金融会社も調べようがありません。

在籍確認時に「この人の雇用形態はなんですか?」と尋ねることも、個人情報保護法・貸金業法などに違反するとされています。

家族構成/所有している不動産や車情報

こちらも、個人向けキャッシングにおいては審査できない…というより、審査を禁じられている項目になります。

なぜなら、”個人向け貸金業”というもの自体が保証人不要・無担保を前提としているため、返済不能におちいった場合の督促先・担保を把握しておくのは、これも法で禁じられているからです。

ただし、自己破産・個人再生など、裁判所を通す形での債務整理をした場合は、金融会社に把握されてしまいます。


関連記事

  1. 初めての利用

    家族にキャッシングの借金バレするケース・絶対にバレないようにする方法

    郵送物でバレるケース借金の事実が家族にバレるきっかけとして…

  2. 初めての利用

    専業主婦がキャッシングをする時に考えられる3つの方法

    キャッシングをする時は即日融資に対応している大手の消費者金融を利用する…

  3. 手続き

    カードローンの申込み時についた嘘はすぐにバレる上にペナルティーも有り得ます

    カードローンに申込みを行なう際には、既に借入額が多かったり、他社借入件…

  4. モビットのWEB完結申込みなら審査完了までスムーズ

    手続き

    SMBCモビットのWEB完結申込みなら審査完了までスムーズ

    勤務先への在籍確認は多くの金融業者が行いますが、会社の方針により難しい…

  5. 初めての利用

    消費者金融の商品、何を選べばいい?

    消費者金融の商品とは消費者金融を利用したいと考えて、ホームページを…

  6. 初めての利用

    カードローン在籍確認の実際の流れと水商売&風俗店勤務者の押さえるべきポイント

    在籍確認の概要キャッシング・カードローンの契約において、1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 消費者金融

    できるだけ低金利の消費者金融は?
  2. カードローンの繰り上げ返済

    返済

    カードローンの繰り上げ返済について知っておきたいこと・上手に返済するコツまとめ
  3. その他

    消費者金融の金融事故情報ってなに?
  4. 初めての利用

    アイフルの審査を受ける前に自らの信用情報を確認したい
  5. キャッシング会社

    銀行系カードローン問題の解説・注目の「新生銀行レイク再編」について
PAGE TOP