職業・性別

カードローンの随時返済は繰上返済に相当します

カードローンの契約を行なう際には、金利を気にする人が多いものの、返済方法については細かく確認しない人がいます。

しかし、返済方法が優れていれば、完済までの期間を短くすることが出来るので、カードローン申し込み先を選ぶ時には返済方法が自由な金融業者を選ぶと良いでしょう。

プロミスのアプリローン

カードローンには約定返済と随時返済があります

カードローンの返済方法には、大きく分けて約定返済と随時返済の2種類があります。

約定返済は、毎月決まった日に返済を行なうか35日サイクルで返済を繰り返す消費者金融の方法がよく知られています。

銀行口座引き落とし手続きをすると、毎月決まった日に引き落とされるので、約定返済は基本の返済方法です。

随時返済という名前に聞き覚えが無い人であっても、繰上返済という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。
住宅ローンや目的ローンを借入する際に、毎月の返済額に加えてまとまったお金が溜まった段階で一気に一定額を返済するわけですが、多くの場合で繰上返済手数料がかかります。

しかし、カードローンの多くでは随時返済という形でいつでも任意の金額を手数料無しで返済することが出来る制度を設けています。

なぜなら、約定返済額はあくまでも最小返済額であって、カードローンの借入では最小返済額以上の金額の返済は自由に行える利用規約となっているからです。

随時返済を行わないと元金の減り方が少ない

随時返済の重要性は、毎月一定日に支払う約定返済額の内訳を確認すると良く分かります。

約定返済額は最小返済額ですから、残高スライドリボルビング方式を採用していることが多いカードローンでは、約定返済額のうち半数近くが利息となっていて、元金の返済額が半額といった例が少なくありません。

随時返済を行なった分については、利息の支払いではなく元金返済にそっくり充てられるので、随時返済を頑張った分だけ元金を早期に減らすことが可能となります。

利息の計算方法は、利用残高である元金に金利と前回返済日からの日数を日割り計算して掛けた金額となるので、元金を減らした分だけ毎回支払う利息を減額することが出来るわけです。

総利息を減らせれば、完済を早めることが出来るので、早期完済を目指すなら随時返済を組み合わせると良いでしょう。

随時返済を行なったら約定返済を忘れずに

勘違いしがちなこととして、随時返済を行なった直後に訪れる約定返済を行わない人が時々出てしまいます。
随時返済は、任意で行なう増額払いですから、基本の約定返済日に口座振替による引き落としが出来なければ、滞納という扱いとなる点に注意が必要です。

特に約定返済を口座振替としていて、随時返済を専用ローンカードによる直接ATM支払いとしていると、約定返済に回すお金まで随時返済に入れてしまう人が少なくありません。

あくまでも金融業者との返済約束は、定期払いとなる約定返済であって、随時返済は繰上返済に過ぎないという認識を持たなければ思わぬ督促を受けてしまうでしょう。

金融業者にとっては、返済をしっかり守ってもらえることが信用実績として積み上げられることに繋がるので、随時返済額が多くても約定返済日に残高不足で口座引き落としが出来ない状況となることは望ましいことではありません。

随時返済については、あくまでも任意返済という意味合いがあるので、延滞利息がかかることは無く、カードローンでは随時返済手数料すら不要ですから、利用しやすい制度と考えられています。

しかし、約定返済が金融業者との約束をした返済という基本的なことを理解した上で、約定返済により完済を早めないと、約定返済を忘れて遅延損害金を請求されたのでは割に合わないでしょう。

総返済額を減らすことが目的です

随時返済の目的は、総返済額を減らすことにあるので、計画的に無理なく返済に組み込んで行く必要があります。

カードローンの多くは、残高スライドリボルビング方式が採用されているので、随時返済により元金が減った分だけ、約定返済額が段階的に減らされて行くことが多いです。

しかし、約定返済額が減った分だけ元金返済ペースが落ちることになるので、随時返済額は一定ではなく約定返済額に含まれる元金返済額から計算して随時返済額を決めると良いでしょう。

カードローンの中には、元金定額返済方式を選択出来る金融商品も一部には存在しているので、元金を定額返済となるように目標額を定めて、計画的に返済することが望ましいです。

最小返済額で返済する元金を毎月把握しておけば、目標とする毎月の元金返済額との差額を随時返済することにより、現在の借入残高を毎月返済する元金返済額で割れば、返済回数を簡単に導き出せるでしょう。

元金返済額を把握しながら随時返済を行えば、完済までの期間短縮だけでなく、返済回数と元金が減った分だけ支払う総利息を減らせることになるわけです。

約定返済に随時返済を組み合わせれば、自然と計画的な返済が行えるようになるでしょう。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングとは…
  2. カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前…
  3. 奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング…
  4. SNSで話題の「サブカルローン」とは?
  5. 債務整理は早急に!利息だけ(最低返済額)支払い続けることのデ…
  1. 基礎知識

    カードローンの用途は審査時になぜ重視されるのか
  2. 基礎知識

    そんなあなたにおすすめ!カードローン~即日・金利・女性など~
  3. 職業・性別

    専業主婦でも借り入れできるカードローン。どんな条件がある?
  4. 基礎知識

    総量規制の対象となっている消費者金融でお金を借りるメリット
  5. 基礎知識

    中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって本当?
PAGE TOP