利用中の方

カードローンの限度額の増額を行う際に最低限頭に入れておきたいこと

最初は利用に慣れていないということもあって、低い限度額で利用していたカードローンも利用に慣れてくると、「今よりもっと多くの金額を借りてみたい」と考えるようになっても不思議ではありません。

 

そこで、今回は限度額の増額を行うにあたって、最低限頭に入れておきたいことについてお話ししていきたいと思います。

増額するにあたっての条件

まず、最初にお断りしておくと、カードローンの増額も、新規お申し込み時と同様、だれでも行えるわけではなく、きちんと審査も行われます。

審査ではこれまでのカードローンの利用履歴や、他の会社からの借入に関してもチェックするものとなっていますので、れらに問題があるような人は審査で不合格となる可能性が高くなってしまうのです。

 

また、増額をした結果、その会社での限度額が50万円を超過する場合、もしくは、他の会社からの借入金額を合算して100万円を超過する場合は収入証明書類の提出も必要になってきます。

増額の審査の通りやすい人

増額の審査でより合格する可能性を高めたいのであれば、まず、新規お申し込み時よりも収入が増えているという点がポイントとなってきます。

これは、言うまでもなく、きちんと返済を行える可能性が高まるためです。

 

次に、増額を希望している会社のカードローンを含め、他の会社のカードローンにおいても返済を遅らせたことがないといった点も重要になってきます。

増額を認めればカードローン会社側にとっては、それだけ返済が行われなくリスクが高まるため、増額の審査においても新規お申し込み時と同様、このような信用情報は必ずチェックするものとなっているのです。

 

そして、もう一つ重要となってくるのは、増額を希望しているカードローンの利用期間であり、ある程度利用してからでないと増額を行うことはできません。

この必要な利用期間に関しては各々のカードローン会社によって違ってくるわけですが、最低でも半年間の利用は必要だと思ってください。

ただ、ここで注意したいのは定期的に借入を行った上での半年間ということであり、お申し込み後にほとんどカードローンの利用をしていない人の場合は、カードローン会社における信頼度が高くなっていないため、審査で合格するのは難しくなってきます。

増額の審査を受ける方法

増額の審査を受ける方法としては、自らカードローン会社のホームページや、電話でお申し込みするという方法と、カードローン会社側からの案内が来てからお申し込みするという方法の2通りがあります。

どちらの方法を用いた場合でも審査を受けることになりますが、より合格しやすいのは後者の方法を用いてお申し込みを行った場合です。

 

カードローン会社がこのような案内を出すのは、それだけ利用者のことを信頼しているためとも言えますので、もし、増額の案内が来た場合は積極的に審査を受けてみることをおすすめいたします。

増額を行うことのメリット

増額を行うことに成功するとこれまでよりも多くの借入ができるのはもちろんですが、同時に金利を低くできるというメリットがあります。

これは、消費者金融、銀行に関係なく、カードローンの金利というのは、借入額が多くなるほど金利は低くなるという性質があるからです。

 

また、それまでよりも借入額が増えれば、お金が足りなくなるといったケースも少なくなりますので、借入件数を増やさなくて済むという点もメリットの一つと言えるでしょう。

増額を行うことのデメリット

しかし、増額のお申し込みをする際にもデメリットがありますので、ここできちんと押さえておくようにしましょう。

 

デメリットとしてまず言えるのは、増額のお申し込みをきっかけに現在より限度額が下がってしまうことがあるという点で、これは、自ら増額のお申し込みをする際に発生し得ることであります。

過去にそのカードローンで返済を遅らせたことによって、信頼度が下がっているのにもかかわらず、お申し込みをしてしまうと増額の審査で不合格となるばかりか、現在よりも限度額が低くなってしまう危険があるのです。

 

ですから、自らお申し込みする際には、そのカードローンにおける過去の利用履歴をチェックし、問題がないことが分かってからお申し込みをするようにしてください。

増額の審査を受けるにあたっての注意点

前述した通り、増額の審査も必ず合格できるものとはなっていないため、審査で不合格となってしまっても不思議ではありません。

その際、注意したいのは審査で不合格となってから、短期間でのお申し込みは避けるということです。

実は増額のお申し込みに関しても、新規お申し込みと同様、信用情報に記録が残るものとなっていますので、増額の審査で不合格になったからと言って、短期間で何度もお申し込みをしてしまうと『複数同時申し込み』として記録が残ってしまいます。

 

そのため、増額の審査で不合格となった場合の次のお申し込みに関しては、少なくとも半年以上経過してから行うようにしてください。

関連記事

  1. 基礎知識

    中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって本当?

    カードローンでキャッシングを考えた時、借り入れ先として真っ先に…

  2. 初めての利用

    スマホでカードローンを契約する手順を解説します

    最近カードローンは、申し込みからキャッシングまでスマホがあれば自宅から…

  3. 基礎知識

    督促時の郵送物とは?種類別の状況解説・対応方法について

    「督促状」の重み督促状は、送達を確認するために「転送不要の…

  4. 利用中の方

    最初の審査だけで安心するのは禁物!カードローンの途上与信とは?

    ある会社で初めてカードローンのお申込みをする際には審査が行われることは…

  5. キャッシング会社

    キャッシング審査に落ちる代表的な原因まとめ

    審査落ちの原因1「債務整理情報」いわゆる”ブラックリスト”、信…

  6. 消費者金融 嘘

    お金に関する怖い話

    勤続年数や年収などの嘘はばれる?

    勤続年数や年収・雇用形態の嘘お金を借りるときに、審査に少しでも有利…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  4. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  1. その他

    消費者金融の金融事故情報ってなに?
  2. 基礎知識

    カードローンで借入をするために必要な専用ローンカードの受け取りに注意したい
  3. 職業・性別

    アルバイト・派遣社員必見!キャッシングする方法を伝授!即日もOK
  4. カードローンの繰り上げ返済

    返済

    カードローンの繰り上げ返済について知っておきたいこと・上手に返済するコツまとめ
  5. 基礎知識

    保証人をつければカードローンで借りられる?「保証」の徹底解説
PAGE TOP