基礎知識

カードローンの返済方法が豊富な商品を選びましょう

カードローンを利用する時に返済計画を綿密に立てて借りる人は、例え計画的な利用を呼びかけてもさほど多くない現実があります。

金利がなるべく低くて返済額が少なければ良いと考えてしまっている人が後を絶たない状況です。

カードローンの返済方法として多く採用されている残高スライドリボルビング方式について詳しく知っておけば、返済額として指定されている金額が最小返済額にすぎないことに気が付くでしょう。

カードローンの返済方法には種類がある

カードローンの返済を行なう時には、毎月決まった日に返済を行なう約定返済が一般的です。

しかし、随時返済と呼ばれるいつでも好きなタイミングで返済を行なう方法があります。

苦しい月は約定返済のみを行い、余裕がある月は約定返済に加えて随時返済として追加の返済額を入金する方法です。

約定返済によって支払われる金額には、元金と利息の両方が含まれますが、追加で支払う随時返済については返済額がそのまま元金返済額になります。

約定返済を今まで通りに続けながら、随時返済を合間に入れることで元金の減り方を加速出来るわけです。

随時返済をどのように行なうかについては、利用規約に詳しく書かれているので、見落としている場合にはもう一度しっかりと確認しておくと良いでしょう。

随時返済を行なっても手数料は掛からない

随時返済を行なう際には、銀行が行っている証書融資のように繰り上げ返済に対して手数料が必要になると思われがちですが、カードローンの返済時には繰り上げ返済手数料は不要です。

好きなタイミングで追加返済を積極的に行なった方が、完済を早めることが出来るでしょう。

残高スライドリボルビング方式で返済を行なうと、返済額として指定されている金額を返済するだけでは、元金の減り方が極端に遅くなりがちです。

金融業者にとっては、金利が一定の環境下では返済回数をいかに長く引き伸ばすかが、利益を拡大させる際に重要です。

約定返済額に最小返済額を指定して、残高スライドリボルビング方式とすれば段階的に返済額を減らせるので、常に最小返済額のうち元金返済に占める割合を低く保てます。

金融業者にとって元金を早く完済されてしまうことは、利息を多く受け取れなくなるものですから、随時返済を推奨することはないでしょう。

随時返済を行なう方法についても、積極的に案内して推奨している金融業者が見られないのは、自ら利益を減らすことはしないからです。

ATMを利用した随時返済なら手軽です

カードローンを利用する際に、毎回専用ローンカードで約定返済をしている人はさほど多くありません。

コンビニATMが普及したとはいえ、全国全ての地域を網羅出来ているわけではなく、金融業者が設置しているATMやCD機を利用して返済している人もいるでしょう

ATMで毎月返済している状態であれば、約定返済をする時に随時返済しようとしていた金額を合わせて振り込めば良いわけです。

約定返済額には利息の支払いが含まれるので、約定返済額に含まれる元金と随時返済額の合計金額が元金返済に充当されます。

約定返済が銀行口座自動引き落としならば、元金充当額を計算して随時返済額と合わせた元金返済額がなるべく一定となるように返済すれば、実質的に元金均等払いに近づくでしょう。

最も随時返済を行いにくくしているのは、専用ローンカードが発行されない振込融資専用タイプの金融商品を契約している場合です。

会員サイト経由で次回返済引き落とし金額を毎回引き上げるよう登録する必要があります。

計画的に設定しなければ、約定返済を数日延滞する結果になりかねません

会員サイト経由で全ての手続を行なうタイプでは、カスタマーセンターに随時返済について相談しておくと良いでしょう。

毎回増額支払い申請が出来るカードローンを探すと良い

カードローンの支払い方法としては、残高スライドリボルビング方式よりも元金均等払いを行なった方が、着実に一定額の元金を減らせるので有利です。

随時返済を手軽に行えるカードローンを選べば良いわけですが、可能ならば毎回増額支払申請が出来るカードローンを選べば、一定額を常に返済可能です。

返済が苦しくなりすぎてストレスを溜めてしまうと、返済疲れにより体調を壊すリスクが出てしまうでしょう。

手軽に返済できる専用ローンカードを用いたATMでの随時返済ならば、手軽に利用出来ますが、計画的に随時返済を行なうには強い精神力が必要となります。

無理のない範囲で約定返済に随時返済を加えることが出来れば、返済方法としては最強の組み合わせになるでしょう。

毎回専用会員サイト経由またはコールセンターへの連絡により、随時返済を上乗せした金額を銀行口座から引き落としてもらえれば、強い精神力が無くとも完済を早めることが出来るでしょう。

随時返済が辛いと思われた月は、増額申請をしなければ良いので、随時返済を宣言した月は何としても増額返済を行なうと決めれば、完済に早く迎えることが出来ます

 


関連記事

  1. 基礎知識

    SNSで話題の「サブカルローン」とは?

    スルガ銀行のカードローンの特徴サブカルローンの説明に入…

  2. 基礎知識

    保証人をつければカードローンで借りられる?「保証」の徹底解説

    カードローンに保証人は必要なのか?大手都市銀行銀行・地…

  3. 基礎知識

    上手に利用したいSMBCモビットのメリットと注意したいデメリット

    SMBCモビットはSMBCグループ傘下に入っている大手の消費者金融なの…

  4. 基礎知識

    消費者金融と銀行カードローンの比較

    カードローンの種類個人向け融資商品カードローンを展開しているのは、…

  5. 基礎知識

    カードローンは無職の状態では原則としては借りられないが…

    お金が無いからこそカードローンを利用して一時的に乗り切ることになります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 基礎知識

    上手に利用したいSMBCモビットのメリットと注意したいデメリット
  2. 基礎知識

    消費者金融からいくら借りられるか不安な人へ…限度額審査についてのまとめ
  3. お金に関する怖い話

    クレジットカードのショッピング枠の現金化は絶対にやめるべき!そのペナルティとは?…
  4. 職業・性別

    安定した収入の意義〜パートで勤務中の人が借金するときの心得
  5. 手続き

    消費者金融の審査から融資まで
PAGE TOP