利用中の方

カードローンの借り換えは総利息に注意したい

貸金業者のカードローンを利用していると、低金利なカードローン商品を見かけるたびに借り換えた方が良いのでは無いかと考えるでしょう。

 

しかし、金利が少し低い程度では、借り換えによって総利息が増えてしまう可能性があるので、いくつかのポイントを確認してから行なう必要があります。

複数の借入先を1本化するなら借り換えメリットがある

カードローンの借り換えによるメリットには、利息制限法で定められている法定金利で借りている場合には、金利引き下げ効果が狙えます。

しかし、1%程度の金利差ではメリットをほとんど感じられないばかりか、返済方法によっては総支払額が増えてしまう可能性があります。

 

ポイントとなるのは、複数の借入を1本化して100万円以上のカードローンに借り換えられるかどうかです。

利息制限法では、10万円以上100万円未満の法定金利は18%ですが、100万円以上では15%に制限されます。

今まで18%で借りていた複数のカードローンを1本化して15%の金利で借り換えることが出来れば、3%も金利を引き下げられるでしょう。

 

100万円の借入であれば年3万円利息が減ることになるので、カードローンの借り換えはお得となりやすいわけです。

借り換えを繰り返すことは避けたい

金利が1%低いカードローンへの借り換えは、繰り返してしまうと借金額を増やす可能性があるので注意が必要です。

特に一気に借り換えを行わず、併存させている期間が長いほど、単利と複利の違いにより借り換えによって返済額が増えてしまう状況も生まれる点に注意しなければなりません。

 

貸金業法に基づく貸付では、金利は元金のみにかかる単利であって、複利は禁止されています。

しかし、中途半端な借り換えをすると借りたお金で返済を行なう事態が生まれてしまうので、実質的な複利となってしまいます。

貸金業者にとっては単利で貸しているつもりであっても、利用者が自ら少しずつ借り換えをしようとすると複利になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

分かりにくい計算をしてまで僅かな金利差で借り換えする意味は少ないでしょう。

現在の返済額内訳を確認してから借り換えを検討しよう

カードローンの借り換えを行なう時に最も注意しなければならないことは、元金の返済額です。

高金利のカードローンから低金利のカードローンへ借り換えを行なうと、金利が下がった分だけ得をしたように考えがちですが、残高スライドリボルビング方式という貸金業者にとって有利な返済方式では、利息の支払額が多くなる傾向があります。

 

低金利なカードローンほど最小返済額が少ないので、借り換え前に返済していた金額のうち元金をいくら支払っていたのか把握しておく必要があります。

元金の返済額が低金利なカードローンへの借り換えによって減少しないように注意して返済を行えば、金利が低い分だけ利息の支払額を減らせます。

 

低金利なカードローンでは、最小返済額が低く抑えられているので、返済が楽になったと感じた時点で元金返済額も減らされている点に注意が必要です。

約定返済額として最小返済額が指定されているので、随時返済として元金が少なくとも借り換え前と同額となるように毎回調整して返済を行なうと良いでしょう。

 

カードローンの借り換えでは、随時返済をしやすいカードローンを選ばなければ、毎回調整する手間が増えてしまいます。

金利だけでなく元金と随時返済のしやすさも、借り換える際には検討して選ぶことが大切です。

元金を均等返済出来るように工夫すれば完済が早まる

借り換え先のカードローンとして、理想は元金均等返済方式を採用しているカードローンを探すことですが、実際には多くの貸金業者が残高スライド元利均等リボルビング方式を採用しています。

利息の計算方法は、元金に金利と借入日数を掛けることで導き出せます。

 

貸金業者にとっては、金利を下げても借入日数を増やせれば受け取る総利息を増やすことが出来ます。

返済する際に元金返済額を毎回チェックする人は、最初から元金均等返済のカードローンを探すので、最小返済額を少な目に設定することで長期間借入日数を稼ぐことが出来るわけです。

 

残高スライドリボルビング方式であっても、約定返済額から元金を割り出して随時返済という形で毎回元金返済額を増やせば、元金返済額を多少の誤差はあるものの一定に保つことが出来ます。

総借入残高を毎回の元金返済額で割れば、返済回数が残り何回か簡単に計算出来るでしょう。

 

残高スライドリボルビング方式では、数学が得意な人や金融関係の仕事をしている人以外は、総返済回数をすぐに答えることが出来ません。

カードローンの借り換えを行なう際には、何回で完済出来るのか意識しておくことが完済を確実かつ早く終わらせる秘訣です。

 

目の前の返済が厳しいから借り換えをするといった状況では、総利息を増やしてしまう借り換えを行なってしまう可能性があるので、冷静になって元金返済額に着目してカードローンの借り換え判断を行なうと良いでしょう。


関連記事

  1. 利用中の方

    カードローンの限度額の増額を行う際に最低限頭に入れておきたいこと

    最初は利用に慣れていないということもあって、低い限度額で利用していたカ…

  2. その他

    “借金で苦しむ人”の傾向・上手なお金との付き合い方

    借金問題に悩む人の特徴「改正貸金業法」の施行で”サラ金”問題が…

  3. 利用中の方

    借金や債務整理は、家族との生活に影響するのか?徹底解説

    借金の家族への影響個人向けキャッシングによる家族への影響は、「…

  4. 利用中の方

    金融事故情報が載ってもお金をやりくりする方法

    2,3カ月返済が遅れた時とか、債務整理をしたりするといわゆる消費者金融…

  5. 消費者金融 電話

    利用中の方

    知っておけば怖くない。消費者金融から電話がくる4つのケース

    消費者金融からの電話消費者金融から電話がかかってくることがあると聞…

  6. 利用中の方

    最初の審査だけで安心するのは禁物!カードローンの途上与信とは?

    ある会社で初めてカードローンのお申込みをする際には審査が行われることは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  5. プロミスのカードローンは審査手続きの利便性も高い
  1. 職業・性別

    カードローンの随時返済は繰上返済に相当します
  2. 基礎知識

    カードローンの用途は審査時になぜ重視されるのか
  3. 初めての利用

    消費者金融にキャッシングの申し込みをスマホ完結で行う3つのメリット
  4. 初めての利用

    キャッシング契約時に職場に対して電話なしで審査を行えるか
  5. お金に関する怖い話

    家族が消費者金融から借金したら?やるべき事・出来る事のまとめ
PAGE TOP