基礎知識

カードローンには仮審査と本審査を設けている金融業者が多いが、その違いとは?

カードローンの申込み先を比較検討していると、簡易審査または仮審査と呼ばれる項目を目にすることがあるでしょう。

カードローンの審査が2段階となっていると思われがちですが、実際には本審査しか行われていません。

 

仮審査を実施していない金融業者も多いので、審査の仕組みについて理解しておくことは、無駄な申込みを行わないために重要です。

簡易審査または仮審査を積極的に活用するメリット

消費者金融だけでなく銀行カードローンであっても簡易審査または仮審査を公式ホームページから行っていることが少なくありません。

本審査と何が違うのか疑問に思う原因として、仮審査を受けてから再度本審査を受けるためには再度申し込み手続きが必要になるからです。

 

仮審査の段階では、個人情報を入力することは無く、他社借入件数や年収、雇用形態と勤続年数といった基本的な内容のみを入力して、数分から30分程度待つだけで仮審査結果が送られてきます。

中には入力すると瞬時に画面上に仮審査結果がひょうじされることさえあるでしょう。

 

仮審査では、個人情報を使わずに入力した項目を点数化して合計数値が基準を超えているかどうかを判定するスコアリング審査のみが行われています。

匿名で仮審査を受けられるので、申込み希望者にとっては、審査に通過する可能性を診断してもらうことが出来る重要なツールとなるわけです。

同じ金融業者であっても、カードローン商品によって契約者に求める信用力に違いがあるので、同じ金融業者であっても仮審査結果はカードローン商品ごとに異なります。

 

仮審査は、申込者にとって審査に通りやすいと考えられるカードローンを探す際に役立つシステムです。

仮審査は金融業者にとっても利点がある

仮審査の制度を設けていない金融業者がいることは、金融業者ごとの考え方による違いが影響しています。

 

全ての申込み希望者に対して、必ず本審査を行なう金融業者は、中小消費者金融に多く、大手消費者金融では仮審査を導入している会社が多い傾向にあります。

なぜなら、大手消費者金融では審査対象となる人のみ本審査に進んで欲しいと考えているので、最初から仮審査段階で厳しい判断が出ている人には申込みを避けて欲しいという狙いがあるからです。

 

本審査では、必ず審査担当者の目で確認する項目があるので、全ての人が本審査に進んでしまうと、最初から審査基準に達していない人に対して審査落ちの連絡を行なう必要が出て来るだけでなく、クレーム対応のためにコールセンターにも負荷がかかりやすくなります。

審査落ちリスクが高い申込者がいくら増えても、大手消費者金融にとって契約が成立しなければ利息を受け取れずに経費ばかりが嵩んでしまうことになりかねません。

 

仮審査は、申込数を抑制するために役立つわけです。

本審査に進んだ段階で個人信用情報機関へ信用情報照会が行われる

カードローンの本審査に進んだ段階で、審査担当者は申込者の個人情報を基にして個人信用情報機関へ信用情報照会をかけます。

仮審査段階では、属性によるスコアリング審査のみですから、信用情報と照合して確かに申告通りの与信力があることを確認しなければ審査結果を出せません。

 

他社借入額に相違が無いか確認するだけでなく、消費者金融であれば貸金業法に規定された総量規制に抵触していないか確認する必要があります。

申込内容と個人信用情報機関へ登録されている信用情報に相違が無く、審査基準に合致していることが判明した段階で、勤務先への在籍確認電話を入れて安定収入があることを確認します。

最終的な判断が出た段階で、本審査に通過したことを申込者に連絡して専用ローンカード発行手続きに移行することになるでしょう。

 

本審査では、安定した収入が継続して見込めることを勤務先への在籍確認により確認する業務も行います。

信用情報照会に記録されている勤務先情報については、過去のものとなるので必ずしも信用しているわけではありません。

申し込み履歴を残さないためにも仮審査を活用しよう

カードローンの申込みを行なう際には、本審査に進んだ数だけ個人信用情報機関へ信用情報照会が行われることになります。

申込み履歴は、リアルタイムに反映されることになるので、同時申し込みを行なった事実は金融業者にすぐに分かってしまうでしょう。

仮審査のみを行なった場合には、個人情報を提供せずにスコアリング審査を行っているだけですから、信用情報照会は行われません。

 

申し込み履歴があるものの、契約履歴が無ければ審査落ちしたことが他の金融業者にも分かってしまうので、申込み履歴が登録される最大6ヶ月間に多数のカードローン申込みを行なうと、金融業者にとっては他社に審査落ちしている申込者という点から自社の審査基準に到達していても、リスク回避のために審査落ちとなりかねません。

複数の申し込み履歴が残っている状況では、本来審査に通るカードローンであっても、申込み履歴が消えるまでは審査見送りとなる点に注意が必要です。

 

仮審査を受けることで、審査に通る見込みが高いカードローンを探してから、本審査に申込むカードローンの数を最小限に抑えることが得策となるでしょう。


関連記事

  1. 基礎知識

    カードローンの返済方法を知って完済を早めましょう

    カードローンを申し込む際には、借りられることを最優先として考えてしまう…

  2. 基礎知識

    カードローンの利用限度額を左右するポイントを押さえておきたい

    金融業者から借入を行なう際には、利用限度額の範囲内で自由に貸し借りが出…

  3. 基礎知識

    保証人をつければカードローンで借りられる?「保証」の徹底解説

    カードローンに保証人は必要なのか?大手都市銀行銀行・地…

  4. 基礎知識

    キャッシングの無利息サービスは適用条件と意図に注意しよう

    キャッシングを申し込む際に、金利条件が同じであれば、無利息サービスが付…

  5. 基礎知識

    おまとめローンを利用して複数のカードローンからの借り入れを一本化するメリットと注意点

    消費者金融のカードローンのサービスは自動契約機の他にWEB完結申込を利…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. その他

    消費者金融の金融事故情報ってなに?
  2. 手続き

    大手の消費者金融で収入証明書不要の即日キャッシングをする事について
  3. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント
  4. レディースローン

    キャッシング会社

    レディースローンのホントのこと。
  5. キャッシング会社

    アイフルの審査は?金利は?流れは?即日で借りたい方は必読です!
PAGE TOP