カードローン 状況別

カードローンとおまとめローンは使い分けが肝心です

複数のカードローンを利用していると、返済日が複数ある状況から、管理が難しくなりがちです。

完済を目指そうとした時には、借りては返すといった方法から脱却して、地道に返済して行く道を辿ることが重要です。

完済を目指す人の中には、おまとめローンの利用を考えている人も少なくありません。

しかし、カードローンとおまとめローンの違いを理解していなければ、目指す成果が本当に得られるとは限らないでしょう。

おまとめローンは貸金業法に基づく総量規制の例外です

貸金業法に基づき貸付を行っている信販会社と消費者金融は、年収の1/3を超える貸付を総量規制により原則として禁止されています。

しかし、貸金業法に基づき複数の借入を1本化する場合には、金利引下げ効果が見込めるので、債務者にとって一方的に有利な借り換えとしておまとめローンは、総量規制の例外として年収の1/3を超える貸付が認められています。

おまとめローンに借り換えを行なっても、金利引下げ効果が見込めない場合については、おまとめローンが総量規制の例外と認められないことがある点に注意が必要です。

総量規制は、貸金業者に対して罰則付きの規定を設けているので、条件を完全に満たさない限りは借り換えが認められません。

おまとめローンに申し込めば全て総量規制の例外として認められるわけでは無いことを知っておくと良いでしょう。

おまとめローンを利用する理由とは

おまとめローンが人気を集める理由は、借り換えにより金利引下げ効果が狙えるからです。

利息制限法により、金融業者が貸付を行なう際の上限金利が定められており、10万円を超えて100万円以下の貸付には18%、100万円超えの貸付には15%が上限金利として定められています。

複数の貸金業者から100万円以下の借入を行っている場合には、100万円超えの利用限度額となるおまとめローンへ借り換え出来れば、上限金利の違いから金利引き下げ効果が狙えるでしょう。

おまとめローンを複数の貸金業者が競争して取り扱っていることから、実際には法定金利よりも低い金利でおまとめローンが組まれるケースが増えています

複数のカードローンから小口融資を受けるよりも、借入を1本化して金利を引き下げた方が総利息を減らせるわけです。

銀行カードローンを利用すれば低金利融資を受けられます

貸金業者が行なう総量規制の例外としてのおまとめローンとライバル関係にあるのが、銀行カードローンです。

銀行カードローンは、銀行法に基づき貸付が行われているので、そもそも総量規制対象外です。

銀行が行なう審査結果次第では、年収の1/3を超える利用限度額を設定することが可能となり、実質的なおまとめローンとしての利用が可能となります。

銀行カードローンは、最初から低金利で貸付が行われていますが、大口融資となるほど更に低金利となっています。

消費者金融が行なうおまとめローンよりも低金利な貸付条件で大口融資を受けられる可能性があるので、銀行カードローンは実質的なおまとめローンとしての使い道にも利用されています。

銀行カードローンが低金利で貸付出来る理由

銀行カードローンが、消費者金融のおまとめローンよりも低金利融資が行える理由として、保証会社の存在があります。

銀行は、利用者が保証会社との保証契約を結ぶことを条件として銀行カードローンの審査を通しているので、長期延滞が発生した際には銀行が損をしない仕組みが既に構築されているわけです。

長期延滞時に、銀行は保証会社に対して代位弁済請求を行なうので、貸付残高を全額回収出来ます。

代位弁済を行なった保証会社が利用者に対して一括返済を求めることになるので、結果的に銀行にリスクは無いわけです。

銀行が損をしない仕組みが作られていることから、銀行カードローンは低金利融資を行なうことが出来ます。

銀行カードローンをおまとめローンとして利用する

 

銀行カードローンとおまとめローンの金利を比べて、低金利で借入が出来る方を選べば良いでしょう。

しかし、貸金業法に基づくおまとめローンを利用する際には、返済期間中に注意点があります。

おまとめローンに複数のカードローンから借り換えると、おまとめローンが完済されるまでの期間は、他社からの追加借入が出来無い点を見落とさないようにしましょう。

いざという時のために、おまとめローンの返済をしながら貯蓄も行わないと、緊急時の追加借入に窮する可能性があるわけです。

一方、銀行カードローンならば、利用限度額の範囲内で繰り返し追加借入が可能ですから、完済を目指すために借り換えているものの、緊急時には追加借入が可能という違いが生まれます。

貸金業法に基づく総量規制の例外として行われるおまとめローンは、完済のみを目指すために追加借入が他社も含めて完済まで出来ないという仕組みにより、確実に完済を目指すために行われています。

銀行カードローンは、実質的におまとめローンとして利用したとしても、通常のカードローン貸付と変わらないので、返済を続けながら追加借入が可能という違いがあります。

銀行カードローンの審査に通るならば、実質的なおまとめローンとして利用すると良いでしょう。

 


関連記事

  1. カードローン 状況別

    キャッシング審査と自動車ローン…双方の影響とは

    キャッシングへの自動車ローンの影響オートローン・ディーラーロー…

  2. カードローン 状況別

    カードローンの即日審査は事前準備をしておきましょう

    カードローンの申込み先には、消費者金融だけでなく銀行や信用金庫といった…

  3. カードローン 状況別

    これから生活保護を受ける人へ…カードローンはどう扱うべき?

    借金があっても受給できる生活保護受給申請の時点で借金があっても、そのま…

  4. カードローン 状況別

    カードローンの複数申し込みは個人信用情報機関ごとに考えます

    カードローンの申し込みを行なうと、加盟している個人信用情報機関へ申し込…

  5. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント

    土日祝日に、急にお金が必要になったら?カードローンが便利なわけ土日…

  6. カードローン 状況別

    カードローン業者の選び方は金利の設定を重視して決められない時はサービス面を重視する

    カードローンのサービスを提供しているのは大手銀行、ネット銀行、大手消費…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  5. プロミスのカードローンは審査手続きの利便性も高い
  1. 消費者金融

    消費者金融の借金がチャラ!?時効とは?
  2. 初めての利用

    キャッシングの即日融資を利用するために知っておきたいこととは?
  3. 手続き

    金融事故情報の削除方法は?
  4. 初めての利用

    ローンカードを即日発行してもらうためには?お金を早く借りるコツ
  5. 消費者金融

    消費者金融の金利っていくら?
PAGE TOP