キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す

返済

キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す

キャッシングの申込先を検討する際には、返済方法について詳しく確認してから申込みを行なうと良いです。

なぜなら、同じ金額を借入して年利が同一であっても、完済までに支払う総返済額に違いが出るからです。

 

キャッシングの返済方法を比較する際に必要な知識を得ておくと良いでしょう。

少なくとも約定返済と随時返済の違いについては、調べておく必要があります。

約定返済は最小返済額が指定されている

キャッシングの返済方法には、一括払いだけでなく分割払いやリボ払いであっても、返済日が設定されています。

決められた返済日に返済することが、約定返済と呼ばれていますが、カードローンの多くが採用しているリボルビング払いでは、約定返済として指定されているのは最小返済額です。

 

最低いくら以上払って下さいという意味合いであると知っておけば、もっと返済額を引き上げても良いことが分かるでしょう。

最小返済額しか返済していなければ、毎回の返済額に占める利息の割合が高くなってしまい、返済回数が長くなりすぎます。

 

残高スライドリボルビング方式を多くの金融業者が採用している理由は、返済回数を長くして総利息を多く受け取れるからです。

残高スライドリボルビング方式では、締め日段階での借入残高に応じて最小返済額が決まるので、常に返済額のうち利息が占める割合は一定となります。

いつまでも返済が続いて長く感じてしまう理由は、返済額に対する利息の割合が高いからです。

随時返済を活用すれば完済を早められる

カードローン商品の利用規約を確認すると、随時返済に関する項目が記載されている筈です。

約定返済額が最小返済額となっている場合には、任意の金額を上乗せして返済することが出来ます。

 

繰上げ返済をイメージすると分かりやすいですが、カードローン契約では借入と返済を好きなタイミングで行なうことが認められているので、利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能です。

約定返済は月に1回を目安に設定されていますが、任意のタイミングで好きな金額を返済出来る随時返済を活用すれば、繰上げ返済手数料無しで完済を早められます。

なぜなら、随時返済には元金返済額のみが含まれるので、随時返済が多いほど元金の減り方が早くなるからです。

 

利息の計算方法は、締め日時点の借入残高に対して日割り計算された年率が掛かるので、元金を早く減らせばその分だけ完済が早まり総利息も減らせます。

約定返済に返済利息は含まれているので、随時返済は元金そのものを返済するものだと知っておくと良いでしょう。

関連記事

  1. 返済

    キャッシングの返済が終わらない…。無理なく・確実に返済を終らせるために考えるべきこと

    返済期間を確認しようキャッシング契約をするとき、必ず「約定返済…

  2. 返済

    最低返済額が低いカードローン会社でお金を借りるメリットと便利に使う方法

    利用者が増えている最低返済額が低いカードローンについて書いていきます。…

  3. カードローンの繰り上げ返済

    返済

    カードローンの繰り上げ返済について知っておきたいこと・上手に返済するコツまとめ

    繰り上げ返済をしたほうがいい人とはまずは契約時の書類で「返…

  4. 返済

    「約定返済額」に惑わされない!利息を意識して返済しよう

    「返済は月々3000円から」のワナキャッシングの新規契約後、1…

  5. 返済

    カードローンの延滞による影響を理解して確実な返済を行いましょう

    カードローンの利用期間中には、決められた返済日に決められた金額以上の返…

  6. 返済

    カードローンの返済が遅れた場合はどうなる?知っておきたい情報まとめ

    ”金融事故“となる返済遅延金融事故情報となるのは、約定返済…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  4. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  1. 基礎知識

    即日融資のカードローンはメリット満載。あなたに最適なカードローンは?
  2. 基礎知識

    カードローンで借入をするために必要な専用ローンカードの受け取りに注意したい
  3. 職業・性別

    学生ローンとは何か?審査内容や注意点まとめ
  4. 消費者金融で失敗しがちな人

    消費者金融

    現役弁護士が語る、消費者金融で失敗しがちな人の7つの特徴
  5. 銀行

    キャッシング先に銀行を選ぶ時には下調べが必要です
PAGE TOP