キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す

返済

キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す

キャッシングの申込先を検討する際には、返済方法について詳しく確認してから申込みを行なうと良いです。

なぜなら、同じ金額を借入して年利が同一であっても、完済までに支払う総返済額に違いが出るからです。

 

キャッシングの返済方法を比較する際に必要な知識を得ておくと良いでしょう。

少なくとも約定返済と随時返済の違いについては、調べておく必要があります。

約定返済は最小返済額が指定されている

キャッシングの返済方法には、一括払いだけでなく分割払いやリボ払いであっても、返済日が設定されています。

決められた返済日に返済することが、約定返済と呼ばれていますが、カードローンの多くが採用しているリボルビング払いでは、約定返済として指定されているのは最小返済額です。

 

最低いくら以上払って下さいという意味合いであると知っておけば、もっと返済額を引き上げても良いことが分かるでしょう。

最小返済額しか返済していなければ、毎回の返済額に占める利息の割合が高くなってしまい、返済回数が長くなりすぎます。

 

残高スライドリボルビング方式を多くの金融業者が採用している理由は、返済回数を長くして総利息を多く受け取れるからです。

残高スライドリボルビング方式では、締め日段階での借入残高に応じて最小返済額が決まるので、常に返済額のうち利息が占める割合は一定となります。

いつまでも返済が続いて長く感じてしまう理由は、返済額に対する利息の割合が高いからです。

随時返済を活用すれば完済を早められる

カードローン商品の利用規約を確認すると、随時返済に関する項目が記載されている筈です。

約定返済額が最小返済額となっている場合には、任意の金額を上乗せして返済することが出来ます。

 

繰上げ返済をイメージすると分かりやすいですが、カードローン契約では借入と返済を好きなタイミングで行なうことが認められているので、利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能です。

約定返済は月に1回を目安に設定されていますが、任意のタイミングで好きな金額を返済出来る随時返済を活用すれば、繰上げ返済手数料無しで完済を早められます。

なぜなら、随時返済には元金返済額のみが含まれるので、随時返済が多いほど元金の減り方が早くなるからです。

 

利息の計算方法は、締め日時点の借入残高に対して日割り計算された年率が掛かるので、元金を早く減らせばその分だけ完済が早まり総利息も減らせます。

約定返済に返済利息は含まれているので、随時返済は元金そのものを返済するものだと知っておくと良いでしょう。


関連記事

  1. 基礎知識

    キャッシングはATMから返済したい!手数料概要・よくあるお悩みについて

    返済にATMを使うメリットキャッシングの返済にATMを使う…

  2. 返済

    カードローンの返済が遅れた場合はどうなる?知っておきたい情報まとめ

    ”金融事故“となる返済遅延金融事故情報となるのは、約定返済…

  3. 返済

    最低返済額が低いカードローン会社でお金を借りるメリットと便利に使う方法

    利用者が増えている最低返済額が低いカードローンについて書いていきます。…

  4. 基礎知識

    カードローンの返済方法が豊富な商品を選びましょう

    カードローンを利用する時に返済計画を綿密に立てて借りる人は、例え計画的…

  5. 返済

    カードローンの返済時に随時返済を組み合わせるとお得になる

    カードローンを利用していると、毎月返済を続けていても元金があまり減って…

  6. 返済

    返済が遅れそう!カードローンの延滞状況別の対応法まとめ

    延滞してしまうパターン1「思わぬ出費」冠婚葬祭への出席などで急…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す

    返済

    キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す
  2. 手続き

    消費者金融の審査基準とは?審査に通るために必要なこと。
  3. 初めての利用

    キャッシングに必要となる書類について
  4. 返済

    キャッシングは返済方法次第で返済総額が変わる
  5. 職業・性別

    カードローンの随時返済は繰上返済に相当します
PAGE TOP