消費者金融

2種類の即日キャッシングはどちらがおすすめか

即日キャッシングは、大きく分けると2種類あります。

銀行もしくは消費者金融によるキャッシングです。

 

どちらも即日で手続きは可能ですが、その2種類はそれぞれ特性は異なります。

どちらがおすすめかは、ニーズ次第と言えます。

金利を重視するなら銀行がおすすめ

銀行は、消費者金融よりは手数料が低いと言われる事も多いです。

実際、それは確かにその通りです。

 

銀行が設定している最低金利は、明らかに消費者金融よりは低めに設定されています。

それでキャッシングを利用したい時には、手数料が重視される場合があります。

 

節約に関するニーズがある時には、手数料は低いに越した事は無いからです。

ですから手数料は抑えたいというニーズがあるなら、銀行による即日キャッシングがおすすめです。

即日でも時間がかかる事はある

ところで即日キャッシングには、1つ注意点があります。

必ずしも速やかな融資が可能とは限らないことです。

 

そもそも「即日」という表現にも、微妙な含みがあります。

あくまでも「最短で」即日というケースも、少なくありません。

早ければ当日中の融資が可能なのですが、実際には時間がかかる事もよくあります。

 

また即日と言っても、半日ほどかかる事も多いです。

例えば申し込みをしてから12時間後に融資が実行されても、即日には違いありません。

 

即日とは、当日中という意味合いだからです。

つまり即日の融資商品でも、時間がかかってしまう事はあるのです。

 

特に銀行はその傾向が顕著です。

消費者金融の方が早い

しかし消費者金融の場合は、状況は大きく異なります。

そのタイプの金融会社の場合は、総じてスピーディーに手続きを行ってくれるからです。

 

銀行の場合は最短即日になる事は多いですが、消費者金融なら最短30分とアピールされているケースが目立ちます。

実際、30分程度で融資が実行される事も多々ある訳です。

 

ですからキャッシングに速さを求めているなら、消費者金融がおすすめと言えます。

消費者金融は利便性は優れている

また消費者金融には、利便性に関わるメリットもあります。

銀行と違って取引可能な時間帯も幅広いですし、土日でも対応してくれる消費者金融も多いです。

 

銀行の場合は、それが難しい事もあります。

ですから利便性というニーズがあるなら、銀行よりは消費者金融がおすすめです。

 

このように銀行と消費者金融のどちらがおすすめかは、本人のニーズ次第なのです。

手数料重視なら前者がおすすめで、利便性のニーズがある時は後者が推奨されます。

関連記事

  1. 消費者金融

    消費者金融の借金がチャラ!?時効とは?

    借金にも時効がある―、というのをご存知でしょうか?時効が成立すると借…

  2. 基礎知識

    闇金と消費者金融の見分け方-人生を破たんさせないための基礎知識

    金貸しを表現する、さまざまな言葉お金を貸すことを生業としているいる…

  3. フリーターとキャッシング審査

    初めての利用

    フリーターでもキャッシングの審査に通るのか?

    キャッシングはひと昔前までは「サラ金」とも呼ばれ、サラリーマンがお金を…

  4. カードローンの金利は複数の要因で決まる

    消費者金融

    カードローンの金利は複数の要因で決まる

    カードローン商品を比べていると、金利が高い商品は年18%で貸付が行われ…

  5. 銀行

    キャッシング先に銀行を選ぶ時には下調べが必要です

    キャッシング先を選ぶ際には、低金利融資が受けられる銀行を優先的に考える…

  6. 消費者金融

    キャッシングをする時に収入証明書の提出が不要になる条件は?

    大手銀行のカードローン、ネット銀行のカードローン、大手の消費者金融など…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. その他

    キャッシングしていた人向け・住宅ローン審査で落ちやすい要素まとめ
  2. その他

    長期遅延とは?カードローン会社の取り立ての流れ・返済できなくなった場合の対応法
  3. 基礎知識

    初心者必見!カードローンの申込み~借り入れまでの流れを解説!カードローン選びのポ…
  4. 基礎知識

    カードローンの用途は審査時になぜ重視されるのか
  5. 基礎知識

    上手に利用したいSMBCモビットのメリットと注意したいデメリット
PAGE TOP