消費者金融

2種類の即日キャッシングはどちらがおすすめか

即日キャッシングは、大きく分けると2種類あります。

銀行もしくは消費者金融によるキャッシングです。

 

どちらも即日で手続きは可能ですが、その2種類はそれぞれ特性は異なります。

どちらがおすすめかは、ニーズ次第と言えます。

金利を重視するなら銀行がおすすめ

銀行は、消費者金融よりは手数料が低いと言われる事も多いです。

実際、それは確かにその通りです。

 

銀行が設定している最低金利は、明らかに消費者金融よりは低めに設定されています。

それでキャッシングを利用したい時には、手数料が重視される場合があります。

 

節約に関するニーズがある時には、手数料は低いに越した事は無いからです。

ですから手数料は抑えたいというニーズがあるなら、銀行による即日キャッシングがおすすめです。

即日でも時間がかかる事はある

ところで即日キャッシングには、1つ注意点があります。

必ずしも速やかな融資が可能とは限らないことです。

 

そもそも「即日」という表現にも、微妙な含みがあります。

あくまでも「最短で」即日というケースも、少なくありません。

早ければ当日中の融資が可能なのですが、実際には時間がかかる事もよくあります。

 

また即日と言っても、半日ほどかかる事も多いです。

例えば申し込みをしてから12時間後に融資が実行されても、即日には違いありません。

 

即日とは、当日中という意味合いだからです。

つまり即日の融資商品でも、時間がかかってしまう事はあるのです。

 

特に銀行はその傾向が顕著です。

消費者金融の方が早い

しかし消費者金融の場合は、状況は大きく異なります。

そのタイプの金融会社の場合は、総じてスピーディーに手続きを行ってくれるからです。

 

銀行の場合は最短即日になる事は多いですが、消費者金融なら最短30分とアピールされているケースが目立ちます。

実際、30分程度で融資が実行される事も多々ある訳です。

 

ですからキャッシングに速さを求めているなら、消費者金融がおすすめと言えます。

消費者金融は利便性は優れている

また消費者金融には、利便性に関わるメリットもあります。

銀行と違って取引可能な時間帯も幅広いですし、土日でも対応してくれる消費者金融も多いです。

 

銀行の場合は、それが難しい事もあります。

ですから利便性というニーズがあるなら、銀行よりは消費者金融がおすすめです。

 

このように銀行と消費者金融のどちらがおすすめかは、本人のニーズ次第なのです。

手数料重視なら前者がおすすめで、利便性のニーズがある時は後者が推奨されます。

関連記事

  1. その他

    キャッシングしていた人向け・住宅ローン審査で落ちやすい要素まとめ

    住宅ローン審査で不利となることキャッシング残債が残っている…

  2. 銀行

    銀行カードローンの保証会社とは?主な仕事内容について

    銀行カードローンは低金利なので安心して利用する事が出来ますが、担保なし…

  3. 在確不要のキャッシング

    初めての利用

    在籍確認なしのキャッシングと、それに関わる希望金額の関係

    キャッシングの申し込みをしますと、たいてい金融会社による在籍確認があり…

  4. 曜日

    アコムは最短30分のスピード審査で土日も融資可能

    消費者金融の会社はたくさんありますが、お金を借りるなら知名度の高い大手…

  5. 手続き

    消費者金融の審査基準とは?審査に通るために必要なこと。

    FP(ファイナンシャルプランナー)という仕事がら、お金に関する様々なこ…

  6. 消費者金融

    消費者金融の借金がチャラ!?時効とは?

    借金にも時効がある―、というのをご存知でしょうか?時効が成立すると借…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  4. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  1. キャッシング会社

    初心者・低所得者におすすめのカードローンピックアップ
  2. 基礎知識

    スマホアプリでスムーズ&秘密でキャッシング!おすすめカードローン2種の紹介
  3. その他

    おまとめローンのメリットとデメリットを知って賢く利用する
  4. 職業・性別

    学生が利用可能なカードローンには消費者金融が多い
  5. 基礎知識

    奨学金返済で困っている人向け・信用情報への影響&キャッシング可否
PAGE TOP