初めての利用

土日に即日融資を受けるために自動契約機でカードローンの申し込みをする時の注意点

消費者金融は店頭窓口が平日しか営業していないので土日にカードローンの申し込みをする事が出来ません。

しかし消費者金融は全国各地に自動契約機が設置されていて平日だけでなく土日でも営業しているので、土日に消費者金融でお金を借りたい時は自動契約機でカードローンの申し込みをする事が出来ます。

 

消費者金融は審査が即日回答されるので急に土日にお金が必要になった時でも対応する事が出来ます。

しかし土日に即日融資を受けるために消費者金融の自動契約機でカードローンの申し込みをする時は注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

夕方以降に申し込みをすると即日融資を受けられなくなる可能性がある

消費者金融の自動契約機は土日でも21時まで営業していますが、夕方以降が混雑する事が多いので審査に時間がかかってしまう可能性があります。

特に審査に問題が生じてしまい解決するまでに時間がかかってしまうと翌日以降の融資になってしまう事もあります。

 

夕方以降に申し込みをすると即日融資を受けられなくなる可能性があるので、土日に即日融資を受けるために自動契約機でカードローンの申し込みをする時は午前中から昼間の時間帯に行うようにしましょう。

在籍確認が出来ない可能性がある

消費者金融は審査中に勤務先に電話をかけて在籍確認を行います。

在籍が確認する事が出来れば審査が可決されてお金を借りる事が出来ますが、土日の場合は問題が生じてしまう場合があるので注意が必要です。

 

平日だと勤務先に人がいますが、土日だと勤務先が休みなので人がいない可能性があります。

勤務先に人がいないと在籍確認の電話をかけても誰も出ないので在籍を確認する事が出来なくなってしまいます。

それにより審査が可決されないので土日にお金を借りる事が出来なくなってしまう事もあります。

 

土日に即日融資を受けるために自動契約機でカードローンの申し込みをする時は在籍確認が出来るような状態にしておく事が大切になってきます。

勤務先に人がいない時は申し込みをする時に業者に相談して電話以外の方法で在籍確認してもらえるようにしましょう。

業者によっては土日に審査をしていない事もある

消費者金融は平日だけでなく土日も基本的に審査をしていますが、業者によっては審査をしていない事もあります。

土日に審査をしていない消費者金融に申し込みをしてしまうと審査回答が平日になってしまうので土日にお金を借りる事が出来なくなってしまいます。

 

それにより土日に自動契約機で申し込んでも意味がなくなってしまうので、土日に審査をしているかどうかを確認してから申し込みをしましょう。

関連記事

  1. 初めての利用

    即日振込融資をしてくれるキャッシングサービス

    最近ではどんなサービスもスピードが大事になっています。当たり前…

  2. キャッシング会社

    キャッシングを比較する上での様々な基準

    キャッシングは、色々な金融会社が提供しています。それぞれの会社…

  3. 初めての利用

    内緒で借りたい人必見!キャッシングで家族バレを防ぐ方法を徹底解説!

    内緒で借りたい人必見!キャッシングで家族バレを防ぐ方法は?一番の原因は…

  4. 初めての利用

    専業主婦がキャッシングをする時に考えられる3つの方法

    キャッシングをする時は即日融資に対応している大手の消費者金融を利用する…

  5. 無職なのに嘘をついてお金を借りる

    初めての利用

    無職だけど、嘘をついてお金を借りようとしたらどうなる?

    無職でも消費者金融でお金を借りられるのか?消費者金融は、貸付の条件…

  6. 初めての利用

    土日に即日キャッシングする方法とカードローン会社一覧

    土日に即日キャッシングする方法とは?土日や祝日など、休日にお金が必要…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 初めての利用

    大手の消費者金融4社の郵送なしでキャッシングをする方法
  2. 利用中の方

    金融事故情報が載ってもお金をやりくりする方法
  3. 消費者金融

    消費者金融の金利っていくら?
  4. 他社からの借入で嘘をついたら

    その他

    他社からの借入れに嘘をついて申告しても不利になるだけ。
  5. 職業・性別

    低金利のカードローンを持つと、どれほどのメリットがあるか?
PAGE TOP