基礎知識

カードローンで借入をするために必要な専用ローンカードの受け取りに注意したい

カードローンの申込み先を検討する際には、金利や返済方法に意識が向きがちですが、融資を受けるためには専用ローンカードの発行が必要です。

確かに振込融資を利用すれば、カード発行は必須とはならないものの平日昼間にしか融資を受けられないデメリットを考慮すると、専用ローンカードの受け取りがいかに重要か分かるでしょう。

 

申込み時に置かれた立場によって、最適なカード受け取り方法を確認した上で申込みを行なう必要があります。

家族に内緒でカードローン申込みをしたら郵送受け取りは避けたい

新たな借金を家族に公言して申込み出来る人は、さほど多いとは考えにくいでしょう。

 

少なからず家族に内緒でカードローン申込みを行なう人が多いので、多くの金融業者が行っている申込み審査通過後の専用ローンカードの郵送は避けたいものです。

なぜなら、金融業者が銀行ならば誰からの郵便か銀行名が入っていても気にならない可能性がありますが、消費者金融名が入った郵便物の不在票が入っていただけで勘が良い家族ならば、消費者金融への申込みが分かってしまうでしょう。

書留郵便にて送られてしまった時には、家族が代わりに受け取り開封されてしまっては大変な事態になりかねません。

 

家族に内緒でカードローン申込みを考えているならば、専用ローンカードの受け取りに郵送は避けることが無難です。

郵送受け取りしか対応出来ない場合には本人限定受取郵便にしてもらうことが必要

 

郵送受け取りしか対応していない金融業者のカードローンへ申込む際には、最低限本人限定受取郵便に対応出来ないか確認する必要があります。

利用規約に記載がされていなければ、金融業者のコールセンターへ直接問い合わせて、専用ローンカードの受け取り方法に家族でも受け取りが出来る書留郵便ではなく、本人限定受取郵便を指定出来ないか確認すると良いでしょう。

 

郵便局止めに対応出来るかどうかは、個別に相談が必要となりますが、本人限定受取郵便にすることで家族が勝手に郵便物を受け取り開封する事態を避けることが出来ます。

不在票が入ってしまった時に、金融業者名が分かってしまうかどうかのリスクだけは残るでしょう。

大手消費者金融ならば自動契約機でカード受け取りが可能です

カードローンの専用ローンカード受け取り方法として、最も家族に知られずに済む方法は、自動契約機コーナーでカード発行を行なう方法です。

大手消費者金融ならば、自動契約機を全国各地に配置しているので、カードローン申し込み前に予め自動契約機が近隣にあるか確認しておく必要があります。

 

自動契約機コーナーへ入る姿を知り合いに見つかりたくない場合には、生活圏外のやや離れた地域で受け取ることも可能です。

大手消費者金融では、自動契約機コーナーで直接申込みを行なうことも可能ですが、勤務先への在籍確認電話を取りやすいインターネット経由での申込みにすれば、審査通過に必要な在籍確認をクリアしやすくなるでしょう。

 

自動契約機コーナーの営業時間は、審査可能時間よりも長く設定されているので、申込み審査に通過した後に専用ローンカードの発行を希望する自動契約機コーナーの場所と営業時間を調べて訪れれば、最短即日受け取りも可能です。

銀行のテレビ窓口でもカード受け取りに対応しています

カードローンの申込み先として銀行を選ぶ際には、銀行店舗にテレビ窓口が併設されている銀行を選ぶと良いでしょう。

窓口が閉まる15時以降であっても、時間外窓口としてテレビ窓口が営業されており、残業が無ければテレビ窓口営業時間内に訪れることが出来るかもしれません。

 

テレビ窓口では、銀行カードローンの専用ローンカード発行業務にも対応しているので、審査を先に済ませておけば専用ローンカードを受け取ることが可能です。

テレビ窓口を設置している銀行支店の数はさほど多く無いので、申込みを行なう前にカード発行を希望する銀行支店にテレビ窓口が併設されていることと、営業時間を確認しておく必要があります。

カードレスタイプにすればカード受け取りは必要無し

どうしても専用ローンカードの受け取りが難しい事情がある場合、振込融資を専門とするカードレスタイプのカードローンを選ぶという選択肢が残されています。

一部の消費者金融が行っているWEB完結申込みという制度を利用すれば、申込みだけでなく審査完了後の振込融資に至るまで、不備が無い限りは電話連絡と専用ローンカードの発行無しに手続きを進められる契約方法を選べば良いわけです。

 

WEB完結申込みを利用したカードレスタイプのカードローンは、特定銀行の指定口座を持っている必要があるといった条件を満たしている必要があるものの、会員サイト経由で自分の普通預金口座へ振込融資を手配出来ます。

振込融資に対応している時間帯として、平日14時頃までという制限がかかるものの、締め切り時間を把握していれば専用ローンカード受け取りすら必要無いカードレスタイプの融資を選択肢に入れても良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. 借り入れ時の審査、ここが見られる5つのポイント!
  2. カードローンの借り入れ時に必要な書類と詳細。いつどうやって出すの?
  3. キャッシングの在籍確認で確認される内容とスムーズに行かなかった場合の対処方法

関連記事

  1. 基礎知識

    おまとめローンを利用して複数のカードローンからの借り入れを一本化するメリットと注意点

    消費者金融のカードローンのサービスは自動契約機の他にWEB完結申込を利…

  2. 基礎知識

    総量規制の対象となっている消費者金融でお金を借りるメリット

    総量規制とは貸金業者から借りる事が出来る金額を制限する規制で消費者金融…

  3. 基礎知識

    在籍確認の電話なしで利用できるキャッシングってあるの?それはココ!

    キャッシングに申し込むと、キャッシング会社は申し込み者が勤務す…

  4. 基礎知識

    上手に利用したいモビットのメリットと注意したいデメリット

    モビットは三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っている大手の消費者…

  5. タイプ別

    カードローンの金利を徹底解説!消費者金融と銀行カードローン借りるならどっち?

    低金利のカードローンでお金を借りたいと誰もが考えていることでしょう。そ…

  6. 基礎知識

    銀行カードローンってどうなるの?問題点と今後の展望について。

    平成29年4月29日の日経新聞などに、銀行がカードローンの融資…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローン審査を徹底解説!これを読めば審査の悩みは吹き飛ぶ…
  2. パート主婦でも借りられるおすすめのカードローンは?
  3. 中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって…
  4. 複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…
  5. 在籍確認の電話なしで利用できるキャッシングってあるの?それは…
  1. 基礎知識

    カードローンの利用限度額を左右するポイントを押さえておきたい
  2. 基礎知識

    カードローンの返済方法を知って完済を早めましょう
  3. タイプ別

    カードローンの随時返済は繰上返済に相当します
  4. タイプ別

    土日祝日にカードローンやキャッシングで融資をしてもらう際の注意点
  5. タイプ別

    パート主婦でも借りられるおすすめのカードローンは?
PAGE TOP