その他

“借金で苦しむ人”の傾向・上手なお金との付き合い方

借金問題に悩む人の特徴

「改正貸金業法」の施行で”サラ金”問題が減少した一方、自己破産者は2015年から増加の傾向にあります。

破産申立の際に”キャッシングしなければならなかった経緯・ライフスタイル”について申告しなければならず、その傾向分析が各弁護士事務所で行われています。

 

各メディアの報道によると、以下のような理由が増えているそうです。

  • 増額に成功するたびに借りてしまった
  • ソーシャルゲームに課金しすぎてしまった

 

破産者の平均年齢も下がりつつあり、20〜30代の若者が急増傾向にあるとのこと。

また、任意整理件数も急激に伸びており、相談者の平均合計債務額は約120万円とのことです。

 

専門家は、銀行の大型資本がカードローン会社に入ったことにより貸付を安易に行ってしまう傾向にあること・スマートフォンアプリへの課金があまりにも簡単に行えてしまうことを指摘しています。

では、これからキャッシングをしようとするかたが「借金の悩み」から自衛する方法とは、一体何でしょうか。

申し込み時の希望限度額は少なめに

生活費を用足したい程度であれば、「借りた額を翌月には返せる」ように自己管理するのをおすすめします。

そこで、新規申し込みの際の希望限度額は、あえて低めに設定しておきましょう。

 

カードローン契約が全く初めての場合、新規契約で50万円もの大型融資が認められることは少なくありません。

各社の返済シュミレータを使えば一目瞭然ですが、50万円ちょうどをキャッシングした場合、低金利とされる14.6%前後の年率でも、毎月1万円以上の返済を3〜4年に渡って行い続けることになります。

すぐに一括返済すればメリット大

前述した「借りた額を翌月には返す」という方法には、メリットが多くあります。

消費者金融系であれば、30日間無利息・5万円まで無利息というキャンペーンも多くみられます。

利息を払わずに信用を積み立てていけるのは、住宅や車などの大きなローンに備えた「賢いカードローンの使い方」と言えます。

デビットカードをフル活用

クレジットカードを使いすぎる・ソーシャルゲーム課金についつい熱くなってしまってキャッシングしてしまうというかたには、大手都市銀行のデビットカードをおすすめします。

これらにはクレジットカードブランドが付与されており、一括払いを指定することで、預金口座から利用分の即時引き落としが可能。

iTunesストア・Googleストアはもちろん、世界中のオンラインショッピングで使用できます。

 

2018年からは、Apple Payやおサイフケータイにも対応しようという動きもあります。

借金問題を回避しやすい「現金主義」に活用できる、画期的なカードです。


関連記事

  1. その他

    うつ病と診断された場合のキャッシング情報をまとめてみました。

    借りるタイミングとおすすめのカードローンうつ病で仕事が出来なく…

  2. 消費者金融 電話

    利用中の方

    知っておけば怖くない。消費者金融から電話がくる4つのケース

    消費者金融からの電話消費者金融から電話がかかってくることがあると聞…

  3. その他

    消費者金融の金融事故情報ってなに?

    消費者金融を利用する際、もし返せなくなって…

  4. 他社からの借入で嘘をついたら

    その他

    他社からの借入れに嘘をついて申告しても不利になるだけ。

    他社からの借入れがあるとこれからお金を借りようとしている人が、他で…

  5. その他

    過払い金請求の条件とは?

    「過払い金請求」最近いろんなポスターでこの…

  6. カードローンとフリーローン比較

    その他

    カードローンとフリーローンを様々な側面から比較してみた

    銀行では、様々な種類の融資商品を扱っています。カードローンなど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 基礎知識

    中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって本当?
  2. 銀行

    銀行カードローンを利用する際にはメリットだけでなく問題点も把握しておきたい
  3. お金に関する怖い話

    「ソフト闇金」は全くソフトではない!実態と危険性
  4. 基礎知識

    カードローンの金利を徹底解説!消費者金融と銀行カードローン借りるならどっち?
  5. 返済

    最低返済額が低いカードローン会社でお金を借りるメリットと便利に使う方法
PAGE TOP