その他

信用情報機関は何を記録しているか…金融会社が照会できる全情報について

申込者属性

信用情報機関には、もちろん氏名・住所・年齢・職業が登録されます。

カードローンやキャッシング審査において著しく不利とされる「スーパーホワイト」は、左記の情報がない、つまり信用情報機関ですら初めて出会う顧客であるため、審査に必要な照会ができないという状態です。

その他には、次の情報が記録されます。

  • 未婚/既婚情報
  • 改姓履歴
  • 年収

 

家族構成については、配偶者がいるかどうかの登録にとどまります。

配偶者氏名や収入については登録されません。

 

しかし、結婚・離婚による改姓情報は登録されます。

これは、金融機関の督促部門が、必要に応じて住民票を取り寄せるときの利便性を上げるためです。

 

年収の登録については、最新のクレジットカード・キャッシング新規契約時の申込書記入情報に基づきます。

例えば、3年前に消費者金融を利用し、今日新たにクレジットカード申込みをするとしましょう。

すると、3年前時点の収入情報が、今日申込書に書いた情報へと更新されます。

 

借金やローンが残っている間に聞き取りされた収入情報は、信用情報機関には登録されません。

金融事故情報

返済遅延・債務整理情報などの情報欄です。

世間では”ブラックリスト”と呼ばれていますが、実際にはそのようなリストはありません。

機械的に、個人の情報に対して紐付けられるだけです。

 

事故として軽いものから、順番に挙げていきます。

  • 過去半年間のローン申込み件数
  • 借り換えローンの審査否決情報

 

これらは”申込みブラック”となる要素です。

いずれも6ヶ月で削除されます。

 

  • 2ヶ月以上の返済遅延
  • 任意整理

意外にも思えますが、任意整理については、事故情報としては軽いものになります。

確実に返済することを約束しているから、というのがその理由になります。

 

  • 4ヶ月以上の長期返済遅延
  • 代位弁済
  • 音信不通

ここからが、ローン契約が組めなくなる範囲です。

長期延滞の際、金融会社側から無理のない返済プランが提示されますが、それにすら応じていない”不誠実な”借主と判断される要素になります。

 

代位弁済というのは、「最短4ヶ月の延滞で、別の会社が借金を建て替える」というものです。

代位弁済は、約束した日に返済できたとしても、機械的に行われます。

 

音信不通も同様に、借金を回収できない可能性があるとして見られる属性です。

完済から4年〜5年に渡って記録されます。

 

  • 自己破産/個人再生

 

これは周知の通りですが、一切の分割払い・後払いの契約ができなくなる属性です。

しかし、いずれも返済の義務を失ってから7〜10年で情報が抹消されます。

信用情報に影響を受ける”意外な契約”

近年問題になっているのが、「スマホ購入時に分割払いを認められない」ということです。

すでにニュースを見ておられる方はご存知かと思われますが、機種価格10万円を超える携帯電話の分割払い契約は、信用情報を参照します。

分割払いに成功したとしても、頻繁に回線を止められるような支払い遅延を起こしている場合、信用情報機関に登録される可能性があります。

 

もう一つの意外なものが、関西圏で使える交通電子マネーカード”PiTaPa”です。

1ヶ月ごとの交通費を後払いするため、カード発行時に審査があり・実態はクレジットカードそのものです。

支払い遅延事故を起こせば信用情報機関に登録され、自己破産・個人再生などといった裁判所を通す債務整理の場合、PiTaPaは自動的に解約となるケースがほとんどです。


関連記事

  1. 初めての利用

    専業主婦がキャッシングをする時に考えられる3つの方法

    キャッシングをする時は即日融資に対応している大手の消費者金融を利用する…

  2. その他

    アベノミクスが消費者金融に及ぼす影響

    「アベノミクス」がアジア各国に旋風を引き起こしてい…

  3. 初めての利用

    アイフルの審査を受ける前に自らの信用情報を確認したい

    消費者金融として長い歴史を持つアイフルは、審査の柔軟性に定評がある大手…

  4. 初めての利用

    ローンカードを即日発行してもらうためには?お金を早く借りるコツ

    カードを即日発行できないケースとは?キャッシングにおいて、…

  5. その他

    “借金で苦しむ人”の傾向・上手なお金との付き合い方

    借金問題に悩む人の特徴「改正貸金業法」の施行で”サラ金”問題が…

  6. 初めての利用

    スマホでカードローンを契約する手順を解説します

    最近カードローンは、申し込みからキャッシングまでスマホがあれば自宅から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 手続き

    消費者金融の審査のポイントは?
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介

    職業・性別

    個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 消費者金融で失敗しがちな人

    消費者金融

    現役弁護士が語る、消費者金融で失敗しがちな人の7つの特徴
  4. カードローンとフリーローン比較

    その他

    カードローンとフリーローンを様々な側面から比較してみた
  5. その他

    個人がカードローンで借りた際の信用情報を開示する方法
PAGE TOP