基礎知識

中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって本当?

カードローンでキャッシングを考えた時、借り入れ先として真っ先に思いつくのはテレビCMなどでお馴染みの大手消費者金融銀行カードローンではないでしょうか?

特に大手消費者金融は知名度だけでなくサービスも充実していて人気のため、実際多くの人が利用しています。

一方で、テレビCMなど宣伝はしていないものの、全国には多数の中小消費者金融があるのをご存知でしょうか?

消費者金融というと大手ばかりが目に行きがちですが、一部の地域限定で貸し付け事業を行っている地域に根ざした中小の消費者金融もあります。

そこで今回は中小消費者金融のキャッシングについてご紹介したいと思います。

中小の消費者金融でお金を借りるメリットはどんなところにあるのか?どういった人に向いているのか?など、中小の消費者金融について知りたいという人向けの内容となっていますので、是非参考にしてください。

中小の消費者金融とは?

中小の消費者金融とは、具体的にどのような業者なのでしょうか?

営業地域は限定的が基本!

大手消費者金融は全国展開しており、店舗や無人契約機にて気軽に手続き可能です。

またWEB完結にも対応していますので、近くに店舗がないという人でもWEB上で申し込みから借り入れまで完結できます。

これに対し中小の消費者金融は店舗数が非常に少なく、営業地域はごく小さなエリアに限られています。

そのため、基本的には店舗の近くに住んでいる人しかキャッシングできない業者が多いです。

ただ、インターネットの普及に伴い大手消費者金融のようにインターネット申し込みに対応している業者もありますので、全国どこにいてもお金を借りることも可能になってきています。

中小の消費者金融は街中に事務所を構え特定の地域で貸し付け業務を行っていることから、街金と呼ばれることもあります。

独自の基準で柔軟な審査

大手消費者金融の場合、申し込み時に申告した様々な情報をもとにコンピューターが自動的に審査を行います。

あらかじめ設定された基準をもとに点数をつけていくため、審査結果がすぐに分かるという特徴があります。

これに対し中小の消費者金融は人為的な審査がメインとなります。

勤務先や年収など返済能力に関する項目は重要視されますが、人の手で審査が行われるため大手消費者金融よりも柔軟な審査を可能としています。

そのため、大手では断られても中小の消費者金融なら借りられたという人もたくさんいます。

融資が難しいと思われる人にも、なんとかして融資できないかと色々と相談に乗ってくれる良心的なところもあるようです。

大手にはない中小消費者金融ならではの特徴と言えます。

金利が高め

貸付金利は貸金業法によって下記のとおり定められています。

借入金額 上限金利(年率)
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.00%
100万円以上 15.00%

中小の消費者金融であっても、この上限金利は守らなければいけません。

ですからこれよりも高い金利が設定されることはなく、もしあるとすればそれは違法な業者(闇金)であると言えます。

大手消費者金融は上限金利が最高でも18.00%ですが中小の消費者金融は20.0%と、貸金業法で定める上限金利ギリギリの利率を設定するところが多いです。

中小消費者金融のデメリット

中小の消費者金融の利用はメリットよりもデメリットが多いです。

具体的にどのようなデメリットがあるのかご紹介します。

使い勝手が悪い

中小の消費者金融は、提携銀行が少ないです。

大手消費者金融なら提携金融機関が豊富であるため、借り入れや返済場所で困ることはありませんが、中小だとそうもいきません。

コンビニATMに対応している業者は少なく、お金を借りるには店舗窓口まで足を運ばないといけない業者が多いです。

借り入れ限度額が少ない

中小の消費者金融は大手のように資金が潤沢ではありません。

利用限度額の上限が50万円までというところも多く、まとまった資金を借り入れするのに向いていません。

50万円も借りられれば十分と思うかもしれませんが、上限額が低いということは、実際に借りられる限度額は更に少なくなる可能性が低いのです。

金額にして10万円程度になることが多いですから、本当に少額のキャッシングを希望される人向けと言えます。

高金利

中小消費者金融最大のデメリットとも言えるのが高金利です。

すでに説明したとおり、中小の消費者金融は金利が高いです。

上限20.0%と法定利息ギリギリの金利を設定している業者が多いです。

限度額によってはもう少し低い金利が設定されることもありますが、そもそもの貸付限度額が少額であるため、ほとんどの場合法定利息ギリギリの金利が適用されることになります。

過度な取り立て

すべての中小消費者金融がそうというわけではありませんが、中小消費者金融の中には法に触れないギリギリのラインで取り立て行為を行う業者があります。

誤って違法な消費者金融や闇金へ申し込みしてしまい、思わぬ被害に遭われている人も実際にいます。

中小消費者金融に申し込む前に確認したい4つのこと

中小消費者金融にキャッシングの申し込みする際、重要となるのが「どこを選ぶか」です。その理由は、中小の消費者金融の中には悪質な貸し付けを行っている闇金業者もあるからです。

ここでは安全にキャッシングするための会社選びのポイントをご紹介します。

金融庁への登録があるか

消費者金融が貸し付け業務を行うには金融庁へ届け出をしなければいけないと貸金業法により定められています。

これは義務であり、登録を行っていない業者は違法に貸し付け業務を行っているということになります。

ですから中小の消費者金融に申し込む際は、まずその業者が金融庁への登録があるか確認しましょう。

金融庁公式ホームページにて設置している「登録貸金業者情報検索入力ページ」より、業者の名称、登録番号から検索することができます。

ただし、金融庁へ登録していても悪質な貸金業者は存在します。

中には実際に登録されている消費者金融を装ったダミー会社もありますので、金融庁へ登録されているから100%安全とは言い切れないのが現状です。

勧誘方法

「審査が甘い」「無職の人もOK」などなど、通常では借りられないような人でも、あたかも借りられるかのように甘い言葉で勧誘している業者を目にしたことがある人もいるかもしれませんが、こうした業者はまず正規の貸金業者ではありません。

返済能力がない人にお金を貸すのはリスクでしかありませんから、そのような人にも積極的に融資するということは、裏を返せばきちんと返済させるための術を持っているということが言え、非常に危険です。

借り主の家族や友人、会社の同僚など関係のない人まで巻き込まれる可能性が高いです。

違法な金利で貸し付けしていないか

違法な業者は貸金業法で定められた金利で貸し付けをしていません。

貸金業法で定められている金利は以下のとおりです。

  • 10万円未満の貸し付け⇒20.0%
  • 10万円~100万円未満の貸し付け⇒18.00%
  • 100万円以上の貸し付け⇒15.00%

上記を上回っている金利で貸し付けを行っていれば、それは違法業者です。

中には銀行並みの低金利で貸し付けしていることをアピールしている業者もありますが、銀行や信用金庫以外のキャッシングで低金利の借り入れができるところはまずありません。

そのような業者で実際に借りると違法な金利で請求される可能性大と言えます。

日本貸金業協会が悪質業者と認めているか

貸金業の自主規制団体である「日本貸金業協会」のホームページにて、悪質業者を調べることができます。

その会社が具体的にどのような手口で貸し付けしているのかも知ることができますので、申し込みする前に確認しておくと良いでしょう。

中小消費者金融でキャッシングするならどこが良いの?

中小の消費者金融の中でも人気の高い業者を厳選してご紹介したいと思います。

いずれも国から貸金業務の許可を得ている業者です。

なお国から許可を得ているかどうかは金融庁のホームページにて検索できます。

確認のためにも、ご自身で検索してみると良いでしょう。

商品名 金利 限度額 備考
キャッシングアロー 15.00%~19.94% 最高200万円
  • ネット申し込み
  • 来店不要
  • 振込み対応
  • 最短即日
セントラル 4.80%~18.00% 最高100万円
  • ネット申し込み
  • 来店不要
  • 振込み対応
  • 最短即日
キャッシングフタバ 14.959%~17.950% 最高50万円
  • ネット申し込み
  • 来店不要
  • 振込み対応
  • 最短即日
アルコシステム 15.00%~20.0% 最高50万円
  • ネット申し込み
  • 来店不要
  • 振込み対応
  • 最短即日
ライフティ 8.0%~20.0% 1000円~500万円
  • ネット申し込み
  • 来店不要
  • 振込み対応
  • 最短即日

下記ではそれぞれのキャッシング会社の特徴について解説しています。

どのような会社なのか借り入れ先を決める上での参考にしていただければと思います。

キャッシングアロー

キャッシングアローの特徴
  • 限度額が高い
  • 最短45分で審査完了
  • 独自審査で柔軟に対応

キャッシングアローは数ある中小の消費者金融の中でも、比較的限度額が高いです。

まとまった資金を必要としている方向けの消費者金融です。

また審査時間は最短45分とスピーディーなのも魅力です。

独自の基準で審査を行なっていますので、延滞や債務整理経験があって他社で断られた人でも柔軟に審査してくれます。

ただし、現在進行形で延滞中の人は審査が通りませんので、その点だけは注意してください。

セントラル

セントラルの特徴
  • 1973年創業の老舗のキャッシング会社
  • 来店不要で即日振込み可能

セントラルは中小消費者金融の中でも老舗のキャッシング会社です。

独自の審査基準で、なかなか審査に通らないという人にも積極的に融資を行ってきた実績があります。

嬉しいことにセントラルは来店不要でキャッシングが可能です。

しかも最短即日振込とスピード対応。

急いでいる人に選ばれています。

キャッシングフタバ

キャッシングフタバの特徴
  • 創業40年以上の老舗
  • 30日間無利息サービスでお得
  • 最短即日融資可能

キャッシングフタバは創業40年以上の実績ある会社です。

自社ホームページにて債務整理経験者でも申し込み可能なことを謳っており、融資に積極的な姿勢を見せています。

中小消費者金融では珍しく、30日間の無利息サービスが利用可能です。

短期間で完済できれば利息無しでお金を借りることもできます。

融資は最短即日とスピード対応なのも嬉しいところです。

アルコシステム

アルコシステムの特徴
  • 債務整理経験者も申し込みOK
  • 最短即日振込
  • 24時間申し込みOK

アルコシステムは振込キャッシングで長い歴史のあるキャッシング会社です。

銀行口座にお金を振込してくれますので、窓口に出向く必要がなく来店不要です。

公式ホームページでは債務整理をされた人でも申し込み可能であることを謳っている珍しい業者です。

申し込みはインターネットにて24時間受け付けていますので、いつでも気軽に申し込めます。

ライフティ

ライフティの特徴
  • 最短30分で審査完了
  • 即日融資OK
  • おまとめローンに対応

株式会社ビジネスパートナーの子会社であるライフティは、スピード審査が特徴のキャッシング会社です。

最短30分は大手消費者金融と同等のスピードで、すぐに審査結果を知りたい人向けです。

即日融資にも対応しており、今日中にお金を借りたい人にも人気です。

またおまとめローンとして利用することもでき、複数社からの借り入れでお困りの人も相談してみると良いでしょう。

審査が不安な人必見!審査通過率の高い大手キャッシング会社

中小の消費者金融は、審査が不安という人に選ばれています。

大手や銀行で断られて人だけでなく、まだ申し込みすらしていないような人でも中小消費者金融を選んでしまう人も少なくありません。

しかし、実は大手消費者金融の審査通過率は非常に高いことをご存知でしょうか?

審査通過率の高い順に大手消費者金融をご紹介したいと思います。

大手消費者金融で審査通過率が高いのは?

審査通過率1位:アコム

アコム 審査通過率平均 48.11%
新規申し込み数 新規顧客数 成約率(%)
4月 39,804 18,798 47.2
5月 46,122 22,234 48.2
6月 39,181 19,081 48.7
7月 36,747 17,645 48
8月 38,603 18,978 49.2
9月 44,573 21,659 48.6
10月 43,959 21,664 49.3
11月 42,551 21,369 50.2
12月 33,758 15,846 46.9
1月 39,500 17,689 44.8

アコムマンスリーレポート2017年3月期より引用

審査通過率2位:アイフル

アイフル 審査通過率 45.69%
新規申し込み数 新規顧客数 成約率(%)
4月 34,125 15,673 45.9
5月 37,109 17,458 47.0
6月 29,102 13,833 47.5
7月 29,632 13,266 44.8
8月 33,073 15,557 47.0
9月 39,119 18,381 47.0
10月 36,658 16,968 46.3
11月 35,319 16,435 46.5
12月 28,619 12,460 43.5
1月 31,616 13,100 41.4

アイフル月次推移/AIFUL?Monthly?Data2017年3月期より引用

審査通過率3位:プロミス

プロミス 審査通過率 42.98%
新規申し込み数 新規顧客数 成約率(%)
4月 39,548 16,783 42.4
5月 46,033 20,242 44.0
6月 37,754 16,723 44.3
7月 37,135 15,553 41.9
8月 41,269 18,242 44.2
9月 39,900 17,505 43.9
10月 36,727 16,030 43.6
11月 38,238 16,633 43.5
12月 30,807 12,635 41.0
1月 36,567 15,002 41.0

SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標2017年3月期より引用

いずれも審査通過率は40%以上と高いです。

おおよそ2人に1人が審査通過に成功している計算です。

大手消費者金融はサービスが豊富な上に使い勝手が非常に良いです。

また銀行グループの傘下に入っていることから安心してキャッシングできるのも魅力です。

リスクの高い中小の消費者金融に申し込む前に、まずは大手消費者金融での利用を検討してみるのが良いのではないでしょうか?

まとめ

中小の消費者金融は、あくまでも大手消費者金融や銀行カードローンの審査を断られた人が取る次の手段です。

選びかたを間違えてしまえば思わぬ被害に遭ってしまうリスクもあります。

その点を十分に理解した上で利用してください。

安定収入があって過去に延滞や債務整理の経験がないのであれば、大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通る可能性は十分にあります。

そのような人は、無理に中小の消費者金融に申し込まず、まずは大手や銀行に申し込みしてみることをおすすめします。

関連記事

  1. 基礎知識

    カードローンの返済方法を知って完済を早めましょう

    カードローンを申し込む際には、借りられることを最優先として考えてしまう…

  2. 基礎知識

    カードローン審査を徹底解説!これを読めば審査の悩みは吹き飛ぶ!

    これからカードローンでお金を借りようという人が最も気になっているのは審…

  3. 手続き

    キャッシングの在籍確認で確認される内容とスムーズに行かなかった場合の対処方法

    在籍確認とは?どのような場合に行われるか在籍確認とは、キャッシング…

  4. 基礎知識

    カードローン選びは返済方法に着目する方法もおすすめ

    銀行だけでなく消費者金融も行っているカードローンは、適用されている法律…

  5. 基礎知識

    上手にカードローンを利用するための返済計画の立て方

    こんにちは。私は、消費者金融カードローン歴10年以上のベテラン金借りで…

  6. 基礎知識

    消費者金融と銀行カードローンの比較

    カードローンの種類個人向け融資商品カードローンを展開しているのは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パート主婦でも借りられるおすすめのカードローンは?
  2. カードローン審査を徹底解説!これを読めば審査の悩みは吹き飛ぶ…
  3. 中小消費者金融のキャッシングは安全なの?審査に通りやすいって…
  4. 複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…
  5. 在籍確認の電話なしで利用できるキャッシングってあるの?それは…
  1. 生活

    キャッシングの審査と不可の原因
  2. 手続き

    キャッシングの在籍確認で確認される内容とスムーズに行かなかった場合の対処方法
  3. 基礎知識

    キャッシングの無利息サービスは適用条件と意図に注意しよう
  4. 基礎知識

    おまとめローンを利用して複数のカードローンからの借り入れを一本化するメリットと注…
  5. 基礎知識

    複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…
PAGE TOP